2020年01月

573: 名無しの心子知らず 2012/11/02(金) 20:54:36.32 ID:3vpbWnHx
今日解決?したので厄落としカキコ

私は大学生で現在は親元から離れて一人暮らししてる
同じ市に叔父叔母と私とはかなり年の離れた従妹が住んでいるんだが
いろいろとお世話になっており、恩返しもかねて先日のハロウィンで叔父一家に
かぼちゃケーキ作って届けに行ってきた。

    

800: 名無しの心子知らず 2012/10/31(水) 16:04:48.13 ID:b8Lamk7d
投下させてもらいます

少し前に小学生の妹の誕生日だったので6分の1ドールをプレゼントしました
私が趣味でドールを持っていて、妹が自分も欲しいな、と言っていたからです
せっかくの誕生日プレゼントなので私がアイペイントをしたオリジナルドールを作りました
妹はとても喜んでくれて、大切に遊んでくれていたので私としても嬉しかったです

522: 名無しの心子知らず 2010/06/19(土) 16:20:22 ID:Q01pv2K8
見た目が大事ってのはあるよな

俺もマリークワントの財布を泥されかけたけど
物が物だっただけに、財布が俺のものだと思われなかったし
中にいれてたレシートやカードで証明できなきゃ
財布持っていかれた&俺が泥棒にされてた可能性もあったろうしなあ…

もし見た目がどうでも、まともに判断してくれるなら
自分もコスプレとかで街中あるいてみたいもんだ

811: 名無しの心子知らず 2009/09/08(火) 16:23:14 ID:AgSFcBaw
思い出した昔のセコ話。フェイク入り。

知人にヴァイオリンが上手な方がいて、よく愚痴っていた。
娘を音大に行かせたいので、レッスンしてくれという依頼がよく来るんだそうだ。
もちろん、タダで。

747: 名無しの心子知らず 2009/07/16(木) 01:28:08 ID:SzhwG1cd
先週あったキチガイ話 寝る前にさくっと投下

某アメリカのホールセールの新店舗ができたというのでママ友たちと行こうという話しになった。
8人乗れるよって車を出してくれるママ友がいて結局は5人で行くことになった。
そのなかに誰が誘ったかわかんないけどセコキチGさんがいた。

981: 名無しの心子知らず 2012/03/20(火) 18:23:45.03 ID:BpogPGKq
埋めがてら小噺を一つ。

先日風邪を引いてしまい、医者に行きました。
そこは中に入る時、靴を脱いでスリッパに履き替えるお医者さんだったのですが
靴を脱いでスリッパを履こうとした時に、これから帰るのであろう親子連れの母親が私の靴をスッと持ち上げ
「ありがとう。気に入ったからもらうわ。」と自分のカバンに突っ込んでしまいました。

482: 名無しの心子知らず 2012/06/27(水) 22:28:58.36 ID:EZKQ6J5o
流れ読まずに投下します。初めてこちらのスレに投下するので改行や句読点や文章がおかしい箇所もあると思いますがよろしくお願いします

今から4年ほど前の事。私は20代前半なんですが1980年代のバンドブームの時の音楽が大好きで、
特に思い入れがあったユ○コーンというバンドが16年ぶりに再結成するということで少ないバイト代や大学の講義の時間をどうにか工面して再結成ツアーの序盤のライブに参戦しました
ライブのチケットも、私は運良く先行販売で当たったのですが倍率がとても高くオクでは3倍の値段もザラなほど、全公演完売でプレミアがついていたツアーでした。
好きになったときには解散していたバンドなので再結成がとても嬉しくてバイトを多く入れて生活費を切り詰めて物販でグッズを買いました。
その中にバンドの新アルバムがデザインされたエコバッグがあったのですが、このエコバッグにキチが寄ってきたんです。

25: 名無しの心子知らず 2012/06/08(金) 17:24:26.30 ID:pGArB+cX
流れ読まずにカキコ。

私が「キチガイ!」と罵られた話。
先日、郊外の大きな書店に行った。育児書の棚を吟味してたら、横で小さな男の子がぐずり始めた。
「ママ、本屋さんのトイレどこにあるの、ねえトイレはどこにあるの?」
傍目にも切羽詰まって、ぴょんぴょん飛んでるのに、そのママさんは
「ちょっと待って、うるさいわね、もう少しで終わるから、もうちょっと大人しく待ってなさい!」
と叱るばかりで、目線は本。立ち読みに夢中で男の子の訴えにも上の空。
男の子、顔が青くなってきてるから、あんまり可哀想で
「ボク、おトイレはこっちですよ」と書店のトイレに誘導。

611: 名無しの心子知らず 2009/09/14(月) 08:30:49 ID:q/zNt6TC
自己紹介乙なのに遭遇したんだが、今から投稿してもおk?



このページのトップヘ