キチガイ

291: ◆c6aNbJp/M6 2013/09/18(水) 21:05:49.16 I
アメリカ被れの元彼から。

ロンタイノーシーだね、○○(私)
今日久しぶりに見た○○はアゴと変わらず可愛かったよ
留学から帰ってきてまだなれないこともあるんじゃない?
○○が留学にゴーしてからずっと俺はアイミスユーだったよ
きっと○○はもうミーの一部なんだ

    

440: 名無しさん@HOME 2011/05/24(火) 10:29:14.28 0
専業ママの自分磨きで放置されて育った夫。夫が原因不明の内臓の病気で入院したときも
義母は旅行で楽しく過ごす人。結婚したら過干渉で「息子可愛いの」連呼になった。

279: 名無しさん@HOME 2013/06/25(火) 20:59:48.11 0
今結婚二年目、去年脳梗塞で義父が倒れた。後遺症が残った。
私、医療関係国家資格あり。義母、私頼りにしてくる。そこはまあいい。
嫁とはいえ、専門知識があって、体力のある若いものがいれば頼りにするのは、わかる。

484: 名無しさん@HOME 2011/05/25(水) 00:40:12.06 O
離婚手続き終了!
慰謝料もたっぷり戴いてきましたよっと。
ここのまとめをじっくり読んで参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
せっかくなので記念カキコ。

192: 名無しの心子知らず 2009/05/02(土) 23:58:25 ID:QY6T6vut
なんかGWだからと旦那弟夫婦+幼稚園児×2が近くのテーマパーク目当てに上京してきたんだが
うちに泊まる気だったらしい
上京は聞いてたけどふつうにホテル取ってると思ってたさ。うちはいろいろあってほぼ絶縁だし
ホテル行く前に家によっただけだと思ってたさ。事前に知ってたらお出かけしといたのに
うちは犬飼いなんだけど義弟嫁は「子供が怖がるからどこかに預けてくださーい」だとさ

234: ◆2mxwBLFt7E 2014/09/27(土) 01:54:52.18 0
約7年続いたロミオからようやく解放されたので、記念カキコ。
スレチだったらすみません…

ロミオは高2の時に付き合ってた彼氏で、大学1年の8月に別れた。
デートがめんどくさいだの、家に来たら会ってやるだの言われ、そんな感じの彼氏はいらんと一度別れを切り出した。
いったん元サヤに戻ったけど、結局なおらずお別れ。
別れる時に「お互い25歳まで独身だったら、その時は俺がもらってやるよ」と言われ、
そんなのごめんだと思いつつ「まー考えとく」とだけ言った。
これが間違いだった。

207: ◆zF1SnVzg6I 2013/02/22(金) 09:24:58.56 0
これもロミオなんでしょうか?
メールじゃなくて電話なんだけど…。
14年前に妊娠中に性病うつされて、生まれたら「子供が負担だ!」と家出。
調停して離婚した元夫。

506: 1/7 ◆L/mGcS59bE 2012/01/17(火) 19:01:13.94 0
フェイク込みで。
父がエネ夫だった。

父:50代後半、資格職
母:50代後半、主婦
私:20代後半、資格職(同居)
妹:20代前半、一般職(同居)
弟:10代後半、学生(遠方に下宿中)

30年前、長男教一家に育った父と見合いで結婚した母。しかし翌年男児を流産。
失意の最中に祖母、伯母から「人殺し」「嫁失格」等の暴言を受けた母は父に泣きつくも、父は我関せず「甘えるな」で切り捨て。母はその後も後継ぎ梅攻撃を受け続け、弟が生まれたことでやっと嫌がらせが下火になった。

41: 名無しの心子知らず 2012/09/08(土) 11:14:31.85 ID:EzaR1JAJ
平和な間に書き捨て。
生協の個配に加入している。
不在の時は鍵のつく箱に入れてくれる。ここまで前提。

ちょうど買い物に出ていた時に配達が来てて
家に帰った時に箱の前でごそごそしてる人影確認。
先月引っ越してきた途端やばいことで有名になった
同じマンションのWさんの奥さん(子持ち)で、
手にはどう見てもうちの生協購入品が。
「何してるんですか」と聞くと
「自由にもらっていいらしいですよ、あなたもどう?」とニコニコ。
いやそれうちのだし。普通に金の子で鍵壊してる段階で犯罪だし。
とりあえず警察…と言うと、金切り声上げて、手近の商品一個もって逃げ出した。


146: 名無しさん@HOME 2013/05/01(水) 18:34:22.94 0
もう5年以上も前の話です。かなり痛いDQN返しなので注意。

急逝した実父の葬儀と普段から私をいびっていたコトメの結婚式が同じ日になってしまった
普段からトメにもいびられており、元旦那もトメコトメの肩を持つのでうんざりしていた

通夜中や葬儀の朝まで「無理にでも来い。今すぐ来い」とトメが電話かけてきた

このページのトップヘ