学校

602: ◆p6kyXcO017/F 2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN O
初なんでトリちゃんとできてるか不安…
ここってジュリでもいいんでしたっけ?
    

626: 名無しさん@HOME 2018/01/18(木) 14:16:39.75 0
冬になると思い出す自分の中では修羅場だった体験。そんな大した事ないかもだけど、かなり長いです

中学の時の話なんだけど、髪染めたり煙草吸ってみたり原付乗り回したり、いわゆるDQNでした。
それでも先生達と仲良しのDQNっているじゃん、私それだったのね
中学3年生になって担任の先生がすごく良い担任で、高校進学なんかダセェと思ってたのが高校いいじゃん!行きたい!って思わせてくれるような担任で。
つるんでた子達も高校行きたい!ってなって担任が放課後に勉強会開いてくれたりしたの。
そのおかげで皆いつも5教科で100点だったりしたのに250点まで持ち直したりして、ちょっと勉強が楽しかった。
学校にも毎日行くようになって、髪の毛は暗くなり勉強はするわで私の両親をはじめ皆の親が担任に涙ながらに感謝するレベルになった。

553: 名無しさん@HOME 2018/12/09(日) 03:35:02.28 0
えっと書き込み初めてなんですけどここでいいのかな?

今からかなり前の私ではなく姉の修羅場
姉は小中とかなり酷いいじめにあってたんだけど必死に隠してたみたいで両親もまだ小さかった私も全然気づかなかったんです。
ある日突然姉が学校の窓から飛び降りたって連絡が両親に来ていじめが発覚 


654: 名無しの心子知らず 2014/09/19(金) 19:32:36.43 ID:8beP3MfV
どうしても納得出来ない事があり、みなさんの意見が聞きたくて初めて書き込みさせてもらいます。
初めてなので読みにくい点があったらご了承ください><
また、スレチかもしれませんが、私は相手もキチママでは?と思ったので合わせてご了承ください><

494: 名無しさん@おーぷん 2017/08/16(水)08:03:53 ID:HNO
小学4年生の時、クラスに特殊学級に行くべき他害児童がいた。
今で言うと自閉症か何かだったのかな。ほとんどしゃべらなくて、唸り声のみ。すぐ癇癪を起こして噛みついてきた。
その噛みつきが容赦なくて、皮膚が破れて血が出てもさらに噛んでくる。
私は学級委員だったからその子のお世話係だった。
でも4年生ともなると男女の体力差が出てくるし、暴れ始めたら抑えるのなんて不可能だった。
要するに私が生贄になって噛まれたり叩かれたりし、その間に先生が授業を進めていた。
その子がなぜ普通学級にいたのかは知らない。
たぶん校長の方針か何かだったんだろうと思う。
その校長が赴任してくるまでは特殊学級が校内に存在していたのに、急に廃止同然になったから。

26: 名無しさん@おーぷん 2015/06/04(木)20:08:32 ID:UxF
ここに書こうと思ったのは「イジメママに目をつけられたのは、担任イジメを私が邪魔したから。 」
を冒頭に始まる纏めを見たから。

私の母が反撃をしたのはママ友ではなく、私の担任だった。

家も近所でよく遊んでいた男の子が席も近くなり、普段から中学年特有のちょっと乱暴でちょっと親しげな感じで遊んでいた。
ある日、その男の子が私の机から道具箱を取り出して、やーい!やーい!とやりだした。
私も遊びなのは分かっていたので、返してよー!返してよー!と追いかけていた。

842: 名無しの心子知らず 2010/10/29(金) 21:53:04 ID:zI5XJv6T
流れが止まっているようなのでコッソロと。

自分男だし、10年以上前で中学生だった頃の話だけど、
泥したのが同級生のママだからスレ違いじゃないと思う。
厳密には泥じゃなかったのかもしれないし、
諸悪の根源は実は俺かもしれないので検証兼ねて投下していい?

333: 名無しさん@おーぷん 2014/09/25(木)22:16:27 ID:cxqoJqYFi
ここのところ、ニュースは少女誘拐サツ人?でもちきりだね。
うちの娘が小学校に入学した当時、ちょうど同じくらいの少女の誘拐が多発していた。
学校から防犯ブザーが支給されたし、集団下校、個人情報保護が厳しくなっていった。
道路で人に道を聞かれても、教えてはいけません。コンビニで聞いてくださいって答えましょう、なんて
学校で指導するわけ。世知辛い世の中だな、なんて思ってた。

611: 名無しさん@おーぷん 2016/02/14(日)10:02:47 ID:4AY
PTAの子供会で私がタヒにかけた修羅場
20年近く前で、まだそこまでアレルギーが浸透してなかったのかな
子供の頃だったからそれほど時世を理解しでたわけではないんだけど、それが原因で危なかった

このページのトップヘ