衝撃的

890: 名無しさん@HOME 2020/05/20(水) 10:15:25.26 0
ケリがついたので投下
義実家は九州、我が家は関西
コロナ自粛期間の始まりの頃に姑さんが交通事故で入院した
不幸中の幸いで命に別状はないけど半月ほどの入院とその後も通院が必要

同居義兄嫁が見舞いに来い、手伝えと我が家をせっつくが移動できない期間なので自粛
旦那が義兄に確認して完全看護なので義兄嫁は週1くらい、義兄は勤め先に近いのでできるだけ顔出してるとのこと
我が家が移動する必要はないと言って貰ってお見舞いはお金と姑の好きな和菓子と
病室で使えるのを確認してから、我が家とTV電話でつながるようにこちらで色々設定したタブレットを送った
病室で暇を持てあましていたようで孫と対面で通話できて喜んでくれた

    

428: 名無しさん@HOME 2020/04/28(火) 10:53:22.60 0
1月に義兄嫁に頼まれて、我が家で使ってないノーパソを貸した。パソコンが壊れたから姪の課題提出の締め切りが間に合わない、新しいのを買うまでって話だった。
3月に催促して返してもらった。
姪より義兄嫁が使ってたみたいで、
我が家は複数パソコンある( 仕事で使うから)んだから、使ってないならこのまま貸しといてくれと暗に言われたが却下した。

149: 名無しの心子知らず 2010/06/14(月) 12:11:00 ID:Xt9ZvRI2
こないだ見た泥ママの話を。

とあるファミレスへ友人と行った。通された席の仕切りを挟んだ隣には30歳くらいの女性が4人。
こっちをチラチラと気にしながらコソコソ話していたし、
なんだか険しい顔をしていたから変だな、と思ってた。

505: 1/2 2012/07/15(日) 02:06:39.58 ID:8zFmviEf
まだキャラ弁の概念がなく、そもそもよそ様の弁当に因縁つけるモンペもいない、
「よそはよそ、うちはうち」がまかり通っていた時代
従姉のA子の園児時代の話

51: 名無しの心子知らず 2009/12/27(日) 21:23:09 ID:PA6R1X5I
解決したけどなんだか悲しくなったので愚痴らせて下さいな。
自分語りも混じってさらに文才ないし長いけどすいません。


私4歳2歳7ヶ月の子持ちで21歳
泥ママ4歳8ヶ月の子持ちで同じ年(同級生ではない)
先週の金曜日に来年から幼稚園に行く娘とその幼稚園でお友達と慣れる為に
午前中だけ開いてるつぼみ教室に遊びに行った
何度か教室で話した事のある泥ママと年も同じ事から話が膨らんでしばしトークタイム
そして下の子供達がぐずったので家で一休み(これが間違ってた)

679: 名無しさん@HOME 2015/10/05(月) 15:51:59.28 0
娘が欲しいのに産まれた2人の子供は揃って男(夫&夫弟)という夫母。
結婚によって私という義理の娘が出来たことに大喜びしつつも、
「姑に執着されては迷惑だろうから」と自制し一定距離を保ってくれていた。
なので良識ある人だと思っていたのだが、先日の私の第一子出産で孫フィーバー。

870: 名無しさん@HOME 2020/05/20(水) 01:13:15.59 0
義兄嫁がちょっと変わった人だった。

義兄嫁は私と歳は変わらないけど、すごくしっかりしてて上品だったから第一印象はよかった。
とくにびっくりしたのが子供のしつけ。結婚のあと本格的に会ったのが義実家の法事だったんだけど、
4歳と5歳の子が正座して参加してた。お焼香の作法も綺麗だし、会食でも騒がず残さず食べる。挨拶も完璧。
ところが姑だけが妙にこの三人を嫌がってて、のけものにしたがってた。それもなんか不気味がっていた。

457: 名無しの心子知らず 2012/07/29(日) 00:30:13.28 ID:TsIk8tpO
夫と私は仕事の関係上、別居婚。
でもまあそれは単身赴任だと周囲には言っておいて、夫の仕事などを知ってるのは一部の先生のみにしておいてもらっている。

で、今日、息子が保育所で泣かされた。

110: 名無しさん@HOME 2020/03/31(火) 13:34:30.88 0
うちの義兄嫁、言ったことがすべて自分に返ってきている。
義兄夫婦は義実家で同居、義兄嫁実家とも我が家とも近距離。
私は生活に支障が出るほど生理痛が重くて通院している。一度義実家で倒れてしまったので事情を説明した。その時義兄嫁から、
「女として終わりって感じだね。子供産めないんじゃない?」
と笑いながら言われた。泣くほど悔しかったけど、義母と二人きりになった時ぼそっと
「あの子は人に攻撃した事が全部自分に跳ね返って来る。今は耐えてあげて」
と言われた。

26: 名無しさん@おーぷん 2015/06/04(木)20:08:32 ID:UxF
ここに書こうと思ったのは「イジメママに目をつけられたのは、担任イジメを私が邪魔したから。 」
を冒頭に始まる纏めを見たから。

私の母が反撃をしたのはママ友ではなく、私の担任だった。

家も近所でよく遊んでいた男の子が席も近くなり、普段から中学年特有のちょっと乱暴でちょっと親しげな感じで遊んでいた。
ある日、その男の子が私の机から道具箱を取り出して、やーい!やーい!とやりだした。
私も遊びなのは分かっていたので、返してよー!返してよー!と追いかけていた。

このページのトップヘ