家族

479: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)08:20:57 ID:iXy
うちの母は兄を超溺愛している。
兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

719: 名無しさん@おーぷん 2017/01/19(木)19:52:41 ID:JJB
何年か前に、近所の小学生女児が行方不明になった。
何キロも先でぐったりしてる所を発見された。
行方不明になっている間、我が家が修羅場だった。

387: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)08:51:40 ID:jBf
昔から「子供は絶対女の子がいいな~!」と言っていた姉。
家系的にも女系でここ何世代も男なんて産まれた事もなかったから、男女どちらでもいい派の私もなんとなく産む時は女だろうな~と考えてた。
時は流れ姉は結婚、2年後には子供を授かった。

533: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/06(金) 22:55:43.37 ID:Fvf//pYR
私は父親の連れ子
両親は私が小学校2年生の時に離婚
理由は母のアルコール依存症+ネグレクトで私と妹が父に泣きながらあんな母親いらないと訴えた結果離婚
父方祖父母の手を借りながらも仕事に家事育児と父は頑張ってくれた
そんな父も離婚して3年くらい経った頃に夜中電話してたりトイレに起きたら居なかったり怪しい行動が目立つ様に
友達から服もらったと私たち姉妹に服をくれる人が現れたり、姉妹でお父さん彼女できたのかな!?とワクワクしてた
しばらくしてお父さんの友達だよと紹介されたお姉さん

270: 名無しさん@おーぷん 2016/12/27(火)04:19:23 ID:mJs
朝五時、彼氏へのお弁当を母監修のもと作成していたら、
まだ起きてこないはずの父とバッティング「どうしてふたつあるんだ?」

当時高校生で私は反抗期、父とはここ数年まともな会話がない
材料費は家計、母は専業なので元をただせば父の金
父は躾に厳しい、子供は他人にものを奢るなと躾けられてた(意訳、俺の金で奢るな)
古い人で男女関係にも厳しい
弁当は片方どう見ても男物、友達の物ではとても誤魔化せない
彼氏には前日お昼用意しないでと取り付けてある

450: 名無しの心子知らず 2017/09/07(木)11:51:09 ID:sHo
長いけど失礼。

この間父の誕生日に靴を買ってあげた。
どうせ毎日履くようではなく、旅行用とか外出用のものなのでおしゃれなお高めのものを。
ちょっと金額は1万超えして奮発したけれども、本人も喜んでくれたので問題ないんだけど、その話を聞いた母がいちいちと口うるさい。

613: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/01(月) 23:49:44.17 ID:sqFLTsLM
私の父は小さい会社を経営していた。
私は三姉妹の長女で、子泣き爺みたいな顔だけど、父は姉妹の中で一番顔が似てる私を一番可愛がってくれた。私は父が大好きだった。
妹A(次女)と妹B(三女)は母親似の美人だった。
父は長女である私が婿養子を貰ってゆくゆくは跡を継いでほしいとずっと言ってた。

770: おさかなくわえた名無しさん 2014/04/06(日) 08:59:54.16 ID:SM7Hx9gw
書き込むの初心者なんで、わかりにくかったらすいません・・・

私が19の時の秋、両親が結婚20周年を迎えた。
そのとき私は大学生でバイトもしていたため、なにかプレゼントをしようと思い
ケーキと花束とワイン(試飲しないことを条件に)買いました。
もちろん親は大喜び。母親はいままで父親からそのようなプレゼントをもらったことがなかったらしく、
携帯で何枚も写真を撮ってはありがと~と言ってました。

434: 名無しさん@おーぷん 2015/09/19(土)12:56:20 ID:QkY
やっと決着ついたので投下させてください。
フェイクがかかってますので、
多少のズレはご了承頂ければと...

長くなるので何回かに分けます。
宜しくお願いします。

9: 名無しさん@おーぷん 2016/09/22(木)14:29:23 ID:MMN
両親(母親)と絶縁する時までが修羅場。

私は両親+兄、私、妹の5人家族ですが、妹は母の姉の子で、母姉は妹が4歳の時に亡くなり、母姉はシンママだったのもあり、母が妹を自分の子として育てると言って、めでたく我が家の子になりました。
妹は母姉がいない事にショックが大きく、一時期失語症になり、場面緘黙などにもなりながら、治った今でも、少し吃音もありますが、学校でからかわれることなく過ごしていました。それも母が妹の為に勉強したからこそ、それらの症状を改善できたのだと思います。
妹のことがきっかけなのか、母が里親として施設の子供を育てたい。救ってあげたいと言い出しました。最初は家族みんな戸惑いましたが、母は一度決めると曲げない人なので折れて、子供を受け入れました。

長いので分けます。

このページのトップヘ