非常識

315: 名無しの心子知らず 2013/10/25(金) 18:16:01.21 ID:cG5DY++p
流れ豚切りいいですかね・・・
滅茶苦茶頑張って撃退したキチママの話です。

うちの子は大人しくても言いたいことは言う子なんですが、ママ友AのA子ち
ゃんは明るい子なんです。うちの子とも仲がいいそうです。
で、問題は母親のAなんですけど、よく他所に上がり込んでは化粧小物やらお菓子やらを
かすめ取ってんです。
私も先日被害に遭いまして、私子の母の日にくれたちょっとお洒落なハンカチを盗まれました。
自分でも気に入っていたものですし、返してもらいにAの家に行ったら

A「で、何かご相談?」
私「ハンカチが無くなっちゃって…」
A「はぁ?」
私「だからハンカt「うるさいわね!これは私のもの!盗られたあんたが悪いのよ!」
私「そうですか。ところで、何が私のものなの?私は無くなった、としか
言ってないのに…Aさんを疑ってもいないのに・・・」
A「騙した!くれるって約束したのに!酷い!ふじこふじこふじこ!」
私「約束なんてしてません、ちょっとトイレお借りします。」スタタタッ
A「待ちなさいよ!非常識よぉぉお!」

一旦切ります。

160: 名無しの心子知らず 2013/10/06(日) 21:55:04.79 ID:k9M3U5iI
相談させて下さい。
もうどうしていいかわかりません。
まとめ下手なので長くなりました。
すみません。
スレ違いでしたら教えて下さい。

私 28歳独身
友達A バツ2既婚子供5人(上は小6~下は1歳、長男次男が父親一緒、三男四男が父親一緒、五男が新しい旦那の子です)

私とAは幼なじみで小さな頃から家族ぐるみの付き合いで、とても仲が良く、Aの子供が生まれた時や結婚離婚の度に色々と相談に乗ったり手伝ったりしてました。
そして私の母が倒れた時には、大変だろうからと実家の方に晩御飯を作って持って来てくれたり(実家からA宅は歩いて2分、私宅は30分の距離)、落ち込む私を子供達と一緒に励ましに来てくれたりと心身共に支えてもらいました。
母の事が落ち着いてから、たまの休日には子供達が私宅に泊まりに来るようになったりしてました(末っ子は来ません)。

123: 名無しの心子知らず 2013/10/21(月) 23:20:41.32 ID:YlOXgO1V
本当に発見しただけだけど
昨日少しだけ混んでいるバスに乗った時の事、前の辺りから「ママー、この人こっちのおててがないよーオバケー?」と言う子供の声が聞こえた
声の主は座っている親子連れ
近い位置に男性が一人立っていた
何となく状況を察し『うわ…』と思っていたら、続いてその母親らしき声が聞こえた。
「あのね、悪いことをした人はこんな風におててを切られちゃうのよー、泥棒さんとかねー」
思わず耳を疑う程のマジキチ台詞
突っ込みたい気持ちと関わり合いたくない気持ちに悩んでいたら、斜め前に座っていた女性が腰を浮かせ言った

811: 名無しの心子知らず 2013/11/04(月) 12:28:54.14 ID:dYB1vVoG
フェイクありです。セコかキチか微妙ですが一つ。
先日義母と手芸店に行ったらとってもかわいい手編みの帽子が飾ってあった。
私が気に入って見とれていたら義母が編み方を教えるから私子に編んでみたら?と言ってくれた。

お言葉に甘えて、義母に習ってみようと、自分なりに奮発して編み棒とお高い毛糸を買った。

411: 名無しの心子知らず 2013/04/10(水) 00:27:18.29 ID:/IUzvcLw
聞いて下せぇ
この前俺は釣りに行った。そのときの出来事。
俺は普段から自家製の乾燥ミミズを釣り餌としている。
それは少々高貴な香りを放ち、見た目が悪いので、
周囲の迷惑にならないように
割りと良い密閉容器に入れ香りが漏れない、かつ中が見えないようにしている。
しかし、その時はいつもと違った。
俺は道中、太さ二センチ、長さ一メートルはあろうかという
巨大なミミズに遭遇しそれを捕獲。生きたまま例の容器に入れた。
さらに、立派なカブトムシを捕まえたので、
近所に住んでいる礼儀正しい子供にあげようと思って別の箱(透明)に入れた。
駅で友人に遭遇し、俺はカブトムシを見せて自慢した。
この時泥ママと泥子にカブトムシの存在を知られてしまったようだ。

249: 名無しの心子知らず 2013/10/24(木) 21:33:44.33 ID:D0cLLmbC
つい2~3日前にあった出来事です
家のお風呂のタイルを貼りかえ中の為、すぐ近くにある銭湯へ
大きなお風呂でのんびりしようと楽しみにしていったのに・・・

私が入って少ししてから4~5歳の女の子を連れた女が入ってきて、私の隣を一つ空けて親子が着席
席に着くなり、娘が「ママーおしっこしたい」と言い出した
母がすかさず「ここでしちゃいな」と言い、娘が放尿開始
排水の溝がこちら側が下流になっているので、こちらに尿が流れてくる
なんなの?と思っていたら、今度は「ウンチも出る~」と言い出した!
さすがにトイレに連れて行くかと思ったけど、母が「あれだけ先にトイレ行っとけって言ったでしょ!早くしなさい!」と言ってその場で排便スタート
ちょっとありえないだろ、どうすんのと思っていたら娘が出したウンコをわし掴みして隅に置いてあるごみ箱へ捨てた!

気持ち悪すぎるから背を向けて対角線になる席に移動
ゆっくりしようと思っていたけど、不快すぎて早く出ようと思って、前屈みになってシャンプーをしていたら・・・
横から「オバサン、これ貸して?」と女の子が話し掛けてきた
は?なに?と思いつつ、その母親の方を見ると高級そうなシャンプーを持っていたのを確認したから「ママのがあるでしょ?」と言ったら、「ママー、オバサンが貸してくれないよー」と大声で叫んでいる
泡だらけの頭で呆然としていると、母親が「オバサンじゃなくてオネエサンって言わないから貸してくれないのよ、アハハ」と笑っている
「とにかくママのを使ってね」と答えてシャンプー続行

続きます

769: 名無しの心子知らず 2013/11/03(日) 15:59:22.68 ID:HSpbG+Ka
数年前の話でほとんどフェイクなしの話。長いです
子が小学校の時分、仲の良かったママ友2×子2の計3組の親子で隣県の温泉宿まで遠出
した。一台の車(ママA所有)に相乗りで、昼過ぎに出発して19時頃には旅館に着く計画
だった。途中長めの山道があるので、車のトラブルがあると困ると思い”女だけなら交通機関
を利用した方が良いのでは?”と提案したけど、Aママは『旦那に運転手させるから』といい、
Bママも『私さんが心配性だからA旦那さんにお世話になるけど、仕方ないね』と言った。
正直(はあ?)と思ったけど、自分自身が楽しみにしていた、ということもあって、行くことになった。

363: 名無しの心子知らず 2013/10/26(土) 12:56:12.18 ID:bHq6KEZs
こんにちは。至らない所はあると思いますが、流れを無視して書き込みさせて頂きます。

私は高校生の時にファミレスのフロアーアルバイトをしていたんですが、テーブルに置いてある塩を
ベロベロと(キャップを開けた所)を舐めている小学校低学年のお子様がいました。
勿論母親は隣にいて、注意はしません。 当時は高校生でそういった注意をするのに抵抗があり、
店長不在でフロアーはわたし一人だったので、どうしようかと悩んでいました。すみません、一旦切りますね。

831: 名無しの心子知らず 2014/02/05(水) 20:37:36.13 ID:AQKc8Q3f
私自身DQN行為なので胸糞注意です。

私はラジコンヘリコプターが趣味の若造でたまに河川敷に飛ばしに行くのですが。
その際に公園の駐車場に車を止めて人が居ない所まで徒歩で移動して遊んでおります。

スポーツカーのような天井の低い車に乗っており天井に色々置く癖がありまして
その日も車の天井に食べかけのポッキーと工具を置いたまま移動してしまい戻ってくるとポッキーが無くなっていました。

風に飛ばされたのかと思い、ゴミが散らかってないか心配で周りを一回りしてたら
車のなかで3.4歳位の子連れママがポッキーをポリポリと携帯いじりながら食べていました。
その日は「流石に拾い食いするような人は居ないだろーたまたま同じの食べてただけだろ」っと思いながら帰路につきました。

ここで私のDQN心が煽られて罠を仕掛けてみようと思ったわけです。

次の週の同じ時間に今度はキンキンに冷えたコーラとポテトチップをいつも通り車の上に忘れてヘリコプターを飛ばさずにトイレに行きました。
(ご丁寧に霧吹きを使いシズル感を出した状態で。)

暫くし同じ子連れ女性がサラーっとコーラを奪取。
俺( ゚д゚)ポカーン マジかよ。

続きます。

24: 名無しの心子知らず 2013/10/19(土) 01:04:22.26 ID:kHKXKC09
私、某コーヒーショップで働いてるんだけど、店には禁煙スペースとガラスで区切られた喫煙スペースがあります。
夕方、男の子二人を連れた女の人が来店して、商品が乗ったお盆を持ってしばらく席を探していた。
偶然にも喫煙スペースの横のテーブルがあいたので、そこへと腰を落ち着けた。
突然、ガッシャーーーーン!!!!という音が店内に響きわたる。
あわてて駆けつけてみるとさっきの男の子二人連れた女の人がテーブルを持ち上げて、
禁煙スペースと喫煙スペースを区切っていたガラスを割った音だった。
「タバコ臭いのよ! それにここの喫煙者達を見てウチの子がタバコ吸うようになったら、この店はどう落とし前つける気!?」

このページのトップヘ