閲覧注意

849: 1/2 2010/03/08(月) 00:48:08 ID:fnifWBju
この流れで思い出した。
もう20年以上前の話。当時私は小学校低学年。昔の話+伝聞なので細かい所は御容赦。

町内に、凄くケチと集りで有名なおばさんが居た。
旦那は居るけど、印象が薄い人で居るのか居ないのか分らない人。
その家には女の子が1人居るけど、なんだか薄汚れている感じの子だった。
ある日その子(A子)が遊んでいて怪我をした。

746: 名無しの心子知らず 2010/09/15(水) 10:51:29 ID:TQEFibpI
事件が落ち着いたので投下
内容が重めなので、苦手な人はスルーしてください
また、慣れていないので分かりにくいところがあると思いますが、ご容赦下さい

591: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/20(火) 18:54:14.89 ID:E/KIlFHj
気持ち悪い話なので苦手な人はスルーしてください。
前に入ったラーメン屋が衝撃的だった

744: 名無しさん@おーぷん 2014/07/11(金)13:43:20 ID:rOUaOYvyj
高校1年の時に片目が見えなくなったことだな。
陸上部に入ってたんだけど、夏休みに合宿があったんだよね。それで最後の日にみんなで花火をやったんだけど、
先輩に突然右目の前に花火を脅かすように持ってこられたんだけど、友達としゃべってて全然気づいてなかったから、
本当にとっさのことで、ものすごくびっくりしたんだけど、突然右目が見えなくなったんだよね。

360: 名無しの心子知らず 2012/09/17(月) 00:28:28.65 ID:Bf58sCDx
キチというか本物病気ママさん引っ越したと聞いたので厄落としに。

入学式にパールのピアスをつけて行ったら、同じクラスになった小綺麗でブランドでかためたママさんに褒め言葉もらった。
(偽パールなんだけど垂れ下がるタイプで気に入ってたので、白系スーツに合うかなとつけていった。近くの雑貨屋で2千円しなかったもの。)
ありがとうございますと言って、どんな先生なんでしょうねと話題を変えてもピアスのことばかり。

216: 名無しの心子知らず 2012/02/25(土) 09:32:15.71 ID:2jdJRIkQ
うちは薪ストーブ使ってる。ちなみに西日本だからセシウム問題は関係ない。
年間5トンくらい薪使うので、斧はもちろんチェーンソーもある。
普段は斧もチェーンソーもかぎのかかる倉庫の中でさらにかぎのかかる棚の中で
保管している。
上にもあったが、チェーンソーは世界一危険な道具といってもいい。刃は触るだけで
ざっくり切れちゃうし、それが秒速20Mでぐるぐる回ってるんだから、取り扱いは重要。
私もあまり触らせてもらえない。使うときはチャップス安全靴等完全防備で使う。

そんなチェーンソーと斧を取ろうとした近所の泥ママ。

430: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/23(木) 17:16:35.64 ID:DHf6RG+J
子供のころの話だが

うちの親父は農家のせがれのくせして、めちゃくちゃ頭が良かったらしく
太平洋戦争ではめちゃくちゃ活躍して勲章をすごい貰ってた
戦争経験してる世代の親ってのは、すげぇ怖かった

595: 名無しの心子知らず 2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:/S507ASr
近所のデパートのフードコートで3DSでモンハンしながら注文品を待ってて
出来上がりのベルが鳴ったから、3DSを一度はカバンに……置いたが、何だか嫌な予感がしたので、DSだけサッと持ってから取りに行ったら
俺の席に置いてあったカバンを、両手突っ込んで全力で漁ってる金髪の痛々しいギャルママみたいなのと思い切り目が会ってしまった……

338: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/11(木) 08:16:53.91 ID:2mM5fPLS
個人的には修羅場じゃないけど大家さんが修羅場った話

大学生の頃、同じ学科の友人(今後Aと表記)が大学の自治会という胡散臭い団体に入っていた
どんな活動をしている団体なのか不明で、俺は未だに良く知らない
Aがそこの入った経緯も知らないが、授業中、「活動が大変。なんで大学まで我慢して勉強してきた
のに俺だけこんな目に遭うんだ。」などと愚痴っていた
Aは男子だけの進学校出身で中学高校と殆ど遊ぶことなく勉強に邁進して入ってきた学生の鑑のよう
なやつだったが、その分大学に入ったら思いっきり女と遊べると思っていたらしい

89: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/12(月) 19:53:37.76 ID:dNEeo2GQ
先に謝っておきます、凄く汚い話です。
生まれて初めて彼氏が出来たばかりだった頃の話。
私の家の近くの部署に3日ほど助っ人頼まれた彼から、その間だけ滞在させて欲しいと頼まれ快くOKした。

このページのトップヘ