衝撃的

612: 名無しさん@おーぷん 2015/12/30(水)09:28:04 ID:E2T
旦那が夜中、急に咳き込み始めて、呼吸が止まった。
すぐ救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでの間、旦那が死んじゃうとパニックになり、もう記憶もない。
救急車にのって管に繋がれる旦那、そのまま病院に搬送されて、奥さんはここで待っててと言われて廊下で待った。
旦那の食べたもの、時間、していたことなどをお医者さんに聞かれ、もう訳がわからないまま3時頃に牛丼とポテチとキムチいため、旦那はポテチはのりしお好きなんです、あと漫画読んでて、この漫画は私が勧めたけど旦那はイマイチで、ともう意味不明。
その後気付いたら1人で病院の廊下に座ってた。
三時間たってようやく旦那のところに案内されて、管だらけの旦那が笑ってなんだお前その格好!というのを聞いてわんわん泣いた。
そして改めて自分の服装を見たら、ノーブラでわりとスケスケなTシャツ、パンツ一丁で旦那の革靴履いて、たぶん病院の人が渡してくれたであろう入院患者用のスモックみたいな服をくしゃくしゃにして右手で持ってた。ほんとなんだこの格好。
そして旦那は笑いすぎてまた酸素濃度低下、そのまま入院になった。
そのあと夜中の3時に何でそんなもの食べてるのか、そして埃に気をつけてくださいと掃除の荒さもお医者さんに指摘されて更に恥。
当時共働きで2人とも深夜2時帰宅だったので夕食が3時だった。
夏で暑かったからパンツ一丁で寝てたんだけど、その日からちゃんとズボンを履くようになった。
今でもその病院には行けない。

688: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)14:22:14 ID:ixf
修羅場スレのバイト先でわざと激辛ラーメンを作って人生ダメにした話があるが、こちらは逆に笑える方の話を。
かれこれ50年近く前の話。当時母は海に近い喫茶店で臨時のバイトをしていた。その店の名物の一つにナポリタン(正式にはそういう名前では無かったが、今で言うナポリタン)があった。
店長が少しだけ席を外した時に、1人の男性からナポリタンのオーダーが入った。
母ともう1人いた女の子のバイトは店長がいないからと断れば良かったのにオーダーを受けた。が、ここで大きな問題が。本来トマトケチャップで出すあの赤さをどうするのかを知らなかった。
実は店長が席を外したのは自宅に保管してある予備のケチャップの補充の為で、それはつまり現在ケチャップが無いということ。それを知らない母たちはあるものを発見した。

419: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)02:56:08 ID:Afi
先日修羅場に巻き込まれた話

仕事が激務で、家には寝に帰るような状態が何日も続いていた
数人で会社に泊まり込んで仕事を片付けたら朝になり
他の社員達が出勤してきた

朝礼は出たけど、徹夜で疲れていたので
上司から「今日は帰って寝ていいよ、明日も休み」と
有難い提案をいただき、会社を出た

徹夜明けでめちゃくちゃ疲れてるはずなのに
体内時計が狂ってて、眠くならない

そんな時、専業主婦の友人から
「近々ごはんでも行かない?」とLINEが来たので
「今日ヒマなんだけど、ランチでもどう?」と聞いたらOKで
ナチュラルハイのままランチに行くことになった

ファミレスで待ち合わせて、それぞれオーダーしたところで
友人が「財布忘れた!」と騒ぎだし
「ファミレスくらい奢るよ」と言ったら
その後歯医者に行くのに診察券も保険証もないからと
友人は一時帰宅することになった

ひとりでポツンと待っていると運ばれてくる料理
お腹空いてたので一人でガツガツパスタを食べてた

424: 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)09:24:32 ID:aaE
中学だったか高校だったかの頃、電車で一時間ほど離れたちょっと大きめの街でよく遊んでいた。
子供だから無謀なんだよね…新しい道を開拓しよう!と思い立って迷い込んだ地下道で
でっかい外人の兄ちゃんたちに取り囲まれてしまった。
確か痩せられるよーとか美肌だよーとかそんな事言われたと思う。結局逃げられなくて、
兄ちゃん曰くの「チョコレート」を買わされてしまった。5000円くらいだったかな
それでやっと解放されたんだけど、そのチョコレートのせいで小遣いもほとんどなくなってしまったので
しぶしぶ帰る事に。んで歩きながらせめてそのお高い外国のチョコ食べながら帰ろうと
もらった袋を開けたらまぁ、警察24時とかで見るアレでして。
芸が細かくてね、ちょっと綺麗めな紙袋の中にビニールで包まれて入ってた。そこだけは今でも覚えてる。
でその辺でものすごいパニックになった。買っちゃった。持っちゃった触っちゃった私犯罪者になっちゃった、って。
もう自分が犯罪者になったと思ったら、家にも帰れないし家族に相談もできない。
せめて自分のしたことの責任は自分で取らなきゃ、って泣きながら交番に行った。

お巡りさんは優しかった。混乱しててよく覚えてないけど、大丈夫だから、それで捕まえたりしないからって
そんな風に言ってくれたと思う
結局学生証提示して、当然そのブツも回収されたけど
泣き止んだ後に駅まで送ってくれた。
もう人のいない道には行っちゃだめだよって叱られたなw言いつけは今でも守ってる。

もう10年以上前の話。今はもう社会に出て、それなりに過ごしてきたけど
あの時ほど人生終わったと思った事はなかった。

515: 名無しさん@おーぷん 2016/05/11(水)16:44:50 ID:pg0
今となっては家族でも笑い話になる俺の修羅場
俺と母、弟、妹は血が繋がっていない。
というのも、俺は父の連れ子で弟と妹が母の連れ子
俺が小3の頃にバツイチ同士で再婚したけど、俺が中2になって
父が浮気して一人で相手の女の所に行って帰って来なくなった
当時母はそれを俺に隠していたのだけど近所のステレオタイプの噂好きオバさんから
聞かされて1人修羅場に突入した

162: 名無しさん@おーぷん 2015/09/25(金)19:39:04 ID:QZB
よその人から見たら、全然ありふれた話なんだろうけど、自分なりに目覚めた瞬間が修羅場。
実家には両親と兄。父は定年→嘱託。母はずっと専業。兄は高校中退→専門学校をはしごし続けて30越え
私は県外で働き、一応正社員。
手取り15万の給与のうち、8万を仕送りしていた。
たまに母から無心があるので、運送屋やガソスタのバイトで補填していた。
なんでかわかんないけど、いつか母が自分の頑張りを認めて
頭を撫でて、「ありがとう」って言ってくれる日が来ると信じていた。
ある日、銭湯からあがって、疲れてぼーっとしていた。
全然知らない人から、いきなり500円玉を握らされて「なんかおいしいもん食べな」って言われた。
??と思ってたら、「あんた見るたびに痩せてるから、おっかない」と言ってその人は去っていった。
体重はそれほど落ちてなかったので、再度??と思った。
でも姿見を見たら、顔が青黒いミイラみたいな女が映っていた。
「ヤバっ」と思った。

442: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)20:16:13 ID:Wmh
嫁が長男を出産したとき。
俺は義両親とともに分娩室前でウロウロしてた。
突然中から
「ぼ~く~ど~ら~え~も~ん~で~す~」
って大音量ののぶ代ボイスが聞こえた。
えっのぶ代きてるの?って一瞬無心になった。嫁だった
先生によると、まさに生まれるその瞬間に叫んだそう
看護師さん、笑いを堪えているのが見え見えだった。

2年後、次男を出産したとき。
同じように義両親と分娩室前でウロウロ。
ふと長男のときを思い出し、義両親と笑い合った。
その1分後くらいに

322: 1/2 2015/08/17(月)21:30:51 ID:c0v
自分のじゃないんだけど関わった武勇伝

去年の今頃の話なんだけど夜のラッシュ時
隣にいたおっさんが時間も早いのにいい感じに酔っ払ってて、
その横にいた大学生風の女の子に痴漢してるのを目撃したんだ

でも、スゴイ混雑で俺も身動き出来ないし
女の子も小声で「やめてください」とかしか言ってないから他人の俺が大声出すのも女の子に迷惑かけるんじゃないかと思って(恥ずかしいかもとか余計なこと考えちゃった)
そしたら俺の反対隣にいたおじさんが俺のことをチョンチョンと突いて
少し後ろへ下がれって手振りをしてきた

このおじさんがまた変な人で何か昭和の仁侠映画から出てきたみたいな格好www
着流しっていうのかな、着物で左手は胸元に入れてあったみたいww
で、何だろう?とか思いつつも踏ん張ってちょっと後ろに下がってスペース作ったら
目の前を長い棒みたいなのが振り下ろされて、その瞬間酔っ払いが絶叫www

周りの人がみんな驚いて一瞬おっさんの周辺だけ隙間が出来た時に
着物おじさんが女の子の手をつかんで引っ張って自分の場所と入れ替え、自分が酔っ払いの隣にいって
「おっさん、いい歳して痴漢なんてみっともねぇ真似すんなよw」
「お姉ちゃん、次の駅でこいつ駅員さんに引き渡すけど一緒に降りてもらえるかい?」
「(俺に)お兄ちゃん、悪いけどこのお姉ちゃんのために証言してあげてくれないか?」って言われて
「はい、大丈夫です」って返事して、次の駅で一緒に降りた
酔っ払いのおっさんは「いてぇいてぇ」ってずっとうめいてたwww

623: 名無しさん@おーぷん 2016/06/02(木)20:52:43 ID:bdW
母方の祖父の話
祖父は孫の私たちはもちろん実の子である母や伯父ですら笑った顔を見たことがないらしく、祖母に対しても「おい」とか「これ」とかしか言わない気むずかしい人だった。
そんな祖父がある日認知症を発症し、祖母と伯父嫁では介護しきれなくなり施設に入ることとなった。

祖父が施設に入ってしばらくしたある日、伯父嫁から電話がかかってきた。なんでも祖父に面会に行った際介護員の方から
・「ちぃちゃんはどこだ。ちぃちゃんが居ないと眠れない。」と言ってすすり泣く
・ちぃちゃんとは誰か尋ねると妻だと答える
・「ちぃちゃんは旅行に行っていて明日帰ってくる」と答えると寝る
と上記の話をされ、最後に「仲のいいご夫婦だったんですね」と言われたそうだ。
伯父嫁はその時は笑って過ごしたようだけど、内心パニックだったらしい。それもそのはずで祖母は「ちぃちゃん」とあだ名がつくような名前ではない。
昔の愛人の名前かと思ったが、さすがに祖母に聞くわけにもいかず伯父に聞いても「わからない」と首をかしげるだけ。それで念の為と母に電話したらしい。

203: 1/2 2015/06/14(日)19:47:22 ID:Gzg
未だ近所でも話題になる我が家の武勇伝。(主に祖父と兄)

もう20年以上前だが、当時高校生だった兄がボロボロになって帰って来た。
良くケンカをして生傷の絶えない兄だったので別段珍しい事では無かったらしいが
が、その日は何と小学校低学年位の子供の手を引いて帰って来た。
祖母と母は最初は驚いたが、その子供を見て直ぐに何が有ったか悟った。
兄が「ごめん。お袋。我慢出来んかった。」と言うと
母は「後は大人に任せなさい。ようやった。」というと連れてきた子供を家に上げた。

実はこの子、近所でも虐待を受けていると有名だった子。
母親の再婚相手の男(ヤのつく人らしい)から暴力を受け、
ろくにご飯も貰えていないのか痩せ細っていた。(当時警察は今よりも
民事不介入とかで何も対応しなかったとの事 ※あくまで又聞きです。)

その当日も暴力を受けていたところに偶然兄が通りかかり、大立ち回りの末
連れ出してきたとの事。
当然、直ぐに虐待父が家に凸してきて喚きまくる。
(かなり兄にボコボコにされた様で、痣だらけだった。)
やれ、慰謝料よこせだ俺の組が黙っていねえぞだのと脅しかけていたらしいが
母と祖母は一歩も引かず相手を睨みつけていたそうだ。
(当時見ていた近所のおばちゃんが「あれは般若の顔だった」と証言しているw)

このページのトップヘ