DQN返し

79: 名無しさん@おーぷん 2016/10/07(金)03:58:41 ID:G5s
じいちゃんの家庭菜園に車が突っ込んだ

じいちゃん家の近くに中途半端で使いにくい空き地があってそこに勝手に車を止める馬鹿がいた
私有地に付き立ち入り禁止の看板も無視するしコーンもロープもどかして侵入する
そこで駐車位置の近くに「家庭菜園予定地 土を固められると困ります 侵入禁止」と可愛い泣き顔つき看板を設置
1週間無断駐車を監視カメラで撮影しちょっとお高い種を発芽させ苗を用意
土日は来ないので全力で穴を掘る 文明の利器を所望するも 大抵の問題は根性で解決すると返される
汗だくになりつつ穴を掘り続ける 穴掘って埋めるだけって刑務所の強制労働のようだと盛り上がる

綿をふわふわにしたものを仕込んで土をふわっふわに被せる
見た目元通りにしたところに苗を植える 素人なのでめっちゃ適当
境界にブロック植え込む 何故か最初から割れてるが気にしない きっと目の錯覚
看板を「家庭菜園 野菜も生きています 踏まないで」と言うものに交換 なんか可愛いイラストつき
ウサミミの女の子が人参持ってるイラストだから 「人参植えたの?」と聞いたら
「えって? いや、全然違うけど」と言われた イラストは唯の趣味らしい

831: 名無しの心子知らず 2014/02/05(水) 20:37:36.13 ID:AQKc8Q3f
私自身DQN行為なので胸糞注意です。

私はラジコンヘリコプターが趣味の若造でたまに河川敷に飛ばしに行くのですが。
その際に公園の駐車場に車を止めて人が居ない所まで徒歩で移動して遊んでおります。

スポーツカーのような天井の低い車に乗っており天井に色々置く癖がありまして
その日も車の天井に食べかけのポッキーと工具を置いたまま移動してしまい戻ってくるとポッキーが無くなっていました。

風に飛ばされたのかと思い、ゴミが散らかってないか心配で周りを一回りしてたら
車のなかで3.4歳位の子連れママがポッキーをポリポリと携帯いじりながら食べていました。
その日は「流石に拾い食いするような人は居ないだろーたまたま同じの食べてただけだろ」っと思いながら帰路につきました。

ここで私のDQN心が煽られて罠を仕掛けてみようと思ったわけです。

次の週の同じ時間に今度はキンキンに冷えたコーラとポテトチップをいつも通り車の上に忘れてヘリコプターを飛ばさずにトイレに行きました。
(ご丁寧に霧吹きを使いシズル感を出した状態で。)

暫くし同じ子連れ女性がサラーっとコーラを奪取。
俺( ゚д゚)ポカーン マジかよ。

続きます。

326: 名無しの心子知らず 2013/10/02(水) 20:20:45.76 ID:mRHRu8tw
流れが止まってるようなので、いたずらしただけのつもりだったのに、後味悪い展開になった泥棒話。
何年も前、一般家庭にも定額ADSLが普通に入ってて、でもまだ光が無かった時候。
書いてたらかなりの長文になったのを先に謝罪する。

自分は家でPC使って仕事する自営業者。
付き合いのあるご近所さんにはきちんと説明してるし、機械関係の色々とか
時間あるときに引き受けたりして、一応ご近所関係はきちんと成立してた。
もっとも、お隣に住んでいる姉夫婦の幼稚園では、一部の人に「姉の弟さんは
引きこもり」とか言われてたらしい。

まあ、とくに俺がお付き合いするわけでもないし、別に言わせときゃいいと
思ってたんだけど、なんかかなり酷いこと言われたらしく、姉が幼稚園で暴走。
それ自体は俺を守ろうとしてくれたのでうれしいんだけど、やっぱり変なのが
湧いたわけですよ。
見たことないおばさん集団が突然押し掛けてきて、PC教えろだのお古寄越せだの
むしろ最新型の奴をタダで作ってくれだの凸されたけど、俺はあんたらとお付き
合いあるわけじゃないんだから知るか、と言うと「せっかく来てやったのに
これだから引きこもりは常識ない」みたいに言われて結構ムカついた。

898: 名無しさん@おーぷん 2017/02/03(金)22:17:26 ID:vUu
離婚から再婚までが修羅場だったということで・・・

高校卒業してすぐに結婚、1年弱で妊娠したけど初期流産した
家で泣いてたらその翌日に元夫が養護施設から里親をあっせんしてもらうといって
そういう団体の資料をわんさか印刷して持ってきた
元夫の中では一度の流産で私が不妊女に認定されたらしくて
「もうどんなに頑張っても血のつながった子は抱けないんだ」と泣いて見せたり
「だったら世の中に貢献しようって思わない?」と里親制度のパンフレットを見せられたりした
初期流産はよくあることで、私はまだ二十歳だから希望はあるからといっても
「いいよ無理しなくて・・・」と弱々しい笑み
そのあと姑に「うちの嫁、不育症だって」とよくわからない電話をしてるのも聞いた

養子話には当然抵抗してたけど、NPOの面接に行くからきれいにしてきなって言われて
我慢できなくなって実家に逃げた
両親に「離婚なんてみっともない」と叩き出されて、当時まだ独身だった姉のところに泣きついた
姉が怒って弁護士探してくれて22歳で離婚
元夫に「学も職もない女が食っていけると思ってるのか」と嘲笑されたのを覚えてる

その後は姉の支援でアパートを借りて事務バイトを始めたけど、夫の言う通り私みたいなのが
一人で食っていくのは本当に大変で、最初の職場では漫画みたいな新人いびりを受けた
1年の契約満了まで頑張ってエクセルとワードを覚えて、辞めた後に簿記2級を取った
次の職場ではいきなり役員秘書(見習い)にしてもらって喜んでたら、実際は若い女を
セクハラジジイにあてがいたいだけだったみたいで、セクハラからレイプされかけて逃げた
事務仕事は向いてないのかもと思ってスナックみたいなところで働いていたら
お客さんに「うちにおいで」と誘ってもらってまた事務職を始めた
簿記を取ってたので「実務を経験しな」と経理をさせてもらって嬉しかった
そこで今の夫に出会って結婚、いきなり三つ子に恵まれてタヒにそうなくらい大変だったけど
義母がとてもいい人でサポートしてくれて、仕事にも復帰できて、子供たちは小学生になった

30: 名無しの心子知らず 2016/05/27(金)16:32:46 ID:ddX
高校生の頃、父方の祖母と何ヶ月かだけ一緒に暮らしたことがあった。
祖母は伯父さんちで同居してたんだけど、家を建て替えるか何かでその間だけうちに来たんだ。
でもたった何ヶ月かの間だけでも母は同居を嫌がった。
母は祖母をすごく嫌ってたから。私や姉も嫌ってたけどw
だって同じ孫なのに伯父の所の息子には「跡取りさま跡取りさま」ってバカみたいに小遣いあげまくってて
私も姉も誕生日や入学祝卒業祝いどころかお年玉すら貰った事なかったもの。
そういう差別を母がすごく嫌がって、跡取りってことで差をつけるのは別にいいけど
わざわざ娘たちの目の前でやるってのが意地が悪い、気分が悪いっていつも怒ってた。
母のことも「女しか産めなかった嫁」って苛めてて、伯父の奥さんのことなんか
「ちゃんと長男の嫁として心得てる(=跡取りを産んだ)」って大事にしてた。
定員割れの高校しか入れないような分数計算も出来ない跡取り息子なのに。
父は「年に何度か顔を出すぐらいなんでもないだろ~」って能天気だったから
私も姉も母の味方で一緒になって反対してた。
だけど父は父で、いつも兄(伯父)に母親の面倒丸投げなのに
こんな時ぐらい俺がしっかりしなきゃってアホみたいに突然使命感に燃えて
それまでことなかれ主義だったくせに「俺の母親だ!文句は言わせん!」って。
おまけに「俺のオフクロを苛めたりしたら承知せんぞ!」とか言い出した。
後で聞けば、母はこの時点で離婚を考え始めていたそうだ。
で、とりあえず上記のように祖母がやってきた。


456: 名無しさん@おーぷん 2015/11/21(土)05:11:31 ID:Tgs
私のぷち武勇伝
トメがよくおすそ分けと称してクソまずい家庭菜園の野菜をよこしてきた
育ちすぎて青臭くなり固くなって噛み切れない水菜やキャベツ他いろいろ
育ちすぎて巨大化して味のない瓜類
中身がスカスカor筋が入りまくった根菜類
一番まずかったのがこれらの野菜
他にもいろいろあったけど、何より困ったのが量
一回で大根3本とか当たり前
夏場はキュウリ10本、ナス20本とか一度に渡された
毎日消費しても消費しても追いつくわけがなく、野菜をダメにすると「野菜料理してない」だ「私の気持ちを蔑ろにしてる」だ泣き落とし
私は体質からコレステロール値が低く、医者からも肉を食えと言われてたのに、肉どころか魚を食べる余裕すらなかった
野菜しか食べてないせいで栄養も偏りスタミナも減った
旦那は気が向けば外食して帰ってくるので何度訴えても私の悩みは理解できないようだった

607: 名無しの心子知らず 2013/05/24(金) 10:53:56.66 ID:lC2lqP6a
習い事いっしょのママさんは他の家の経済状況に興味深々
身に付けてるものをめざとくチェックして「これ○○(ブランド名)よね?いいな~お金持ち~」「旦那さん何してるの?給料いいんでしょ?」「こないだ○○にいたでしょ~何買ったの?」などと香ばしかった
それが最近「いっぱい持ってるんならちょっとちょうだいよ」「貸して~」「奢って~」に変化
私含め他のママさんもうんざりしてきた
そこで何人かのママと話し合って、セコママがセコいことを口にすると、ホイッスルをピッ!と吹くことにした
最初はホイッスル吹いてもセコママは「?」て感じの反応だったけど、ある日懲りずに私にセコ発言をしていたとき、通りすがりのホイッスル仲間じゃないママさんが口で「ピッ!」と言ったのを見て顔真っ赤にして帰ったw
それ以来私達には近寄ってこないから平和

809: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)10:37:17 ID:Oe6SGeKUQ
8歳の時、学校から帰ったらいつもいるはずの母がいなかった。
買い物だと思ってその時は気にしてなかったけど5時になっても6時になっても帰ってこなくて
どっかで怪我したかお腹が痛くなってるのかと思って近所中を探したけどいなくて
玄関先でずっと待ってた。暗くなっても待ってた。
そのまま玄関先で寝てしまって目が覚めたら父がいた。
それから険しい顔になった父があちこち電話かけてバタバタした数日が過ぎたのだけは覚えている。
当時は訳も分からず父に言われるままに流されていたが、後に聞いた話によると
要するに母はほんの数十メートル先の家庭の旦那さんと駆け落ちしたらしい。
リビングの引き出しの中に置手紙があったらしく、そこに離婚届も同封されていたそうだ。
相手の家庭の奥さんとうちの父親、それに俺を含む子供たちは近所中の好奇の目で見られ双方引越しをした。
たぶん一学期の終わり頃の出来事で、夏休み中に引っ越し二学期から転校した。
大人の事情はよく分からなかったが、とにかく俺は母に捨てられた。
それだけが子供心にずっしりトラウマになりどんどん暗い子供になっていった。
幸い父はあまり泊りの出張などのない仕事だったので、それまでより早く帰ってくれるようになったが
少しでも遅くなると父にも捨てられるんじゃないかと思って玄関先でめそめそ泣いてるような子だった。
そして4年生になる直前に新しい母親ができた。
新しい母親は菊池桃子にそっくりの可愛い女性だった。
俺は新しい母親のことを「ももちゃん」と呼んだ。
いつもニコニコしてて俺のことをとても大事にしてくれた。
遠足の時には今で言うキャラ弁みたいなのを作ってくれて、世界がパーッと明るくなったような生活になった。
後で知ったが、ももちゃんは父の同僚だった。
一度結婚したが子供を産めなくて離婚したそうだ。
もともと子供が大好きで、だから父との再婚には子供がいることは何の障害にもならなかったらしい。
父が再婚した翌年の母の日に、思い切って「ももちゃん」を「お母さん」と呼んだら泣いて抱きしめてくれた。
その頃にはもう、俺を捨てた実母のことはすっかり忘れていた。
高校3年の時、父が通勤途中に心筋梗塞で急タヒ。
母とは血が繋がらない親子だが、その後もそれまで通り普通に母子として過ごした。
父も結構な遺産を残してくれたので、お金の苦労はたぶんなかったと思うが
趣味が高じて講師になっていた母は、最初の一年ぐらいは落ち込んでいたものの
元のように忙しそうに楽しそうに毎日駆け回っていた。

566: 名無しさん@おーぷん 2017/09/16(土)10:49:01 ID:jod
トメは嫁に心がある事を知らないらしい。感情がある事を知らないらしい。若い頃から嫁をイビッて萎縮させれば、嫁はトメに生涯服従すると
思い込んでいるのだろうか?スルーしていたのを「服従している」と思っていたなら、本当に頭がめでたい。私は仕事もしていて自分ひとりなら
何とか生きていける。夫婦を繋ぐものは経済力ではなく愛情だけだった。トメはその愛する夫の母でしかないから、夫への愛情が無くなれば、
ただの赤の他人である。

夫は突然、私に相談も無しに脱サラをし、事業を起こした。が、その後、失敗し、自殺した。飲み屋のねーちゃんがスゴイスゴイ・ステキステキと
営業スマイルで言ったのを本気にして突っ走って、ねーちゃんにストーカーしてロミオになってねーちゃんの店の後ろ盾の怖いにーちゃん達に
ゴラァされて、いろいろと失意して死んだ。私は茫然としてながら、有休を使い果たして事後処理をした。共有名義だった家は売り飛ばし、私名義分だけ
受取り、残りは相続放棄した。子供は居ない。ついでに姻族関係終了届も出しておいた。

それから数年して、元トメから同居命令の電話が来た。要請ではない、命令だった。姻族関係終了届について説明をした後、「脱サラについて夫から
事前に相談されていたのに私に黙っていたあなたには恨みしかない」「本当にあなたには嫌な思い出ばかりで、思い出す度に腸が煮えくり返る。」と
言って断っても、元トメは納得しなかった。訳を聞いたら「今まで嫁子(私)が、自分(元トメ)の言う事に従っていた」「自分は夫の親である」
「嫁子は今でも独身」という理由でトメは私が同居を断らないと思っていたらしい。

後から、亡夫の兄弟から「薄情だ」「無責任」と電話が来た。「その言葉はそっくりそのまま、自分の親を他人に押し付けようとするあなた達が当て
はまります」と言っても「僕たちには余裕がないのです」や「嫁子さんは今でも独身だし、母と協力して暮らした方が嫁子さんにも良いはずです」
などと言ってあきらめなかった。それだけでなくアポなしで実家にやってきて「娘さんのためだから」と私の両親に言って、両親に怒鳴られ
追い返されてもあきらめず電話や訪問を止めなかった。警察にも相談したけれど、「そっちで解決してね」的対応だったから、こちらも反撃した。

80: 名無しさん@おーぷん 2017/05/22(月)02:06:06 ID:DIB
家の隣の空き地(うちの土地)で家庭菜園をやってたんだが
この菜園に密着するようにして不法駐車するカスが現れた
排ガスが野菜にかかるし車が邪魔で作業できない
これが大地の修羅場

排ガス被害がひどいところはあきらめて端の方のものだけ収穫
調理をしていたところ家族から不法駐車の人が小便ひっかけてたのを見たから食うなと言われた
これがダイニングの修羅場

このページのトップヘ