DQN

62: 名無しの心子知らず 2012/02/22(水) 00:27:03.26 ID:DWKz6Atc
未遂だけど投下。
昔ファミレスでバイトしてた時の話。

DQN旦那、ごんぶと嫁、しゃがれ声ババ様、10歳位の娘でご来店。
娘さんはこの一家の中で唯一小綺麗な格好で、当時すごい流行ってた女の子向けカードゲームのカードを、既製品ファイルに入れて持ってきた。

※未解決

102: 名無しの心子知らず 2011/07/10(日) 20:19:52.25 ID:XBCurlJ5
クレクレ夫婦+ガキ相手にインターホンで一時間近くバトル
お巡りさんに説得され、ようやく帰ったけど疲れた・・・
晩御飯は冷めるし最悪!
船を船長(旦那)付きで貸せだの、友人誘ったんで宜しくだの、厚かましいにも程があるわ!
うちだって社長さんの好意で借して貰ったものを又貸しできるか!
唯一の救いは旦那が煙に撒いてくれたし
クレクレは船舶免許もなければ係留場所も知らないんで、しつこく凸したら警察償還で済ませられる事。

夏休みが近いだけに、家族レジャー寄生虫の発生には皆も気をつけて!

356: 1/4 2011/09/19(月) 00:58:02.61 ID:BMlCyJmG
プチだけど、1時間ちょっと前、都内の地下鉄で起こった出来事。
混んではいないけど座席は全部埋まっている状況で、私は優先席に座ってた。
いつも老人や妊婦さんが乗ってきたら優先席に関わりなく立っていたけど、
そういう人たちはまずいない時間帯&路線。

そこへ、祭り帰りらしきダボシャツを着た女の人(30代半ばぐらい)と、
その子供らしき女の子(7歳ぐらい)、息子らしき男の子(4歳ぐらい)が乗ってきて、目の前に立った。
一瞬男の子に席を譲ろうかとも思ったけど、男の子はふざけてよろけたりしていて、
ときどき母親は「オイ!」「ふざけんな!」などとDQN丸出しな注意をしていたのでスルーした。

443: 名無しさん@おーぷん 2016/12/27(火)18:41:19 ID:hDD
俺は自覚しているが少し短気で、論理的や人道的におかしいことに関しては
「それはおかしいでしょう」と本人に言ってしまいがちなんだが
嫁はそういうことは絶対に言わない。
俺からしたら黙ってたり我慢するのが美徳と勘違いしてるようにしか見えなかった。
今思えば自分はちょっとした正義厨だったように思う。
迷惑な人間に「止めろ!迷惑してんだ!」とくってかかり
嫁は居心地悪そうに「そんな怖い言い方したらダメだよ」と注意してきたんだが
それすら「自分だけ綺麗なポジションのつもりか?」と少し腹がたってた。

ある日、嫁と駅のホームで電車を待っていたら
おばさん数人に並んでいた列に横入りされた。
「おい!後ろに並べよ!」と注意したが、ちらっとこちらを見て無視。
もっときつく言うか、と勢いづいてると嫁が横でボソッと「下手くそ」。
と思ったら、おばさん達に聞こえるように
「嫌やわ~、こんなことして何とも思わはらへんなんて、私ようできんわ~」
「品あらへんわ~、ひょっとして日本人違うんとちゃう?」
「ほなしゃあないわ~、こんや恥ずかしい人らに怒るだけ無駄よ?」
と、京都弁使いまくってニコニコと俺に話しかけた。
おばはん達は徐々にお喋りを止め、こそこそと後ろに消えて行った。

171: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)12:05:50 ID:jEe
「DQNが高速で路上に車止めさせて難癖つけて一家の両親が事故死」ってネットの話題を見て思い出した修羅場
かなり昔似たような事件がうちにもあった。大阪へ高速で一家旅行へ行った帰り、
割り込まれてクラクション鳴らしたら相手のDQN車(車高が低くてファーをいっぱい敷き詰めてる典型的なの)の気に障ったらしく、
こっちの前に出て蛇行したりして煽る煽る
父もかなりイライラしだして、母が横にいて私と弟が後ろに乗ってるのに「あのガキが」「殺す」と物騒な言葉を連発
顔つきも最初は真っ赤になって激怒してたのに、途中から血の気が引いて無表情になってた
そのうちDQN車がスピード出して遠ざかっていつたと思ったら、いきなりブレーキかけて急停止

907: 名無しさん@おーぷん 2016/07/14(木)17:30:30 ID:IXo
兄の彼女が家に遊びに来たときのこと。
うちは犬を飼ってるんだが、兄の彼女が犬を怖がる人だった。
うちの犬は犬嫌いを見抜いて唸るタイプ。
兄の彼女は怖がって早く家に入りたがったんだが、兄が怖がる彼女を面白がって犬をけしかけた。
お調子者の弟も「それ行け!」とか言って犬をけしかけた。
兄はてっきり弟がリードを持ってると思ってたらしい。
弟の方は犬がつないであると思っていた。
でも実際はつないでいなくて、犬は彼女に向かっていった。
悲鳴をあげ逃げる彼女。追う犬。

このページのトップヘ