恐怖

871: 1/4 2010/06/15(火) 23:58:22 ID:2iV6OGUp
勤めてた会社が倒産したので、プーになってひきこもってたら、実家からヘルプが来た。
私は一番上の兄とかなり歳が離れてるので、大学生と高校生の甥がいる。
ただし兄は離婚して親権は元妻にあり、この甥たちとは長い間交流が無い。
この元妻、再婚したが、再婚相手と甥たちの仲が良くないらしく、甥からたまに
愚痴電話があることは母から聞いていた。

    

674: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/01(木) 18:43:02.78 ID:T9YkO1lC
会社の上司が怒った事。
私は社会人四年目で今の部署には入社した時からいる。
昨年時期外れに、異動してきた入社二年目の男性がいるんだけど
勤務態度は普通(遅刻とかはしない)なのに私はもちろん上司、先輩にもタメ口で
仕事しててもすぐキレる。

28: 名無しの心子知らず 2015/12/05(土)12:54:35 ID:unQ
自分が小6の時、下校中に近くにいた子がトラックにランドセルをかすられる感じで、当てられたとかはねられたとかいうよりかすられた弾みで転んだのを見た。
ちなみに集団下校とかじゃなくて銘々で勝手に帰るスタイル。
その子がたまたま自分ちのはす向かいの子で、相手は小1と自分とは年も違ったから名前もうろ覚えだけど顔は知ってるって感じの子。

131: 名無しの心子知らず 2011/07/29(金) 12:51:38.20 ID:hMl1XMOf
携帯から豚切りごめん。


私の愛車に乗せてる某ライブのマスコットキャラ?熊の生首ぬいぐるみを
近所のママに持っていかれたと妹からメールが…
妹が今日から旅行に行くんでうちのガレージで私の車に荷物を積み込んでる時にやられた。
とりあえず妹は出発させたけど…
夜にならないと私が帰れない。帰宅したらちょっと殴り込みにいってくる。

641: 名無しの心子知らず 2012/03/13(火) 17:51:40.81 ID:kmwPiOA1
初めて遭遇した

病院の待合で座ってたら何故か隣ぴったりに園児くらいの子を連れた若いママに座られた
気持ち悪いので席を移動したのだが10分位したらまた隣に来た
またかよ、と席を立って歩こうとしたら歩けない
えーと思って見たらママが私のリュックのベルトを掴んでいた
「あの」といったら無視している
何度か声かけたが無視し続けるので仕方なく引っ張ったら奇声を上げた
しかも「どろぼおおおおおお」と
「いやあのそっちがおかしいでしょ」と自分もとんちんかんな返答しか出来ないでいると
ママは周りにアピールするかのように「どろぼおおおおお」と繰り返す

242: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/19(火) 11:21:15.64 ID:eXxx/VL4
部屋から知らない女出てきてそのまま逃げようとしてワロタw
しかも気安く挨拶してきて部屋の住人だってことも知らないとかwww





おかげで今まで警察署に缶詰で今日22時まで残業確定じゃねえかクソが!!

183: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/07(火) 01:41:39.28 ID:Ha0aozA+
平凡な人生なんだけど、あれだけは超修羅場だったと思うから語らせて
被害女性がいるからややフェイクあり
10年以上前
当日実家住みの20代前半OLだった私
20時くらいに駅から徒歩で帰宅してたら、
広い駐車場の隅っこにエンジンかけっぱなしの車発見

548: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)04:34:51 ID:MRUcliaGh
修羅場としてはプチですが、あまりに怖かったのを思い出して。

趣味で知り合った友人Aは、喪な私に対して、若い時の藤原紀香みたいな派手な美人だった。
ある日、突然電話がかかってきて、今自分の彼氏とご飯食べてるから私ちゃんも来ない?と言う。
私も彼氏といるから…と言うと、彼氏くん見たい!連れてきて!って強引に言われたので、彼氏に了承貰ってAカップルと合流することに。

825: 名無しの心子知らず 2010/01/29(金) 16:29:18 ID:zWREbf7D
結局K(某国の事じゃない)は何の役にも立たなかったので吐き捨て。
フェイクてんこもりなんで、つじつま合わなかったらごめんなさい。

ちょっと買物に出かけるのに、娘/12歳に留守番させた。
家に帰ると鍵が開いている。私が出たときに必ず閉めるのにと思ってたら
家の中がなんだか荒れている。特にリビングがめちゃくちゃ。
TV画面にひびまで入ってる。で、娘がいない。

482: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/20(水) 14:09:22.63 ID:vwrZ3Jf+
昼寝で当時の夢を見たので思い出しカキコ。
3年ほど前、実家を出て女の一人暮らしをしていた時のこと。
深夜に帰宅してご飯を作っていたら
男性から玄関越しに監視されていた。

超怖かった。心の中が修羅場だった。

このページのトップヘ