恋愛

451: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/31(月) 12:45:09.79 ID:91vUIJ/M
大学4年の時に知り合って付き合い始めた彼氏。
私と知り合ったときにはすでに事務系公務員に内定してたから
免許取る必要がないと言って取りに行く気は皆無。
そのくせ私の車をさも自分のもののように友人に自慢、
徒歩5分ほどのコンビニに行くのに歩きだとわかると不機嫌に、
車でしか行けないようなところにやたら行きたがる(どんなに疲れてても私は運転代わってもらえない)
そしてガソリン代と言う概念はない、
この時点でだいぶ冷めてた。

    

321: 名無しの心子知らず 2015/06/20(土)08:18:28 ID:ht7
出来れば笑い飛ばしたい過去の修羅場を1つ

自分は40万かけて顔を整形済みの所謂サイボーグ女w
もちろん自分で必死に貯めたお金です
元は容姿のせいでクスクスされてきた根暗デブス女でしたwww
十代終わりに好きな人に告白して「なにこれwドッキリ?www」と断わられたことをきっかけに、どこかふっきれ20kgのダイエット&整形費用を貯め整形
わずか1年間の出来事でした

これが前提

428: ◆27LLXR/xkyeW 2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN O
Title どおして?

さみしいよ...さみしいよぉ...
どおして〇〇(私の名前)ちゃんはそんなひどいことするの?
なんでさみしいのに逢いに来てくれないの?
俺がさみしいの分かってる癖に...
〇〇ちゃんは意地悪だよぉ...


ってメールが元婚約者から来た
寒気がしたので晒した
一緒に気持ち悪がってほしい

61: 名無しの心子知らず 2017/08/23(水)23:38:05 ID:tnY
訳の分からん理由でフラれた
俺がフラれたのにそんな理由で別れるとかおかしいって叩かれた
今、謝れば許してあげるとか言われたが、謝らないし許していらんと言ったら切れられた
だが、相手の言い分は飲めないし譲歩不可能だった
なんか凄い集中攻撃で俺が悪いみたいに攻められた
フラれたの俺なんだが?

283: 名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)11:43:22 ID:TmD
人に話せと言われたんだけど、リアルじゃ話せないのでここで書かせてください。すみません。
私20歳頃から5年ほど付き合った同年代の彼氏がいた。お互い20代半ばになり、結婚の話もちらほら出ていた頃、彼氏が最初から既婚者だったと判明。

319: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/07(水) 19:30:51.42 ID:X5l3GA54
なんとなく、お互いに意識してて
会社の親睦会で、私の隣に座った彼。
話が弾んで、後日ご飯でも食べに行こうと誘われた。
LINE交換した。

123: 名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)17:12:13 ID:9hw
修羅場ってのは大袈裟かも知れんけど、
昔付き合ってた彼女との結婚を彼女の父親に大反対されてたんだが
その父親が上司にリストラを告げられてるところを目撃しちまった時が修羅場だった。
さんざ俺の母親のこと馬鹿にして、俺の勤務先のことも馬鹿にして
それでも彼女が好きだったから誤解されてる部分はちゃんと分かってもらおうとしてた所だったのに
なんだこいつとか思ってさ。

838: 名無しの心子知らず 2017/07/18(火)03:08:20 ID:xtN
私には十五歳くらいから二十二、三歳くらいまで十年近く片想いしていたAという人がいた
Aのためならタヒねると思うくらい本当に好きで、三回告白したけれども三回とも振られた

三回目でさすがに諦めて、その時期に告白してくれた人と付き合ってトントン拍子で結婚した
現在は結婚十数年目で三児の母、家族五人で仲良く暮らしている

15: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/20(水) 12:34:54.34 ID:TCxgcEml
皆さんに納得してもらって同意をもらえるような話じゃないとNGですか?
自分でも不思議なのですけど、まさに百年の恋が冷めた瞬間という経験があるので。
スレチ(趣旨違い)なら無視してください。

862: 名無しさん@おーぷん 2015/10/10(土)02:33:04 ID:UdI
眠れないので過去にバイトしてた店の常連さんと付き合った時の修羅場を書く

当時、飲食店でバイトしていたのだけどある常連男性に告白された
私はサービス業ゆえに愛想は良かったが毒親に育てられ精神的に不安定かつ長年の通院歴があって数々のトラウマ持ち。
鬱も完治していないことを話すと、えー?そんな風には見えないよ、これからは俺と楽しく過ごそう!と言ってくれた。
実際、とても明るい人だったが幸せは長く続かなかった

彼はまず、今までより安いものを注文してはカウンターを陣取りダラダラと居座った
他のお客様と話しても会話に割り込み、私が接客モードで敬語を使っているのに○○ちゃんと下の名前で呼ぶ
仕事中の私を携帯で撮り、すごい間抜け顔を「待ち受けにしよーっと」と言われたとき初めてキレた。
私は醜形恐怖というか自分の顔が大嫌いで写真に撮られるのは絶対にイヤだ、消してと頼んでものらりくらりと逃げる彼に泣いてしまった
そんなことがあって店に居辛くなった私はバイトを辞めたのだが
すぐに彼が知り合いの店で働かないかと誘ってくれて、そこで働くことになった。
だがそれが間違いだった
夕方から日付の変わる時間までのバイトだから心配だと送り迎えするだけではなく、彼の仕事が終わると店に来ては長時間の居座りと独占。
前の店となにも変わっていない。
そんな針のムシロに座るようなバイトはそれでも数ヶ月は続いたけれど、ある日店長に呼ばれ、明日から来ないでくれと一方的にクビを告げられた。
何か不手際があったのなら教えてくださいと聞いても理由は教えてもらえず、茫然自失のまま帰宅すると彼からメールが届いていた。
『仕事、やめたんだって?俺んちで飲もうよ!二人きりでさ!』
ずいぶん情報が早いな、とは思ったけど早退したので店長にでも聞いたんだろうと解釈して眠剤を飲んで眠った。
もうずっと仕事か彼とベッタリな生活で精神的に休まる暇もなかったし、とにかく眠りたかったんだ。

このページのトップヘ