武勇伝

227: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)21:48:36 ID:5j5
ここでひとつ武勇伝を。
私のじゃなくて父親のだけど。

私が小6頃の話。
私の家は少々貧乏だった。
車も常に中古の軽自動車だったし、家も小さなアパート。
家族構成は父、母、私、妹の四人家族。
食べ物は近所の畑から少しだけ貰ってきたりしてたからあまり困らなかったけど、私はゲームとかお洒落が出来ないことを不満に思ってた。
    

819: 名無しの心子知らず 2016/06/16(木)21:07:24 ID:fRH
職場の上司の罵倒は
本人だけでなく、親の事もdisる。
朝、挨拶した時に機嫌が悪かったら一目瞭然な上司。

607: 名無しの心子知らず 2009/11/24(火) 15:14:42 ID:ihVj74dN
娘に内緒で投下

以前からうちの家庭菜園に手を出す人がいました。
注意書きをしても柵をしても駄目で、娘(大学生)がついにキレました。

119: 名無しの心子知らず 2012/06/13(水) 15:16:39.13 ID:k+op2ayT
うちの方は田舎だったのに十数年前からマンションが立ち並び、今ではニュータウンと呼ばれてる。
ここに入ってくるひとは多くが都会から来るのだけど、平気で畑に入ってきて野菜を持っていく。
しかも農作業してるその横で、黙って入ってきて持っていこうとするからぶったまげたよ。
なおかつ、「ちょっとあんた!」と止めると、「何よ、あなたも取ってるじゃない」とか、俺の畑だというと
「ちょっとくらいいいじゃない、けちねー」とかもう子供でも言わない言い訳で、しまいにはそのうち一人が夜に車で畑潰していきやがった。

275: 名無しさん@HOME 2013/01/02(水) 14:46:38.49 0
新年早々出来れば家に居たかったが毎年の恒例というのもあって乳児を連れて義実家へ
珍しくコトメちゃんが義実家に戻って来ていたらしく家の中がかなり明るい雰囲気
このコトメちゃんウトメが男児三兄弟が続いた後、どうしても女の子を諦めきれず
最後の望みをかけてついに生まれた上三人とはかなり年の離れた唯一の女の子

193: 名無しさん@HOME 2017/05/09(火) 12:12:47.93 0
私「ミント味のアイスが苦手なんです」→チョコミントアイスを渡される
私「チーズって食べ過ぎると胸焼けします」→チーズの詰め合わせを送ってくる
私「リンゴを食べると口の中がイガイガいするようになった」→リンゴを山ほど勧められる

最初はトメが間違っちゃったかなと思ったけど
リンゴのあたりで気づいたので…

706: 名無しの心子知らず 2013/01/26(土) 17:49:59.60 ID:J9LA5L+C
職場のセコケチママ達
長くなったので分けます

同僚Aはお菓子作りが好きで、休みの日はケーキやクッキーやパイを焼いてる
私はAと仲がよく、「わりとうまくできたから」とおすそ分けしてもらうことが多い
もちろん、お返しにAの好きなスタバ(グランデいっちゃえ、と勧めるw)やランチ奢ったりしてる
どちらからともなく、同じ所属のセコケチママ達(B、C、D、E)には知られないように気をつけてた

年末、Aがプライベートなことのお礼にと紅茶好きの私にスコーンを焼いてきてくれた
砂糖とバター多めに作ってくれててウマーだった
それを受け取ってるところを、B~Eの誰かに見られてしまってた

692: 名無しの心子知らず 2016/04/15(金)04:24:06 ID:AIR
一口ちょーだいをやられて本気で言い返してた女性がスレタイだった

屋台のクレープ屋なんだけど、女子何人かいて皆して何頼むー?と相談
皆バラバラに注文しよう!とか言ってて、あぁ皆でシェアするんだろうなと思ってたら、一人がさっさと注文
メニュー決めてた女子が「空気読んでよ!」みたいに怒ってたけど「私はコレが食べたいから」でサラッと流してた

494: 名無しさん@おーぷん 2017/08/16(水)08:03:53 ID:HNO
小学4年生の時、クラスに特殊学級に行くべき他害児童がいた。
今で言うと自閉症か何かだったのかな。ほとんどしゃべらなくて、唸り声のみ。すぐ癇癪を起こして噛みついてきた。
その噛みつきが容赦なくて、皮膚が破れて血が出てもさらに噛んでくる。
私は学級委員だったからその子のお世話係だった。
でも4年生ともなると男女の体力差が出てくるし、暴れ始めたら抑えるのなんて不可能だった。
要するに私が生贄になって噛まれたり叩かれたりし、その間に先生が授業を進めていた。
その子がなぜ普通学級にいたのかは知らない。
たぶん校長の方針か何かだったんだろうと思う。
その校長が赴任してくるまでは特殊学級が校内に存在していたのに、急に廃止同然になったから。

このページのトップヘ