離婚

978: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)09:24:05 ID:Ulm
元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

11: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/17(金) 09:51:58.65 ID:TXFG9qdH
去年両親と女性(仮にA)に病院に連れて行かれて記憶障害って診断された瞬間が修羅場
自分は全く記憶にないかららしいばかりになるが、自分とAは夫婦だったらしい

84: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/27(月) 20:53:06.49 ID:cyE+0a8m
自分が経験した修羅場を書いてみる。
まず修羅場にいくまでの前置き
自分はそこそこ複雑な家庭環境だった。
当時6歳で両親離婚。
3人兄弟は全員父方の実家に預けられた(父はどっか行った)。
祖父母はよくしてくれたが、ことあるごとにお前は母から捨てられたと言われ続けた。

387: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)08:51:40 ID:jBf
昔から「子供は絶対女の子がいいな~!」と言っていた姉。
家系的にも女系でここ何世代も男なんて産まれた事もなかったから、男女どちらでもいい派の私もなんとなく産む時は女だろうな~と考えてた。
時は流れ姉は結婚、2年後には子供を授かった。
妊娠中性別を見てもらったところ女の子だと太鼓判をもらい姉は大喜び。
ピンクや赤、フリルやリボンたっぷりなまさに女の子!的な服などを買い漁ってた。
が、実際産まれたのは立派なモノを持った男の子。誰が見ても男の子。
皆が子供の誕生を祝う中、姉だけが呆然としてた。

228: 名無しの心子知らず 2016/06/12(日)16:54:51 ID:nbe
(元)夫は結婚した途端に豹変するタイプの男だった。
式を挙げるまでは本当に優しくて、色々気遣ってくれて頼もしい人だったのに
キッカケになったのは新婚旅行先で。

251: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)21:07:37 ID:w7M
旦那が1週間の出張で不在の間、インフルエンザで仕事を休んだことがある。
それを旦那に報告したら、サボリ扱いされて怒鳴られた。インフルエンザで出勤したら自身の危険は勿論だけど周りにも大迷惑をかけることを説明しても屁理屈扱いされた。

732: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)19:45:10 ID:n8CW6b9tQ
恩師の葬儀に出席するため帰郷したら、両親が離婚危機になっていた。

なんとかなだめて話を聞いてみると、父は母に対し
「俺の母さんを引きとり同居したいのにこいつが反対する。妻として嫁としてなってない。」と激怒
母は父に対し「この歳になって介護同居なんていやだ。第一お義母さんはうちと同居なんて望んでない。」と抗戦
という具合だった。

30: 名無しの心子知らず 2016/05/27(金)16:32:46 ID:ddX
高校生の頃、父方の祖母と何ヶ月かだけ一緒に暮らしたことがあった。
祖母は伯父さんちで同居してたんだけど、家を建て替えるか何かでその間だけうちに来たんだ。
でもたった何ヶ月かの間だけでも母は同居を嫌がった。

10: 名無しの心子知らず 2016/03/06(日)09:54:07 ID:RNa
物静かでいつもニコニコしていたわが母が
元夫に「殺してやる!」と飛びかかった時が衝撃というか修羅場というか。

485: 名無しの心子知らず 2016/07/11(月)18:43:25 ID:igd
元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。
まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。
そして甥が15歳になった時、
「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかにないんだ(キリッ」
と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

このページのトップヘ