壮絶

327: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/27(木) 00:32:00.04 ID:uX1fNPpK
上京してた大学のころ、父が危篤で帰らないといけなくなった。
苦学生とまではいかなかったけど、給料日直前でお金がなくて、仕方なく寮の先輩に理由を話してお金を借りた。
一万円で足りたのに、先輩は念のためと三万円貸してくれた。

    

589: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)08:06:19 ID:oMI
中学の時異母兄たちに犯された。
長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

私は父の後妻の娘。
前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
離婚の理由は知らなかった。

私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄②)当時高1。
母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

421: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)14:39:54 ID:bCn
四十年以上前の話。
懺悔です。
フェイクは入れない。
関係者はほぼ鬼籍な上、当時6歳の私の記憶なんてたかが知れてる。

母が再婚した。
母の再婚相手Aと私は養子縁組をした。
Aはヤクザだったので、私はヤクザの養女になった。
小学生になったばかりの私は、ヤクザという職業がどんな物か知らないどころか、その存在すら理解はしていなかったけれど。

Aは私には優しかったし、家に出入りする若い衆達には「お嬢」と呼ばれて可愛がってもらっていた。
Aは一緒にお酒を飲んだ人とすぐに兄弟になるという不思議体質で、大量の弟がいて、私には見分けのつかない弟達も皆、優しくしてくれた。

117: 名無しさん@おーぷん 2016/01/18(月)21:38:49 ID:irv
吐き出したくて来ました。
いい年をしたおばさんの愚痴や後悔混じりの話しになりますがお付き合いください。
弟が自タヒした話なので不快な方は読み飛ばしてください。

463: 名無しさん@HOME 2013/09/25(水) 13:50:26.22 0
義弟にしたDQN返し
超猛毒に育てられ実家はないのも同然な自分は義実家と同居
ウトメも夫も優しくていい人達なのに、高校生になる義弟(夫も弟)だけがDQN

嫁いびりというより生来のいじめっ子みたいな感じ
優しいウトメや夫は気づいてないみたいだったけど
いじめられっ子だった自分にはピンときた
そしていじめっ子だった義弟にも、自分がいじめられっ子なのが
ピンときたようで、暴力じゃない範囲で色々脅かされた

29: 名無しさん@HOME 2013/03/26(火) 04:53:03.70 0
去年、小学生になったばかりのコトメ子を半日預かったから、ずっと膝に乗せてぎゅっと後ろから抱っこして耳元で囁き続けた。
「お前の母親は人殺し」という私の言葉のBGMは、私を嫁イビリして楽しむトメコトメの録音。

36: 名無しさん@HOME 2012/05/02(水) 12:04:12.86 0
「食事作りが苦痛で仕方ない奥様」スレから誘導させてもらいました。

色々あったので報告したいです。
↑のスレで心配してくださったかたが沢山いてくれたので(´;ω;`)

415: 名無しさん@HOME 2013/03/29(金) 23:38:58.79 0
とてつもなく長いです。
吐き出させてください。

フェイク入れてるので微妙な辻褄の合わなさはご愛嬌としてください。
また、子供のいのち云々の胸糞な話も入ってきますので、諸々含め嫌な方はスルーお願いします。

392: 名無しさん@HOME 2017/01/17(火) 22:06:40.86 0
嫁の葬儀に嫁の愛人が来た。
お互いのどちらかが死んだら残った方が最後にキスをしに行く約束をしてたんだって。
最後にキスさせてください。って言いに来た。

嫁の妹もその旦那もそいつと仲良くして、そいつと嫁と妹夫婦で旅行したり、妹旦那が車買う時に口利きしてもらったりしてたらしい。

知らんのは俺だけだった。
死んだ嫁含め全員が敵に見えた時が修羅場だったわ。

555: 名無しの心子知らず 2015/07/09(木)10:24:24 ID:k57
現時点での最大の修羅場。
詳しく書くと恐ろしい事になるので、なるべく簡単にまとめる。


小学校一年の時、虐めにあった。
小一の子どもがやるとは思えないような、まるで今の中高生の子達がやるみたいな酷い内容の虐めだった。
詳細は省くが、性的なもの以外は粗方受けていた。多分、高学年まで一緒にいたらそれもされていたと思う。
毎日が地獄だった。

このページのトップヘ