衝撃的

367: 名無しさん@おーぷん 2016/09/29(木)21:14:56 ID:xay
中学の時、ちょっと変わった同級生の男の子(A)がいた。
Aは例えば体育の授業でソフトボールをやると、自分がピッチャーじゃないと気が済まない。
他のポジションを与えると大声で文句を言い、思い通りにならないと泣き叫ぶ。
仕方なくピッチャーをやらせれば、打たれると同じようにキィィィィ!!となる。
ドッヂボールをやると執拗にひとりだけ狙った。その子はクラスで一番身体が小さい女の子で
毎回その子を明らかに狙っている。泣かしたこともあった。
その子が可哀想で、みんなで囲んで守ったこともあった。
そして自分がボールを当てられると激高してボールを遠くに蹴り飛ばしたりする。
とにかく我儘で自分勝手で協調性がない。
そのくせ勉強だけは学年トップだった。たぶんこれも一番じゃないと気が済まないんだろう。
今思えばなんらかの障碍だったような気もするが、当時は“勉強はできるが関わりたくない子”と思われていた。
3年生になっていよいよ受験一色になってきた頃、トップが入れ替わった。
これまで不動の一位だったAはトップを奪われたどころか3位だったか4位だったかまで落ちた。
(ちなみにうちの中学は上位20位まで廊下に貼り出していた)
そこから登校拒否が始まった。
先生たちは一生懸命説得に向かっていたが、私たちは正直言って受験のことで頭が一杯だったし
むしろ平和になったわ~って感じだった。
Aには悪いけど、いつもいつAが癇癪起こさないかとヒヤヒヤしてたから。
結局留年にならない程度には登校していたが、成績はどんどん下がり志望校も滑り止めもダメだったらしい。
以来Aがどうなったか話題になることもなかった。

成人式のあと、中学のクラス会があった。
前以て案内があって、卒業した中学の教室に集まることになっていた。
そこで初めて幹事からAが亡くなっていたことを知った。
幹事も案内状の回収で初めて知ったそうだ。
最初こそ微妙な空気になったものの、次第に久しぶりの再会に盛り上がるクラス会。
その会場に突然知らない女性が現れた。Aの母親だった。
そして誰の案内もなく唐突に挨拶が始まった。

459: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/29(木) 00:19:06.27 ID:9uwigemf
ちょいマザコンの元夫から母親を奪って刺されたこと
自分は某医療系研究者で子供二人産んだ時に
先輩と入れ替わりでアメリカの大学の研究施設への留学を打診された
当時、夫実父は亡くなって夫実母と私たち夫婦は同居して
子供は夫実母が見てくれてて私は働けてた

留学の話をしたら夫はウキウキで行ってくれば!と言ってくれた
まぁ後で分かるんだけど、この時既に不倫されてたんですけどねw
夫は騒がしい子供が居ない上に、母が居れば生活は問題ない
不倫相手と好きなだけセックス三昧できるから大喜びだったと思う
唯一の計算違いは夫実母が外人のベビーシッターに孫や嫁を任せられない!と
私の留学先に夫実母が付いてきた事
私は家事もしてもらえるし子供も見てもらえるしで夫実母には感謝しかなかった
子供がアメリカ内の幼稚園に通うようになったら暇になった夫実母に
地元大学のラングレッジ・ティーチング・センターで英語教室を進めた
夫実母は勉強好きで大学進学志望だったが時代もあり、
女子短大卒でそのままお見合いして専業主婦な人だったから
本人が勉強が楽しくて楽しくて仕方ないらしく
毎日夜遅くまで英語のテキストの復習してたし
アメリカ生活が合ってるのか公園で子供つれてピクニックしたり
地元のキリスト教教会の祭のボランティアに行ってロックバンドのハレルヤ聞いたり楽しんでたし
私より地域の地元民と仲良くしてたし、
地元民御用達のショップで古いカーテンみたいな花柄のワンピース買ってきて地元民に染まってた
そんな頃、夫の不倫相手が配偶者に不倫バレ&妊娠
私のところに私の職場経由で連絡が来た頃には泥沼化してた
不倫バレで完全に冷めてたし私は関わりたくなかったので代理人と弁護士を立てて離婚協議し

411: 名無しの心子知らず 2013/05/09(木) 08:02:06.68 ID:gQyB6dQd
ちょっと吐き出す
おもちゃ屋をやってるが、遊戯王とかのカードパックを選んで買う”サーチ行為”ってのがある
おとなしいもので勘で選ぶとか、オカルト的なもので重さの違いがわかるとか
悪質なものだと良い(高級)カードは加工が違うので、曲げれば手応えが違うと袋ごと曲げる(シワが入るんで買ってくれなきゃ困る)
最悪なのがパックの表面を爪でこする(論外)、俺の見てない隙に一部を破って中身を確認する(買わなきゃ器物損壊)等がある
この時はキチママ関係無かったが、大学生とか社会人に悪質な奴が多かったんでうちの店ではサーチ禁止してた

65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。
まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

215: 名無しの心子知らず 2012/04/19(木) 19:55:48.41 ID:wa4wDVWu
先週、うちの小5娘が友達(A子とします)の誕生会にお呼ばれして、1500円分くらいの
ファンシー系の文具を買ってラッピングしてもらったものを持たせて行かせた。

午前11時集合で、自宅に帰ってきたのが13時半頃だったんだけど
誕生会で口にしたものはクッキー1枚だったらしい。
娘の他にも4人くらい友達がお呼ばれしてたらしいけど、全員がクッキー1枚ずつ。
お昼の時間になると娘とその他の友達4人は家から追い出されその家の近所の公園で
待ってるようにA子に言われたらしい。
1時間程公園で娘&その他友達と遊んで時間を潰していたら、A子が呼びに来て
A子家に戻るとホールケーキがテーブルに置いてあり、A子ママから
「A子ちゃんにみんなでお歌を歌ってくれる?」とお願いされ、娘&友達でハッピーバースディ?
の歌を歌わされ、ケーキも出されず「今日はありがとう」とクッキーを1枚ずつ渡され帰らされたらしい。

なんかもやもやした。

703: 1/2 2012/04/30(月) 01:07:16.84 ID:9vNZsnff
投下がないのでお茶請けにでも
数年前、SCの衣料品売り場の繁忙期短期バイトに行った
ある日レジに5歳くらいの女の子がフリフリのパニエ内蔵のスカート持ってきて財布の中身を見せる

しょんぼりして「このスカートがほしいんですけどぉ、おかねがたりませぇん」
財布の中には小銭がジャラジャラと「200円くらいあるかな?」ってくらいしか入ってない
スカートは6800円くらいだった

女の子「おかねがたりませぇん、どうしたらいいですかぁ?」
私「えーと、お母さんは?」
女の子「おかあさんはあっちですー、おかねがたりませぇん、このスカートがほしいんです~」
そう言われても「じゃ、私が足りない分出してあげるねっ☆」とか「じゃあ、200円にしてあげるっ☆」なんて言える訳ない、短期バイトだし

私「ごめんね、私は力になれないからお母さんに言ってね、買ってくれるかもしれないよ」
女の子「わかりましたぁ~、お母さぁ~ん」(走っていく)

小さいのに丁寧語が使えるし、売買の仕組みを理解して欲しいからって未清算のものを店外に持ち出さない良い子だ~(・∀・o)と思った

475: 名無しの心子知らず 2012/04/24(火) 12:46:46.76 ID:J3Bp6IrW
数家族で食事会をしたレストランでランチセットを頼んだ時
子供は付いてきたパンを1個しか食べず、私はその残りの2個を食べた
結果、私の分のパンは3個全て残ってしまったので、お店の人に持ち帰りようの袋をもらえるか頼んだ
するとAママが「そういうのネットではセコケチって言うのよ、恥ずかしい」と鼻で笑った

276: 名無しの心子知らず 2012/04/20(金) 12:00:23.54 ID:spJa/czb
流れを読まず失礼。フェイク込み。

私は趣味でハンクラ(ビーズアクセサリー)していて、それ関連のブログもやってる。
同じビーズ趣味で隣市に住んでるAママとブログを通して知り合い、仲良くなった。
どうやらAママは自宅でハンクラ教室をやっているらしくて、
ビーズ教室と洋裁教室をやっているとのこと。
(教室といっても1回あたりの生徒数は1人か2人。多くても4人位しかとらないとAママは言ってた)
前々から洋裁に興味があったので、昨日行ってきた。
もちろん参加費用(材料費込み)はきっちり払ってからの参加。
午後1時開始で、その時の生徒は私だけだった。
Aママは教え方も上手で楽しかったのだけど、3時ちょっと前に作品を作り終えたら
「お茶にしましょう」とAママがお茶を出してくれた。
有り難く飲んでいたら、「…ねぇ、手土産は?お菓子は?」とAママが言ってきた。
え?ってキョトンとしていたら、人の家に行くときは手土産持参が普通でしょ、
教室が終わるのが3時近くになると分かっていたなら、お茶に合うお菓子持参して気を利かせるのよ
とか何とか言われて、ますますキョトンとしてしまった。
そりゃあ普段誰かの家に行くときは手土産持って行くけど、
今回は教室が目的だし、普通は教室に手土産持参するのか?
ていうか3時近くに終わるのは分かってたけど、お茶が出るとか聞いてない。
混乱して「あ…そうなんですか?」って言ってるうちにA子のお迎え行くから、と
なかば追い出されるようにして教室は終わった。
モヤモヤしたまま昨日の夜Aママのブログ見たら、私が参加した教室の様子をうpしていて
「本日の参加者は○○さん** とても楽しい時間でした(^-^)」
と、何食わぬ顔で書かれていて更にモヤモヤ。
一晩たってもスッキリしないので吐き出し。

652: 名無しさん@おーぷん 2015/01/16(金)10:35:05 ID:tMs
大学四年のときに付き合った男が仕事の都合で県外に長期出張する事になり、私達は遠距離恋愛に。
最初の頃は電話やメールを頻繁に交わしてたけど、ある日突然連絡が取れなくなった。
着信拒否はしていないが、電話にも出ないしメールも返ってこない。
長期休暇に彼の住んでいるところに凸するも別の人が住んでた。
彼のご両親に聞いてみたら、私をストーカー扱いなさったので(彼が何か言ったのか?)色々諦めてお別れメールを送りました。返事はありません。
それから5年たって、私は別の男性と結婚。すでに赤ちゃんもいた。
そんなときに音信不通になって別れた元彼が私の実家に凸してた。
婚姻届を出そうとしたら受理されなかった!652が既婚ってどういうこと!?と怒り心頭だったらしい。

227: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)23:12:10 ID:yW4
書き捨てる。

姉妹2人、親には虐待されて育った。何を決めるにも
「自分で判断すると失敗する、母親の言う通りにしないと失敗する」
という呪いをかけられた。
従わないとき、失敗をしたときは暴力制裁だった。
竹定規、椅子、蝿叩き等を掴み、それが壊れるまで私を叩いた。
避けたり悲鳴をあげたりすると余計ひどくなるので
じっとして声を殺して時間が過ぎるのを待った。
朝でも夜でも無関係で、母親の機嫌が悪い時は
眠っていても叩き起こされて理由をつけて殴られた。
父親はずっと空気だった。

私は次第に母親の傾向と対策を学び
出来る限り母親の気に入る服装、髪型、態度、表情、言動、成績を
キープするようにした。
「洗脳完了」「ごますり」と言えばその通りなんだけれど
何より私は殴られない生活が欲しかった。夜に安心して眠りたかった。
すると少しずつ母親の私への暴力が減り、会話が通じるようになった。
やっと家で安心して過ごせる、と嬉しかった。

しかし2歳離れた姉は違った。
母親が筋の通らない理由で怒鳴り散らしている時は必ず反論した。
そして余計に母親を怒らせ、もっとひどく殴られていた。
妹と違って自分の思い通りにならない姉に、母は常に苛ついていた。
姉は折檻されながら、泣きながらでも
自分が正しいと思うことを主張していた。

正直、当時の私はそんな姉にイライラすることもあった。
私にとって重要なのは「母親が怒るか怒らないか」だった。
なぜ姉がそんなに些細なことにこだわるのか、
勝ち目のない争いを続けようとするのか理解できなかった。
母の機嫌が悪くなると私まで殴られるから
お願いだから母の機嫌を損ねないでくれ、と姉に訴えたこともあったが
姉は変わらず母を怒らせる態度を取り続けた。

それでも私なりに母の機嫌を損ねない表現で姉のフォローをしたり
姉を許してくれるよう母に頼んだりもした。
お互いの失敗が母にばれない様に隠し合ったり、
母が不在の時は姉と愚痴を言い合ったりして、
私にとっては姉は戦友みたいな感覚だった。

決して姉を殴る母に加勢などしたことはなかった。
母を刺激しないように母の側に立ちながらも
母の興味を別のもので引いたり注意をそらしたりして
なるべく姉を守れるように立ち回っていた。
そういうつもりだった。自分の中では。

このページのトップヘ