友人

875: 名無しの心子知らず 2013/10/16(水) 16:35:56.35 ID:w/u2XyZ2
流れ無視の書き逃げ失礼・・・
友達Aとご飯食べに行ってたとき、不意にAの携帯が鳴りウソ電話開始。


    

488: 名無しの心子知らず 2013/06/30(日) 02:45:46.33 ID:k7o08su5
友人だった人にエコー写真盗まれてた。
全然気付かなかったわ。
わかったのは元友人の彼氏(旦那の先輩)から旦那に電話があったから。

42: 名無しの心子知らず 2011/10/22(土) 18:57:10.97 ID:XzDvbE7U
自分が被害者というわけではないし泥確定でもないんだけど…

学生時代の友人ABCとも結婚して子どももいる。
で、久しぶりにお茶しようと駅で集合したとき、
遅れてきたAがブランドの紙バッグを手にしてた。
「どうしたの」と聞いたら「集まる前に買ってきた」とのこと。
はしゃいでるAが「見たい?見たい?」と言うので、見せてもらうことにした。

862: 名無しの心子知らず 2017/10/30(月)09:57:06 ID:BFH
近所に住んでたAは鍵っ子だったんだけど、学童に通ってなくて
友達の家に行くと怖がって帰りたがらなくて困った。
というか、学校から下校するときも同じ感じだから
家庭で何かあったのではと疑われていた。

812: 名無しの心子知らず 2013/10/15(火) 20:35:34.31 ID:p88XkcKr
ママ友と子供服買いに行ってレジで支払いしてたら、
横から勝手に「領収書下さい」って言って
え?と思ったら「うち自営だからいいよね」と
平然と私の領収書を受け取って財布にしまったんだけど、これってあり?

1万円分くらいの買い物して帰宅して子供(8ヶ月)に着せてみたら一つサイズが合わず、
交換してもらいたいと友人に言ったらもう領収書もレシートも無いよと一蹴。

私がセコイの?友人が変なの?わからない。

174: 名無しさん@おーぷん 2014/05/13(火)11:46:01 ID:oPwtrZnzG
友達をやめた、と言うより私がCOされた話w

友達3人(私、A、B)と2泊で旅行した時の事。
旅行当日、Aの姿を見て軽く絶句した。

807: 名無しの心子知らず 2017/10/28(土)04:26:26 ID:fkH
同級生Aと私は親が厳しかった。
私の親は教師で大学も教育学部に行けと言われていた。
でも私は夢があって教師になりたくなかった。
本当に何度も話し合い自分の本心を伝えて分かってもらった。

889: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/05(月) 20:20:09.13 ID:v/WXgsDv
友達が猫を物のように私に丸投げした経緯。
数年前、私はお金持ちの家のお嬢様と友達だった。
家が近くて往き来してお菓子作ったり、家の縁側が珍しかったみたいで花火したり、買い物行ったりしてた。
彼女は親のツテで有名なブリーダーからオシキャットを飼ったと言ったので
私も見に行き、そのヒョウ柄仔猫の可愛さにメロメロになっていた。
半年くらい経った頃、彼女が「もうあの子は飼えなくなったの…」と連絡が来て
猫あげる、と言われた。

512: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/04(日) 09:43:17.77 ID:ioYxEm+c
もうかなり前の話だけど、ちょっと思い出したから投下してみる。読み辛かったらすみません。

私には幼馴染のAという友達がいて、その子が結婚する事になった。
Aの結婚披露宴では私が御両親からの手紙を読み上げる役割を任されていたんですが、Aのお父様は病気で亡くなられていたので
お母様からの手紙ということになっていた。Aには手紙の事は知らせずにサプライズで。といっても普通はあるだろうしサプライズにもならないけど…

Aは3姉妹の末っ子で上2人がとても優秀らしく(私からしたらAもかなり優秀)、自分だけいつもお母さんの期待に応えられていない、
私だけ愛されていないような気がする、嫌われてる気がする、とかよくお母さんの事で悩みんでたので、
今回のサプライズの手紙はすごく喜ぶだろうなってと思ってすごく楽しみだった。
絶対Aの事だって大切にしてるはずだし、結婚をきっかけにちゃんと愛されてるんだって自覚して自信持ってくれればいいな~泣くだろうな~とか私の勝手な妄想してた。

お母様には事前にその事を報告して、Aとお母様は当時同居してたから表立って受け取りに行くことも出来ず、お母様もかなり激務だしなかなか会えないので、
披露宴までに書いてもらって、当日に私に手紙を渡すということでまとまった。

704: 名無しの心子知らず 2016/04/20(水)07:13:33 ID:OZf
ちょっと長いけどすいません。

小学校のとき仲が良かったAは、内気で控えめで、
クラスではあまり目立たないタイプだったのだが、
中学校に入ってからいじめにあった。

友達だったはずの俺は、いじめの矛先が
自分に向かうのが怖くて助けられなかった。

それぞれ別の高校に進学し、Aとはそのまま疎遠になった。

しかし、25歳のときに偶然Aと再開し、飲みに行くことになった。

10年ぶりに会ったAは昔より痩せて、
背も伸びていてイケメンになっていた。

でも、外見の変化よりももっと驚いたのは、
Aが人の話を聞くのが異様に上手くなってたこと。

趣味や仕事の話で、どんなに専門的な内容でも興味を持って
話を聞いてくれて、共感してくれる。

こちらが胸を張って話せるような、自慢したいようなことを
的確に悟って質問してくる。
それでいて嫌味も皮肉もわざとらしさも感じない。

上手く説明できないけど、会話の流れや雰囲気みたいなのを作るのが上手なのか、
常にこちらが話しやすい状況を作ってくれる、みたいな感じ。

営業の仕事にでも就いて頑張ってるのかなと思った。

そして翌年、中学校の同窓会があった。
成人式には出席しなかったAも来ていた。

Aをいじめていた奴(Bとする)と、その取り巻きも来ていた。


続きます。

このページのトップヘ