衝撃的

660: 名無しさん@おーぷん 2015/08/14(金)13:35:39 ID:oOD
昨日の修羅場
私はバツイチ子ナシで東京で悠々一人暮らし中
でも離婚の時にもめて、成立まで時間がかかった
そもそも旦那とはすれ違いで、何年も口をきいてなくて
なのに離婚したくないとゴネられた

離婚成立後、それまで一応既婚者で彼氏も作れなかったので
ぶっちゃけ弾けてしまって、朝起きたら横に知らない男・・・とか何度かあった
束縛も嫌だし自由でいたいから彼氏は作らなかったけど
セフレが何人かいた
その過去のセフレの一人(A)が衝撃だった

Aは見た目イケメンでお洒落で背も高くて体も鍛えてて
モテるだろうし彼氏にしたって申し分ない男性だったけど
のらりくらりとかわして、とりあえずセフレにした

284: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)18:32:08 ID:ct7
キューピッド役大好きなA子とB男のカップルがいた
以前から「紹介する!紹介させて!」と言われ断っていたのだが
「一回だけ!駄目なら駄目でいいから」と拝み倒され
あまりにしつこいのでちょっと怖くなって
その「一回だけ!」をこっそり録音した上で、「一回だけね」と念押ししてその男性に会った

男性C男はルックスはフツメン
ただし眼鏡がフケだらけ、頭髪べっとり、虫歯多し、爪が真っ黒、クチャラー
C男語録
「女に物欲があると引く」
「金銭欲、性欲があっても引く。女の欲望で許せるのは食欲と睡眠欲だけ」
「女に意思表示されると引く」
「彼氏ができたら女は彼氏以外何もいらないくらいの気持ちになるもの」
「女に学問、仕事、金、選挙権、思想は無用」
どうせもう二度と会わないので反論するのも面倒だと黙って聞いた
あとでA子に聞かせるため録音だけしておいた
C男はもう一軒行きたそうだったが「門限がある」と言って解散した

613: 名無しの心子知らず 2013/09/30(月) 17:55:01.54 ID:AayZpqqZ
子供を盗もうとした泥ママ(?)と遭遇してしまった

前にスーパーで働いてたんだけど、よく子連れが来るんだよね
新興団地が周りに多かった土地だったし、小学校や幼稚園なんかも
あったからそれはもう子連れが多い事多い事

ある時一組の親子が来店して、しばらくしたら子供だけ
お菓子売り場行ってくる!と走っていった
母親も「一個までだからねー」とか言っててどこのスーパーでもよく見る光景だった
しばらくして子供が母親を見失ったのか「おかーさーん!」という声が聞こえた

その直後店内に用事があったからウロウロしてたんだけど、
さっき見た子供が全然違う女性に手を引かれてるの
子供は泣いたり叫んだりもせずにただ引っ張られてた

あれ?さっき見たお母さんじゃないよな?と思ったけど親戚だったりしたら
苦情になりかねんので何も言えずにいた
で、そのうち私も持ち場に戻って仕事してたら
自分とこの部門に来た(パン屋だった)ので
子供に試食を差し出しながら「お母さんと買い物?学校は夏休みかな?」と言ってみたら
(背格好からして幼稚園の年長さん~小学校1年生くらいだったが
小学生が幼稚園児に間違われるとショックだろうからいつもこうやって聞いてる)
子供が女性の手を振り払って私の後ろに隠れた

42: 名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)20:57:15 ID:y2l
両親が熟年離婚寸前で揉めていて修羅場。

うちの両親は、末弟が大学卒業したら離婚すると12年前から決まっていた。
間に弁護士通して、行政書士に書類も作ってもらって完全に決まっていた。
親父は中小企業の営業。おかん県職員。
どっちもまあまあ高給取り。

夫婦仲に亀裂が入った原因は叔母。親父の妹。
この人が曲者で、親父が甘いのを知ってて我が家に入りびたりだった。
金借りて踏み倒したり、おかん所有の金目の物を盗んだり
おれら兄弟の部屋からおもちゃやカードやゲームを従兄のため盗む等々、無茶をやってくれた。
おかんとおれらが怒っても親父は叔母をかばい
最終的にみんな親父を見はなした。

649: 名無し 2015/08/14(金)01:42:52 ID:3rm
叩かれ覚悟で書きます。
少し長くなるので分けます。

数年前、私は妻子ある男性と不倫した。
相手は取引先の営業さん。
子供二人(0歳と10歳)、奥様と暮らしている普通の人。
彼から「嫁とは離婚するから…」と浮気糞ヤローのテンプレ台詞を並べられコロッと落ちての事だった。

交際を始めて一ヶ月がたったある日の夜中、彼から突然の呼び出しが。
慌てて待ち合わせ場所へ行きそこで「元カノが妊娠した」と聞かされた。
元カノがいたなんて聞いてないし、しかもよくよく聞いてみればまだ元カノと関係が切れてなかった。
要は三股かけられてたって事で私パニック&ドン引き。
しかし彼は「愛してるのはお前だけ。元カノは流産させる。手段は選ばない」
と犯罪を示唆するかのような発言。
更にドン引き。
恋愛偏差値マイナスの喪女はどうしていいか分からず、その日は話だけ聞いて明け方帰宅した。

後日、ひょんな事から彼の嫁が私の友達と同じ会社に勤めている事を知った。
しかも彼嫁と友達、同じ部署で結構仲が良いらしい。
その友達から彼嫁経由で色んな話を聞き出したところ、ドン引きは恐怖に変わった…

479: 名無しの心子知らず 2013/09/29(日) 08:55:06.71 ID:VGRhJcw8
書き捨てるのでごめんね。
近所のママ友Aさんは、マスコットなんかを作るのが趣味で、
頼むといろいろ作ってくれるし、バザーなんかもたくさん出してくれる。
もちろん材料費プラスアルファを渡している人がほとんど。

先日の台風の時、B娘さんのつけていたAさん作のバレッタが雨で壊れたそうだ。
直そうと思って全部剥がしたら、赤い字で「呪」と描かれていたのを発見。
Aさん作の小物、全部に隠れたところに縁起の悪い文字が描かれていた。
クレクレしていたCさんのだけとかなら同情するかもだけど、バザーで買ったのとか
材料費プラス仕立て代プラスお礼のお菓子まで渡していた人のにもあるし、
Aさんが注文をとる形で作って貰ったものまであった。

今日、証拠を持ってAさんとこに皆で抗議に行く予定。
勢いで解体しちゃったけれど、子供が大事にしているお気に入りが殆どなので、
どう説明すればいいのやら。本当に腹が立つ。母親のやることじゃないよ。
どこか壊れているんだろうと思ったので、ここに書きました。

406: 名無しさん@おーぷん 2015/06/23(火)11:41:54 ID:oby

私はいわゆる放置子だった。
お父さんは気が付いたらいなくなってて、お母さんとふたりで暮らしていた。
お母さんはだいたいいつもお酒臭くて、ときどき男の人を連れて帰ってきた。
男の人が来ているときは、雨でも夜中でも外に出されてつらいけど、
その後は、しばらくお母さんの機嫌が良くなるから助かってた。

小学三年生の冬、お母さんに彼氏ができた。
今までの男の人と違って、家に何回も出入りして、いる時間も長かった。
外に出される時間が多くなって、とても困った。

子供がいていい場所って案外ないんだよ。
特に夜中だと、すぐに大人に声をかけられて
「おうちは?おとなの人は一緒じゃないの?」
って聞かれる。最悪保護されて家に連絡される。
そうするとお母さんがとっても怒って三日くらい怖い。

結局、公園のすべりだいの中が夜中の居場所になった。
風がよけれて、人目につかなくて、トイレもある。
家を出されるときにちゃんと毛布と手袋を持っていくのがコツ。
できたら、なにかお菓子やパンをもらって出ていく。
ちょっとづつかじって食べると時間がつぶれて楽。

230: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)14:32:56 ID:8wO
友達の旦那さんが、親の病気を機に
「親が心配だ!兄貴(長男)はアテにならない!田舎に戻って俺が親の面倒を見る!」
と言いだした。
でも病気は命に関わりある類のものではなく、衰弱するわけでもない。
アテにならないと言われた長男はたまたま繁忙期で
親の付き添いができなかったりしただけで、別にアテにならない人ではない。
友達は「田舎に戻っても新しい仕事がすぐ見つかると限らないし
お義父さんたちも戻ってきて欲しいなんて言ってないじゃない」と渋り
旦那さんは「冷たい女だ!おまえがそんなヤツと思わなかった、離婚だ!」とヒートアップ。

978: 名無しさん@おーぷん 2015/09/02(水)09:24:05 ID:Ulm
元夫が逮捕されました。今留置所にいます。長いうえにたいした修羅場じゃないかもですが、よかったらお付き合いください。


五年前に私は十年の結婚生活にピリオドを打った。離婚の理由は、私が元夫の猫を私姉宅に里子に出したから。
この猫は、元夫が車で轢いてしまった猫だった。動物病院に連れて行ったもののそのせいで前足はびっこ、後足は片方が動かず、元夫は轢いた責任で家に連れ帰ってきた。
ここだけを聞けば立派だと思う。

ただし私たちの娘(二人)はどちらも動物アレルギーを持っていた。さらに下の子は小児喘息を抱えていたから、猫と一緒に暮らすことは初めから無理があった。
連れて来た時、そう言った私に元夫が言った言葉。
「だったら○(次女)を隔離すればいいだろう!!」
猫を隔離するのではなく、娘の方を隔離するとほざいた。この家は元々造園業を営んでいた夫祖父母から受け継いだもので、家のそばに物置があった。そこに娘を隔離させると。当時、次女は四歳。

私の反対を押し切り、元夫は猫を連れ帰ってきた。本人は溺愛しているつもりだったが、猫の世話の七割は私が、三割は長女がしていた。とうの元夫は口ばかりで何ひとつ世話をしなかった。
夫は「轢いてしまった猫を、立派に飼っている素晴らしい自分」に酔っていた。家は猫中心の生活になった。
娘たちの体調を考慮し、猫には二階の限られたスペースで暮らしてもらうつもりだった。足が不自由な子だから階段を自分で降りてくることはできないので、階段の手前に転落防止の柵を取り付けることで隔離しようとした。

夫、激怒。「こいつはもう家族なんだ!!厄介者のように扱うな!!」だって。
咳き込む娘たちに「わざとらしく咳をするな」だの、「あてつけのつもりか」と暴言を吐くように。

それでも一年弱、猫を飼い続けたのはとうの娘たちの希望だった。元々、体質的に飼えないから諦めていただけで、娘たちは大の動物好き。足が不自由で介助してあげないとトイレにも困る猫の世話を長女はいつもマスクをしてやっていた。
それが渋々とかではなくて、本当に好きでやっているのがわかる嬉しそうな顔をしていた。
あの顔を見てしまったら、「諦めなさい」とは言えなかった。

でも、本当は心を鬼にしてでも言うべきだった。思い返すたびにできるものなら当時の自分を張り飛ばしに行きたい。
最初に触れたけど、次女には小児喘息がある。

ある日、肺炎を併発した。アレルギーの咳と小児喘息が最悪の形で次女に訪れていた。
病室で呼吸困難を起こす娘の姿を見て、私は猫を里子に出す決心をようやくした。
それが私姉だったのは、姉一家(夫実家住み)は猫好きで姉夫家族は以前にも体が不自由な猫を飼ったことがあったから。里親を持ちかける前から度々うちで引き取るよと言ってくれていたので、甘えさせてもらった。
七歳の長女と五歳になっていた次女は嫌がったけれど、何度も根気強く説明した結果、里子に出すことを承知した。
これに納得しなかったのが夫だった。

娘たち泣く泣く諦めたのに、姉宅に押しかけて連れ帰ってくると、また次女を隔離すると言い出した。
当時、次女はまだ入院していた。聞き分けのない父親を七歳の長女が「パパ、しょうがないよ」って諭しているのに、聞き分けず長女を「無責任だ」と張り飛ばした。
このとき私のなかで離婚が確定になった。その場で離婚を突き付けた。
元夫は自分の考えがすべて正しいと思い込む傾向が多々あった。このときも元夫は猫が可愛いからではなく、「立派な自分」に陶酔しているだけだった。
出て行くのならひとりで出て行けと元夫は言い、口論に発展。
つかみ合いになって私が元夫を投げ飛ばした。(柔道歴十三年)
その足で娘を連れて近県で暮らす兄宅に押し掛けた。
(脳震盪起こした元夫は、姉夫に依頼して様子を見に行ってもらった)
事情を説明すると、兄よりも兄嫁のほうが親身になってくれて、当分の間置いてもらえることになった。離婚問題に強い弁護士も兄嫁に紹介してもらった。

そこからはトントン拍子に進んだ。
元夫は離婚にごねたものの、最終的に慰謝料養育費なしで合意。
離婚後は遠方の私地元に引っ越し、しばらくは平穏に暮らしていたものの……。

どこかからか私が再婚したと聞きつけたらしくゲリラ訪問してきたorz

253: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:43:28 ID:PW3
父が脳出血で急逝した。
母のことが大好きな父だった。仕事の虫だったが、年に一度必ず家族旅行に連れていってくれた。
私たち兄妹の進路について真剣に相談に乗ってくれる、真面目な人だった。
後1年で退職することとなり、倒れる1ヶ月前の正月に家族で集まったとき、
「退職金は、母さんと二人きりの世界一周旅行に使うからな、お前らは期待するなよw」
と言いつつ、すでに一人立ちしている私たちにお年玉をくれるような人だった。
父の葬儀が終わるまでは気丈に振る舞っていた母だったが、49日法要が終わり納骨が済んだとたんに心労で倒れ、
しばらく兄夫婦の家で面倒を見てもらうことになった。
私は、父の遺産や遺品の整理を任されたため、休みの度に実家に帰り、家の整理を行っていた。
面倒なお金の処理が終わり、父の書斎を片付けていたときだった。
本棚の奥に、何か隠されていることに気がついた。

このページのトップヘ