愚痴

300: 名無しさん@おーぷん 2015/07/28(火)19:54:42 ID:zx3
専業って旦那が散らかした物まで片付けなければいけないの?
旦那の願いで専業になったけど、正直働いていたスーパーに戻りたい。
一通り家事は私はこなし、2歳児の育児はほぼ私で旦那は風呂入れだけ。家事に専念してほしいという願いを受け入れたから家事を全て請け負うのはかまわないんだけど、旦那が夜中にこそこそ作った夜食の片付けは私が請け負う家事にされるのは納得いかない。
フライパンや鍋も洗わずに放置、読んだ新聞や漫画、鼻かんだティッシュもそのまま。
さらに言うと、風呂に入ったときに使った体洗うスポンジも、泡を残したまま放置。
育児の件は、義父母に言われて旦那の担当が少なすぎると気づいた。家事育児については旦那と話し合ったんだけど、なんの為に専業になってもらったと思ってるんだと言われた。

    

804: 令和まで@31:00:28 平成31年 04/29(月)16:59:32 ID:dtc.l3.s5
嫁と今後の在り方を話し合った
一部フェイク有りだけど、途中でフェイク抜けてる可能性がある
変なところがあったらごめん

419: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/18(木)11:23:14 ID:3fV.kb.r8
新社会人として東京きて、早くも田舎者と馬鹿にされて、面倒くさい先輩に目をつけられた

262: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/12(金)09:29:03 ID:EpD.kw.3y
長くなりました、すみません

結婚してまだ半年、今入院3ヶ月目(内科の入院、点滴などはなし)に突入した夫
3日に1日ぐらいお見舞いに行って、洗濯物持って帰ったりしてる

606: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/27(火) 01:13:11.44 ID:fiJoTrV3
元彼と付き合ってた頃、お互い仕事が忙しくて基本外食だったんだけど、久しぶりにゆっくり会えるって日に私の家で夕飯を作ることになった。
魚コーナー見てたら、大きな鯛の頭が300円だったから
塩焼きにしよう!いや酒蒸しも捨てがたいな~なんてウキウキしながらカゴに入れたら
「そんなの買ってどうすんの?」って凄い嫌な顔しながら言われて、確かに食べたことない人も多いよな、と思い「鯛の頭は全部食べられるんだよ~塩焼きが特に美味しいの!騙されたと思って食べて見て!」と説明した。

家に帰って調理してる時にも凄い嫌な顔しながら見てきたけど、私は「食べれば美味しいって驚くぞ~」とわくわくしながら調理続行。

698: おさかなくわえた名無しさん 19/08/24(土)17:45:42 ID:QJ.nc.L3
先月の話です。
スーパーで働いているのですが、息子から「大した仕事じゃない」と言われて、親子喧嘩に発展しました。
・あなたが今弄っているスマホは誰が買い与えたと思っているのか。
・毎日口にする食事だってただではない。
・毎月渡しているお小遣いがどこからか湧き出しているとでも?
などと懇々と説教しましたが、気まずそうにするだけで謝罪しなかったので、罰として息子のお小遣いを1月分カットしました。

97: 名無しさん@おーぷん 2015/06/09(火)16:15:22 ID:jjF
父が今年の8月に還暦を迎えます。贈り物をしたくて毎年あげている誕生日プレゼント(1万程度)より高価なものをプレゼントしたいと考えています。
・・・と言っても5万弱ですが。去年までの誕生日プレゼントも今年の還暦祝いも私の貯金から捻出しており、旦那にはまったく迷惑をかけていないはずなのですが、
いい大人が誕生日プレゼントなんて恥ずかしいからやめろと言ってきます。還暦祝いはさすがにあげれば?という口ぶりでしたが、5万も使う必要はないと言われました。

14: 名無しさん@おーぷん 19/06/30(日)23:59:58 ID:hjK.rl.j8
私原因で婚約破棄された
あーあ、隠してた過去暴かれた

646: おさかなくわえた名無しさん 2010/05/09(日) 01:33:16 ID:SSaAFxa8
夜中にこっそり。
普段数人でランチしたり買い物に行ったりしてるんですが、この半年子供つながりで2人増えた。
その内のMさんが視線と行動で察してで早くも参っている。
人の付けてるアクセサリーをジー、持物をジー、小物をジーっと見る。
「どうしたの?」と聞くと「それいいね。可愛いね」
「ありがとう」と言うと「いいな、可愛いねぇ、私もそんなんほしいな」のエンドレスを
上目づかいでジーっと、私が見てる限り一通り皆にやっている。毎回。

138: 名無しの心子知らず 2011/03/07(月) 07:15:47.16 ID:xpLTE9Ab
吐き出しても良いかな??ちょっと悩んでいます…

このページのトップヘ