胸糞

583: 名無しさん@おーぷん 2017/10/08(日)08:50:14 ID:qsF
去年の夏、うちの部署のおっさんが嫁に逃げられた。

同居の母親と嫁のイザコザの際に、「母さんが家事育児を手伝ってくれるから
お前は共働きができるんだ、感謝して母さんの愚痴ぐらい笑顔で聞き流せ」
とかなんとか「嫁に言い聞かせてやって(おっさん曰く)」たら、
たまりかねた嫁さんが中学生の子供連れて実家へ。

おっさん、「女は拗ねたら面倒臭いからな。そろそろアヤしてやるかぁ」
なんて余裕ぶっこいてたら、実は着々と離婚の準備されていたらしく大慌て
おまけに、よくよく思い出したら母親はメシマズのダメ主婦だった あちゃー!
という、本人にとっては修羅場だろうけど周りはニラヲチな出来事があった。
確か、野次馬な自分はどこかのスレに報告した気がする。

でも、顛末をニヤニヤ笑って見ていた自分たちにも
天罰なのか、その後修羅場が襲ってきた。  すみません続きます

953: 名無しさん@おーぷん 2016/02/29(月)21:47:24 ID:Aaa
私と妹は3歳差。喧嘩もよくした。趣味も被っていたから毎日が楽しかった。
妹は色白で日本人にしてはやたら茶色い髪の美人。私はおせじにも良い容姿とは言えなかった。でも劣等感はない。
妹はその綺麗な容姿なおかげで寄ってくる男が多かった。妹が結婚相手にと決めたA男は上辺は善良な人間だったが、中身は糞でした。
A男が糞だとわかったのは妹が交通事故で亡くなってから。妹とA男の間に産まれた娘の親権を拒否した。
理由は借金と浮気。浮気相手と結婚したい!借金は浮気相手に貢いだからできました!養育費?無理無理w
始終こんな態度だった。
妹が借金と浮気を知っていたかはわからない。バレる前にしんでくれてラッキー!と言いたげな態度にはらわたが煮えくり返る思いだった。


91: 名無しの心子知らず 2014/11/01(土)15:51:17 ID:P8Ap3vX0s
報道されたのでフェイクが盛り沢山ですがお許しください
私が二十代の頃に実の妹に旦那を寝取られたことがある
もちろん慰謝料を双方からぶんどって離婚
昔から妹を可愛がって私をsageまくった両親は妹の味方だったよ
私は両親妹と縁を切って遠方へ逃亡
その地で別の男性と再婚して子供が産まれた
子供が中学生になったぐらいに、再婚相手が救急車に運ばれたと連絡があった
再婚相手は何者かに刺され重傷とのこと
私は発狂しながら病院にかけつけ、再婚相手の無事を祈った

再婚相手は一命を取り留め、私とファザコン気味の子供は安心して泣きまくり
再婚相手の回復後はもちろん警察が入り事情聴取だ
再婚相手は「小柄な女に刺された」と証言
これだけではなんとも・・・な感じな刑事さんたちだったが、必ず捕まえると約束してくださいました

384: 名無しの心子知らず 2011/09/19(月) 02:13:53.81 ID:e/1zV86A
旦那が急な呼び出しで、朝飯持たせて送り出したら目がさえてしまったので、投下。
先月の帰省で親に聞いた話です。又聞きの話なので、ちょっとわかりにくいかも。

まずは私が体験したエピソード。
私がまだ実家にいたころ、近所のスーパーにセルフレジが設置された。
「小さいお子様には操作させないで」みたいなことが書いてあった。
混雑時に子供にやられると更に混むからだと思う。
そこで並んでいると、「見たことあるな-」程度の近所の子連れ女性が後ろに並んだ。
子供は小学校1年生くらいの男の子でカートに乗ってる。
まず「俺がやる(セルフレジを)」と言いだし、女性が「今日はお母さんがやるから」と言うと
「っっざけんじゃねーぞババァ!」と絶叫。小さな子供の突然の暴言に時間が止まった。
「黙ってやらせりゃいいんだババァ!」と母親をバッチーん!と殴る少年。
更に周囲が固まる。私は「え?ナニコレ?この年で家庭内暴力?それとも男の子ってこんなもん?」
とプチパニック。更に「タヒね!タヒね!」とカートに乗ったまま母親を蹴りまくる少年。
でも母親は「蹴ったら痛いよ」「卵割れちゃうでしょ」とか言うだけ。
その騒ぎに横を通った子供が立ち止まったんだが、その子が手に子供が好きそうな食玩を持っていた。
それを見た暴力男児は「あれもってこい!」と母親に命令。
「買わないよ」と母親が言うと、卵を手にとって床にグシャ!
「こんなくっだらねーもん買う金あるんだろがあああ!」と絶叫絶叫。語尾が全部絶叫。
「卵がなかったらオムライス作れないよ」「うっせええええええ」
「ババアのメシくっせーんだよ!いらねええ!」「コロすぞババア!生きたまま燃やすぞ!」

397: 名無しの心子知らず 2011/05/13(金) 11:04:37.93 ID:S76mdSOs
先週の話だが、信じられないものを見た・・・
いつからあるのかは分からなかったが、近所に捨て猫(子猫)が入ったダンボールがあった
ダンボールには傘が固定してあり、中の子猫が雨で濡れないようにはなっていた
ウチで飼ってあげたいが、旦那が重めの猫アレルギーで、飼うことが出来なかった
そして見つけた次の日、心配になって捨て猫のところに行くと、近所に住むママ友が、中に入っていた子猫ごと、ダンボールを思いっきり蹴飛ばしていた
あまりの事にびっくりして、「ちょっと○○さん!なにやってるのよ!」と叫んだ
こっちに気付いたママ友は急にオロオロしだしたが、すぐに冷静になり、「ストレス解消してただけよ。悪い?○○(私)さんもやりに来たんでしょ?」
と言われた

843: 名無しさん@おーぷん 2017/09/07(木)00:27:34 ID:cST
もう随分昔の話しだが、DQNの暴力話・胸糞話なので注意。

妹の結婚式で大暴れしてた小学生のガキ2匹物理的にぶちのめして
(妹が高砂から目とアゴで「やれ」って命令すんだもん…)
発狂しながら止めにきたその親も両方ぶちのめして
止める為に向かってきた向こうの親族や会場の人をこっちの親族が止めてる時に
妹がいつの間にか司会からマイク奪ってて「うるせー!」って絶叫からの

「お前が泣いてどうしても結婚してくれって言うからしてやったのに
本当なら一生に一度の結婚式をガキに台無しにされて、
それでも一言も注意できない様な根性なしのバカ男なんかいらない。
兄ちゃんに対して被害届でも何でも出して良いよ?(さすがに「え?なにそれこわいw」と思ったが)、
でも、もうあんたとは絶対に結婚なんかしない。
それで良いな?」

と新郎に啖呵を切った妹は俺と似たり寄ったりのDQNだなぁとオモタww

面白かったのは、それを聞いた新郎が突然「うわああああああああああああああ!!」とか叫んで
自分の親族に突入、老若男女問わず手近にいるのにグーパンして
血塗れで倒れてるガキとガキ親にボッコンボッコン蹴り入れて
「謝れええええええええええ!!妹ちゃんとお義兄さんに謝れよおおおおおおおおおおお!!!」って号泣してたw
そしたら新婦だけじゃなく向こうの親族一同土下座。

式場にも釘刺したみたいで、結局警察のけの字も動かんかったわ。
田舎の本家長男て凄いのな。田舎怖いって思ったよw

そのガキ共は、その時の怪我でちょっと障害が残ってPTSDなのか対人恐怖症になって
15年以上たつのに現在も絶賛ひきこもり中らしい。
結局その新郎と結婚した妹は本家長男嫁になり、親族に何か言われたら(嫌味とか)
「わっかりましたー、兄に相談してみますー♪」って言うとみんな黙るから楽で良いわと言っている。
もうやんねーよ、歳を考えろ歳を。

俺には何の恩恵もない事と、妹に警察に売られかけたのが修羅場。
バックマージンよこせ、バカ妹。

447: 名無しの心子知らず 2011/03/14(月) 15:22:18.44 ID:ZQiGHymh
ごめん。不謹慎だけどここしか吐き出す場所が無い。気が狂いそうだ。

私の実家が被災地どまんなか。親とは連絡取れたけど友人が数名不明。
実家の場所を知っている数名のママ友や先生は、その話題に触れないか
聞いても聞き方に配慮してくれる。(嫌だけど心配してくれてる気持が見えて嬉しい)
今住んでる場所が関西の大きい地震があった地域なので、幼稚園で
義捐金やおむつなどの支援を可能な限りしたいと数名と話していた。
(もちろん支援は可能になってから、まずは義捐金)

そうしたら一人の母親が「義捐金でお金送るくらいなら、私に欲しい~(笑)」とKY発言。
みんな引き笑いでその話を流そうとしたら、ウケたと勘違いしたバカ母親が
調子に乗って暴言連発。(迷惑かけるな・ズルイなど…キチガイ過ぎて書きたくない)
その内に被災者の悪口まで言い始めたので、我慢できずに殴ろうと思ったら
私の様子に気づいた?一人のママ友が
「いいかげんにしぃや!!その言葉が誰かを傷つけたり苦しめたりしてるって
 なんで分からんの!そんな事いって何が楽しいの、アホちゃうか!!!!」と怒鳴ってくれた。

485: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)23:25:18 ID:Jve

カッコウの子は所詮カッコウなんだと思い知ったのが修羅場。
長い上に胸糞系。

私が中学に入った年に父親が若い女と浮気して男の子を生ませた。
跡継ぎ作れと時代錯誤なことを繰り返していた祖父母は異母弟を産んだ女を歓迎し、私たち姉妹と母を追い出して浮気相手を後妻に迎えようとした。
私たち姉妹の養育費を確保するために母は慰謝料を父親と不倫相手に要求し、相手方の親が払ったらしいけど、生まれた子を置いて不倫相手はどこかへ消えた。

残ったのは赤ちゃんだった異母弟。
父方の祖父母は今でいうパチンカスで両親の仕送りで生活している有様だったから赤ちゃんを育てるのはハナから無理で、育児の手ほしさなのか父は再構築を願い出た。
父が再構築を願い出てきた時、母は迷った末に了承。
母が再構築を受け入れた理由には、おそらく私たち姉妹の学費の捻出があったんだと思う。
(当時私が中学1年、妹は小学5年生。どちらも私立に通っていたし、付属だったからそのまま進学するつもりでいた。)
それまで専業主婦だった40前の主婦が働きに出ても私たち姉妹の学費にはとても足りず、母方の祖父母はすでに年金暮らしで経済的には頼れなかった。
慰謝料を分割にしても父はおそらく払わないと想像がついた。
男の子が生まれた途端に「いらない」と言われた私たち姉妹を父の元に残して離婚するわけにもいかず、母は再構築を受け入れたんだと思う。
この一連も修羅場と言えば修羅場だけど割愛する。


異母弟を育てることになって、反発した私たち姉妹を「自分より弱い命を苛めるような情けない人間にはならないで」と母は繰り返し言った。
内心腸が煮えくり返っていただろうに、母の異母弟に向ける態度は私たち姉妹に向けるものと同じで、母を見ているうちに私たち姉妹も異母弟を可愛いと思うようになった。
異母弟が中学の半ばに差し掛かるまでは仲のいい姉弟だったと思う。

異母弟が中学の半ばになったとき、父親の浮気相手だった女がふらりとやってきてそこから異母弟がおかしくなりだした。
そのころ私と妹はすでに成人して家を出ており、私は双子妊娠中だった。
後日母や異母弟から聞いた話をまとめると、
・浮気相手だった女は私母に産んだ息子を取り上げられた。
・会うことすら認めてもらえなくて、会ったらまだ赤ちゃんだった弟を川に投げ捨てると脅された。
・私とお父さんは出会う順番が遅かっただけで、愛し合っていたのに母が嫌がらせをして引き裂いた。
的なことを浮気相手は異母弟に吹き込んだらしい。

異母弟は母が実の母親じゃないとそのころには知っていた。
(お節介な父方の親族が何かの際にリークした。)
それですっかり実の母親の言うことを真に受けて、母に暴言やDⅤを繰り返すようになった。
それを止めもせず、父は加担したらしい。そこに浮気相手だった女まで混じっていたと聞いたときに、夫が止めてくれなければ私は確実にサツ人犯になったと思う。

きっかけは経済面でも再構築しているうちに母は父を許していたのに、自分が外で作った子を14年も愛情いっぱいに育てた母にどうしてそんな仕打ちができたのか。
今でも父と異母弟が信じられない。

ごめんなさい。
入りきらなかったので分割します。

464: 名無しさん@おーぷん 2014/05/31(土)02:14:38 ID:ypOvpatHH
ちょっと長いです。修羅場まっただ中。

前提。
私の姉は生まれつき手に障害がある。
訓練すれば日常生活に支障はないけど、見た目ではっきり判るような障害。
私はその姉を不憫に思った両親が、姉の将来の為に作った子供。
幼い頃から、パパママが居なくなってからは
私ちゃんがお姉ちゃんの面倒を見るんだよって言い聞かされて育った。

でも、障害以外の面で、姉は何もかも私より優れてた。
姉は美人で(仲間由紀恵似)明るくて頭も良い。
私は地味顔でネガティブで成績は平凡。
私は、小学生の頃から、こんなに可愛くてなんでも出来るお姉ちゃんの面倒を
どうして私なんかが見る必要があるのかなって疑問だった。
とはいえ、姉本人は私に優しかったし姉妹仲も悪くなかった。

姉が26才、私が24才の頃の話。
私は地味なりに平凡なりに、大学を出て就職して
職場の先輩の紹介で出会った男性(A)と付き合って
1年経ったあたりで結婚しましょうかって話になった。

Aを両親に紹介した時もプチ修羅場で、両親はAの前ではニコニコしてたけど
私が結婚してしまったら姉の将来はどうなるんだって反対された。
でも、姉本人が大丈夫だって言ったんだ。
姉も結婚を視野に入れて付き合っている男性が居るからって。
その人は収入が安定していて穏やかで優しい良い人だって。
そういう人が居るならって、両親もそれからは私の結婚に反対しなくなった。
その時は心底姉に感謝したよ。

721: 名無しさん@おーぷん 2014/07/10(木)16:37:25 ID:RVJRK3zgo
数年前に娘がトラックに跳ねられた。意識が無く重症だと職場に電話がかかってきたので半狂乱になりながら帰り支度。
上司は「早く行っておいで!」と言ってくれたので急いで廊下を走った。
すると、向こう側から嫌いな男が歩いてきた。自己中心的でわがままな男。その男が、
「私さん、15時からの緊急会議に出席してくれないか」と言ってきた。
「娘が事故に・・・」と説明しても、「それ娘の自己責任じゃん。事故だから自己責任なんつってw」とわたしの腕を引っ張ったので振り払って走った。

次に駐車場。私が停めている目の前に白いセレナがとまっていた。
急いで一階のカウンターへ行き、車を退けてもらう放送をしてもらった。
しかし、待てど暮らせど持ち主が現れない。もう電車で行ってしまおうか(駅は遠い。物凄く遠回り)と思ったらようやく持ち主が現れた。さっきの自己中心男。
「ごめんごめんw 私さんが欠席するから緊急会議なかなか抜けられなくてw」とヘラヘラしながらノロノロどかす。
私はキレながら車に乗り病院へ向かった。
しかしその道中でノロノロ運転に遭遇。追い越し不可の片側一車線の道を制限速度-20キロで走行。
横道逸れて走った。

このページのトップヘ