切ない

108: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/17(日) 11:22:52.79 ID:wT6bLjC4
自分が生まれ育った地域が特殊で結婚がダメになった事。
私は中学に入る前まで、ある島で母と暮らしていた。
幼稚園や保育園はなく、小学校には舟で通った(渡し舟)。
母は昼だけ仕事の時と、夜出て朝まで帰らない事があり
夜に母親が不在の時は母の彼氏らしき人が家に来てくれた。
宿題したり、本でわからない漢字を教えてくれた。
島の外では全然友達が出来ず、遠足とかは参加しなかった。
母は仕事で、あまり帰れなくなったので、母の彼氏とおにぎりを
作って母親の職場でトタン屋根の平屋に届けた。
母からは「店の掃除をしてる」と聞かされていたけど、実際は身体を売る方の風俗だと気付いていた。
周りの女性もほぼ風俗で道端には注射器が落ちていた。
    

707: 名無しの心子知らず 2010/11/22(月) 16:52:49 ID:JqSBMO/7
解決した事案です。
はき出させて下さい。

長男で田舎暮らしの俺は、窮屈な実家から飛び出して町で働いていた。
嫁と結婚すると決まり久しぶりに両親と会ったとき「長男なんだし、実家に戻ってこないか?田舎から仕事に通わないか?」と打診してきた。
俺は困った。田舎にはしがらみが多すぎて俺は苦手だった。
困っている俺を見て、嫁は俺が返事するより早く、「仕事も通えない距離じゃないし、親孝行してあげて」と実家で暮らすことを俺に言ってくれた。
親は大変喜んで家をリフォームして、2世帯住宅にしてくれた。俺には妹が3人いるんだが、親も妹達も俺みたいな男に結婚してくれる女性がいることを喜んでくれ、近すぎず遠すぎずの関係を築いてくれた。

424: 1/2 2009/03/01(日) 16:51:55 ID:Cy96niMR
むかつくので投下。純粋な当事者じゃないので、フェイク入れます。
つじつま合わなかったらごめん。

今日、友人に訪問されて謝られた。
友人が、亡くなったいとこの子供のために作った保育園入園セットを、近所の
ママさんに取られたらしい。


277: 名無しさん@おーぷん 2017/06/26(月)09:42:26 ID:ZFd
20年生きててはじめて自分が托卵の子だと知った。
まだ気持ちの整理がついていないので吐き出したくて書き込みします。
支離滅裂な点があったら見逃してください。


656: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/31(水) 00:59:25.35 ID:Dh9i0tdR
障害者支援施設で働いてる看護師です
中学生の頃に水の事故で脳に障害が残ってしまった患者がいる

375: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/13(土) 18:53:27.71 ID:0eInnqBQ
母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら父に出迎えられた

327: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/27(木) 00:32:00.04 ID:uX1fNPpK
上京してた大学のころ、父が危篤で帰らないといけなくなった。
苦学生とまではいかなかったけど、給料日直前でお金がなくて、仕方なく寮の先輩に理由を話してお金を借りた。
一万円で足りたのに、先輩は念のためと三万円貸してくれた。

178: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)12:26:07 ID:roK
子どもの頃から母に「お姉ちゃん(私のこと)だけが頼りよ」って言われていい気になっていました。
はっちゃけという言葉があるけど、28年間ずっとはっちゃけてたんだと思う。
「妹はいい加減な子」「お父さんはあんな人だから(父=サイマーパチンカス)」
「お姉ちゃんがいてくれないと家はダメになる」
「タヒにたい」「離婚したらお姉ちゃんは付いて来てくれるよね?」
「妹はお父さんにあげればいい」「お姉ちゃんだけいればいいわ」
↑が口癖の母に
「タヒぬなんて言わないで」「離婚しなくていいよう私が頑張るから」
「私が大きくなったら楽させてあげる」
を言って慰めるのが昔からの私の役目で、実際そうするんだ、そうするべきだと信じてた。
妹は要領のいい子で、家事から逃げて友達と遊んでた。
私はバカだから「頭が痛い」「具合が悪い」っていつも寝てる母の代わりに家事をしてた。
父が家にお金を入れないから、高校になったら掛け持ちでバイトした。
行きたい高校はバイト不可だったからバイト可の高校にした。
妹は高校卒業したらさっさと出来婚して家から逃げた。
母は「出来婚なんて」ってぶつくさ言ってたけど、いざ孫が生まれたらデレデレ。
父もデレデレ。家にはお金入れないくせに、孫にはなんでも買ってやる。
そしてこのたび、私は家を追いだされることになりました\(^o^)/

628: 名無しの心子知らず 2015/10/13(火)10:54:12 ID:mBI
黒いかどうか微妙だけど、誰にも言えないからここに。

実母に対して、情を持てない。

パッと見は普通の主婦で、ここで見かけるような毒親でもないし、気さくな人柄だから人付き合いも良いのだけれど、どうしても親戚のオバチャンくらいの情しか持てない。

目で見て分かる愛情をかけられた覚えも、抱きしめられたり落ち込んだときに慰められた覚えもなく、悩み事を相談なんか出来なかったし、何より子供の頃に言われた言葉がずっとシコリになってる。

私は小学生の頃に3つ上の兄を急病で亡くしたのだけれど、私以上に母の落ち込みは凄かった。
しばらく一人っ子だったけど親は計画的に子作りしたので歳の離れた弟を授かり、母は子育てに追われ塞ぎ込んだ気持ちはなくなった。
そこで言われたのが「この子(弟)がいなかったら、私は死んでいたかもしれない」
何の意味もなく言ったのだろうが、自分の存在価値が分からなくなった。

その後、私の反抗期は凄まじく荒れたが愛されたい気持ちは全く伝わらなかった。
恥ずかしながら非行に走ったけれど「そんなことやめてくれ」「迷惑かけるな」としか言われない。
もう見切りをつけて高校卒業後に家を出た。

歳の離れた弟は優秀で、大人になった今も比較される。
でもそんなことすらもうどうでもいい。
母は典型的な人生計画通りに生きていたいだけなんだろうとしか思えない。

ちなみに昔は色々あったが、父との関係は今は良好。

もしも母に何かあって、介護がいるとなっても面倒を見ようとは思わない。それも既に伝えてある。

育ててもらった恩はあるが、体を大きくしてもらっただけで内面は友人から学んだことのほうが多いから母の日や誕生日を祝ったりはするがそれ以上はしたくない。
人から何かをしてもらったらお礼を言う、自分が何かをしてもらったら謝る、そんなことすら教えてはくれなかった。

先日、友人がお母さんのことを大切だと言っていたので書き込んでみました。

454: 名無しさん@おーぷん 2017/03/14(火)09:34:13 ID:PHL

流れを切ってごめん。
暗い話を投下するので不快に感じる方がいたら先に謝ります。
どうしても短くまとめられなくて長くなりました。

以前住んでいたアパートで出会った兄弟の話。
震災と死人が出てくる話なので注意。

地方から高校卒業と同時に関西に出てボロいアパートで暮らしていた時のこと。就職して一年足らずで会社が倒産して、そのころの私は再就職口を探しつつなけなしの貯金を切り詰めて生活していた。

隣に住んでいた母子が今でいうDQN風で警戒していたんだけど、ある日そのDQN風一家の長男がピンポンを押してきた。(男の子三人の兄弟だから、以下長男、次男、三男と書く。)

正直、怖いと思った。一応騒音とかには気を遣っていたし、苦情を受けるようなことはしていないはずだけどと思いつつチェーンをかけたままちょっとだけ開けて要件を聞いた。
そしたら「子供用の弁当の作り方を教えてほしい」だったんだ。
どういうことか聞いたら、明日弟が遠足で弁当がいるけど作り方を見てもわからないから教えて欲しいって感じのことを言われた。
恰好は金髪プリン(生え際黒)の耳にたくさんピアスのついたチャラい系だったけど、手に何かテキストっぽいものを持ってて、口調はちょっと擦れた感はあったけど敬語だったことから玄関を開けた。

今思うと怖い、関わらないようにしようって思っていた相手が家に来てチェーンを外したことが不思議なんだけど就職活動で行き詰っていたし、気分転換に変わったことがしたかったのかもしれない。
就職するまで地元から出たことがなかったから友人も地元勢ばかりだったし、
社会人になってからできた会社の友人たちは私同様再就職口を探すのに必死でたまに電話して愚痴を言い合うくらいだったから。

長男が持っていたテキストは園児くらいの子供がいるお母さんが読むようなレシピ本で、買ってきたものの作り方を読んでも用語が理解できないとのことだった。○○切りとか、卵白を切るとか。
三男にオムライスをリクエストされたらしく、作ったことないしぶっつづけ本番より練習しようと思ってありあわせで作ったら失敗して、レシピ本を買ったら意味不明でお隣ピンポンの流れだったらしい。

玄関先で一応自炊はしているけど私もそれほど料理が得意なわけじゃないからわからないこともあると思うと最初に断って、
レシピ本に載っていた用語を解説していたんだけどその時に長男が「タッパーじゃかわいそうッスかね?」って聞いてきた流れで遠足グッズ一式がないことが判明し急遽買い出しに行った。
最初は警戒しいしいだった私も話しているうちに「見た目ほど悪い感じの子じゃないな」と思ってつい親身になった。
近くのスーパーまで行って、あれこれ買い込んでいる時に家庭の事情をぽつぽつ話してくれたんだけど、それが以下の通り。


このページのトップヘ