衝撃的

103: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)12:47:47 ID:pC9
実の妹と縁を切った時の心の修羅場。
妹は結婚と同時にかなり遠方に行ってしまって帰省は2年に1回。
生活はあまり楽ではないみたいで、帰省費用が大きな負担らしかったのでそれも仕方ない。

母が事故で急死し、ひとりになった父がみるみる元気が無くなり
旦那の理解もあって同居を開始した。
マンション暮らしだったけど客間を父の為に空けてくれて。
実家は元々が小さな建売だったし古いし田舎だし二束三文みたいなもんだったけど処分した。
処分する前に妹に報告した時、実はちょっと引っかかる言葉があったんだ。
「売ったお金は何に使うの?お姉ちゃんが使うわけじゃないよね」って。
売ったお金は当然父のものだって話はしたけど、嫌な言い方するなーって思った。

それから5年後に父が倒れて、更に2年後に亡くなったわけだけど
その間も妹は2年に1度1時間程度顔を出すだけだった。
もう実家が無くなってるのでそれは仕方ないとは思うけど、たまに父の様子を電話で知らせると
お金を出せなんてこれっぽっちも思ってないし言ったこともないのに
「金がない金がない生活苦しい生活苦しい」と言われて、暗に牽制されてるような気がして嫌だった。
そんなふうだったにも関わらず、父が死んで相続の話し合いの時に
300万ぐらいの貯金しか残って無いのに、それの半分を要求されたときは
なんとなく予感はあったとはいえやっぱりショックだった。
おまけに全く関係のない妹の旦那が「そんだけしかないのかーわざわざ来ることも無かったな」とか言い出して
それを聞いた妹が「本当にこれだけなの?」って私に聞いてきた。
「そうだけど、相続折半するなら葬式代も半分出してね」って言ったら「そんなお金ない」だと。
「じゃあ葬式代半分差し引いて振り込んであげるわ」って言ってやったら妹の旦那が怒って帰っちゃった。
「あの人怒らせてどうしてくれるのよ!」って言われたけど知らないよ。そっちでやってよ。
なんかもう、旦那の前でこんな妹を見せることが情けなくて恥ずかしくて堪らなかった。

713: 名無しさん@おーぷん 2017/06/10(土)20:02:41 ID:v3P
以前夜勤明けに少し遊びに行こうと思い、山近くにある運動公園の駐車場に車を停め
後部座席で仮眠取ろうとしていたら
オッサンが一人山の方から走ってきて、慌てた様子で辺りを見回していた
偶然オッサンと目が合ってしまった途端
オッサンは物凄い勢いでこちらに走ってきて、ドアノブをガチャガチャ窓をドンドン叩きながら
「開けろ!開けろ!早く!」と叫び始めた
いきなりそんな勢いでそんなこと言われてもなんか怖いし
乗ってたのはワゴン車で、後部座席は部屋みたいに改造して綺麗にしてたので
何やってたのかは知らんが小汚いオッサンを乗せたくなかったので
首を振って駄目だと伝えたが、オッサンは変わらずなぜか山の方をチラチラ見ながら開けろ開けろと騒ぎ続ける

3: 1/3 2016/03/07(月)19:07:38 ID:Fu4
うちの義兄嫁は子供が本当に好きで欲しがっていたのに、病気で子宮を取ってしまったので
自分の子供を持つことができない
義兄はそれを承知で結婚して、私たちとも普通に親戚付き合いをしていたんだけど
そのうち私に子供が生まれたら、どうしてあんたみたいな女に子供ができるんだ!と襲われた
私が12針、夫が4針縫う怪我をして、危うく子供も怪我をするところだったので、それ以来絶縁
義兄は平謝りで、ここで義兄嫁を見捨てることはできないからと、義兄嫁を連れて遠方に
転勤していって、義実家とも連絡を絶っていた

その義兄嫁が先日、3年ぶりにいきなり私宅に現れた
義兄嫁と気づかずにインターホンに出たら
「お久しぶり~、うちの娘を迎えに来ました」
って満面の笑みで言われて、私も夫も冷や汗かきながら、頭の中???状態

話していて支離滅裂だし、とにかく様子がおかしいと義兄に連絡をするも、
どうも以前と携帯電話の番号が変わっていたようでまったく連絡がつかない
義実家に連絡してみても、そちらも同じ状態で連絡先がわからないと言う

230: 名無しさん@おーぷん 2016/09/17(土)16:20:19 ID:UQB
自分が二十歳の時に母が他界してからしばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。
初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。
お世辞にも兄、姉と比べて良い息子だったと思えなかったし、勉強もあまり好きな方ではなかった。
母には迷惑ばかりかけてしまったんだけども、そんんな事は気にしていなかったようでホッしたのも束の間

494: 名無しさん@おーぷん 2016/11/11(金)21:18:37 ID:5hA
修羅場だったけど結果的に嬉しいことになった
今日の帰り、優先席に座っていたら50代ぐらいのサラリーマンっぽいおじさんに絡まれた
なにか怒鳴ってる様子だったけどよく分からなかった。耳がほとんど聞こえないから
若者である私が優先席に座っていることを責めているのはなんとなく伝わってきた
『車内で地震や事故が起きた時に聴覚障害者として誘導してもらいやすいように優先席に座れ』
って親にも先生にも言われてるんだよね
それに席はかなり空いてたのに
よく聞こえなかったのは事実だから首をかしげて笑っていたら腕を掴まれた


531: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)17:45:39 ID:5QI
職場の先輩と1年半付き合ってたんだけど、ある日突然別れを告げられた。
「なんかもう無理っぽい。俺ら合わないと思うし」って言われて
別に喧嘩したことも無かったのにワケわかんなくて理由を聞いても
「とにかく無理」って具体的に話してくれないから
他に好きな人でもできたのかなぁって、ショックだったけど受け入れた。
で、その事を仲のいい同僚に愚痴ったら、その同僚の彼氏(同じく社内恋愛)が
さりげなく飲みに誘って理由を聞き出してくれたんだが、
私のことが嫌になったと言うその理由を聞いて脱力した。

262: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)09:54:36 ID:RWG
結婚式直前に破談にしたことがある。
彼は兼業農家の次男坊で、実家の広い敷地の片隅に新居を建ててくれることになっていた。
母屋には長男夫婦が同居していて、母屋と新居は10mぐらい離れている。
詳しいことはよく知らないけど、その村ではそういうのが普通なんだって。
で、結婚式の一週間前、嫁入り道具搬入の為に新居に向かったら
なんか新居にカーテンかかってるし、玄関先には鉢植えが並んでるし、
あれ?と思って玄関入ったら普通に人が住んでるふう。
ビックリして彼の名前を呼びながら母屋に走ったら彼の眼が泳いでて問い詰めたら
父親が出て来て「荷物はこっちに入れてくれ」って言うんだ。
「事後承諾で悪い悪い。向こうの家には長男夫婦を住まわすことにした」って。

115: 名無しさん@おーぷん 2016/09/14(水)19:03:59 ID:4ZV
人には絶対言えないし、文字通り墓場まで持ってくけど、昔変質者狩りをしてた。
当時都内の住宅地で一人暮らししてて、深夜の散歩が趣味だったんだけど住宅地ってほんと変質者多い。
だから護衛と急な雨降りに備えてビニ傘持っての散歩が標準装備だったんだけど、変質者とエンカウントする時は「大きな声をすぐに出す・即携帯で通報・把握してる最寄りの交番までダッシュ」を徹底してた。
で雨の日の夜に傘さしながら散歩してたら、横路地から急に人が飛び出してきた。
そいつが全裸だった。でも靴下だけ履いてる。
そんな人間に初めて会ったのと急に人が出てきてびっくりしたのが相まって、妙に笑えてきちゃって、さしてた傘を前に突き出して全裸男をツンツン突っついた。
正確には開いた傘だからぼよんぼよんって感じだったけどその感触が楽しいわ、全裸男は「うわっ、え?なに?」とか情けない声で言うしもう楽しくって。
その日からエンカウントした変質者は傘でつつくことにした。毎晩楽しかった。

8: 1/3 2016/03/07(月)20:00:58 ID:FdA
最近ようやく解決した話です
フェイクと伝聞入れたらつじつまが合わなくなってしまいましたが
やったことやられたことはフェイク入れてません

登場人物(当時の年齢)
父、母、(兄がいますが全く関わってません)
姉(37)
義兄(45)
私(25)
義兄妹(37~39)
義兄妹旦那、娘、息子、息子(小学~中学)
義兄父、母

姉夫婦は外国で出会って、そこで結婚した
知り合うきっかけが同郷で、話すと当時校区も隣で、世間は狭いという馴れ初め
姉とは年もかなり離れていて、しょうがっこうにあがるころには
留学していたので姉妹という感じはなかった
海外挙式だったため、結婚式も高齢のペットがいたため、私は家に残り
両親と兄と兄のお嫁さんが結婚式に出席した

それから何年か経って、姉夫婦が戻ってくることになった
母が何の気なしに姉夫婦に区画整理されて、新しいマンションが建つと話をしたかららしい
あとから聞いたが、老後も外国で過ごすか日本に戻るか丁度悩んでいたらしい
半年後、突然マンションを買ったから日本に帰ると言ってきた
実際にはそれから半年後に帰ってくる予定だと言っていた

129: 名無しさん@おーぷん 2017/04/29(土)22:27:25 ID:u5X
昔、映画館行ったら隣に今時っぽいカップルが座った。
あんまり顔は見えなかったけど、今風の爽やかカップルだったと思う。話しぶりからデートだなと分かった。
彼女の方が私のすぐ隣に座った。
映画終わった後、エンドロールの所で彼氏が「予約の~(聞こえなかった)の時間あるから早く出よう」みたいな事をコソコソっと言った。
彼女は「待って~ちょっと荷物が…」みたいな事言って、暗い中足元の荷物をごそごそ。
「ごめんね~行こう」と、すぐに二人は出ていった。

このページのトップヘ