胸糞

729: 名無しの心子知らず 2013/10/29(火) 20:25:37.61 ID:1U/Zlmki
今日、柿泥棒が現れて撃退したので思い出した昔話。

うちの柿はおじいちゃんが丹精込めて育てた木で、すごく甘いので毎年ご近所におすそ分けして喜ばれている。
おじいちゃんが亡くなった後は、旦那がおじいちゃんに教わった通りに世話を続けて、出来栄えは維持できてました。
その年もいっぱい生って、味も申し分なく、次の休みは一斉収穫だとなったとある週末前。

深夜に『あぎゃ~~~!!』バキバキバキバキドッスン!という音が響き、旦那も私もその音にたたき起こされました。
私たちだけでなくご近所さんも次々に電気がついていき、何事かと窓から顔を出してきた。
庭を見るとでっぷりした豚が一頭転がってた…ように見えたけど、全然知らない太ましい人が木の下で伸びていました。
柿の木にはほとんど実が残ってないことと袋から散乱してた柿という状況から柿泥棒と思い、すぐさま旦那が出て行った。
私はその間に警察に連絡していると、旦那が血相変えて「急いで救急車呼べ!!」というので、警察に
「泥棒が怪我してるようなので急いで救急車もお願いします」とお願いしたところ、外ではご近所さんが騒ぎ出していました。

333: 名無しの心子知らず 2011/06/06(月) 17:19:03.02 ID:Lmr9vacp
吐き出していいかな、すげー腹立って仕方がない。
店長にココがいいよ!って教わったんだけど、間違ってたらごめんなさい。

889: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/05(月) 20:20:09.13 ID:v/WXgsDv
友達が猫を物のように私に丸投げした経緯。
数年前、私はお金持ちの家のお嬢様と友達だった。
家が近くて往き来してお菓子作ったり、家の縁側が珍しかったみたいで花火したり、買い物行ったりしてた。
彼女は親のツテで有名なブリーダーからオシキャットを飼ったと言ったので
私も見に行き、そのヒョウ柄仔猫の可愛さにメロメロになっていた。
半年くらい経った頃、彼女が「もうあの子は飼えなくなったの…」と連絡が来て
猫あげる、と言われた。

143: ローマの休日 ◆jz1amSfyfg 2012/11/12(月) 18:44:54.94 ID:rCkcRkqV
若干内容が偏り気味ですが、失礼します。
フェイクありです。

我が子を幼稚園に迎えに行った時の事です。
その日描いた絵が教室に貼ってあるからと手を引かれて見に行く途中に泥子にコートを軽く引っ張られました。
どうしたのかと思ったら、我が子と話し始め、泥が泥子を呼ぶ声がしたので「さよならを言いたかったのかな?」と解釈してそのまま絵を見に行きました。

484: 483 ◆dxrUUsYV76 2012/11/22(木) 21:57:54.95 ID:AyO0IzNT
何処に書こうか迷ったけど、発端が泥ママだったのでこっちに。
2年ほど前の話。

家の近所にある本屋は住宅街の中(すぐ近くに大きな道路はあったけどなぜか面していなかった)にあって、店の規模も大きかったので定期的に利用してた。

ある日、その本屋で本を購入して店から出ようとすると俺の少し前を歩いていた5歳ぐらいの女の子が急に足を止めてしゃがんだ。
母親らしき人もとなりにいたし、なんか話しかけているようにも見えたのでどうしたのかな?と軽く思いながらも、あまり深く考えずにその横を通り過ぎて店を出ようとした。
そしたらその子が俺のさっき買ったばかりの本の入ったビニール袋をがっしりと掴んだ。
俺はびっくりしたけど、相手が子供だったのと親も隣にいたのでしゃがんで「それ、僕の本だから返してくれるかな?」ってやさしめに言った。
でも女の子は「私の本返して」と言ってきて、母親らしき人も「私達の本返してください!!」と大きい声で俺に言ってきた。

959: 名無しの心子知らず 2014/12/18(木)19:55:48 ID:cVe
姉に人生を滅茶苦茶にされた。
姉は本当にデキる女で、小学校高学年頃から潜在能力を発揮し始めた。
私は姉とは2つ年が離れていて、何をしても平凡。良くも悪くもない感じ。
姉からはなにかと私と比べて優越感に浸り、私を詰ってた。
私があんたの年にはこれこれ出来てた。
あんたがようやくできるようになったそれは、あんたより2歳も早くできてたといちいちつっかかる。
姉の言うことは紛れもない事実でした。私が遅いのではなく姉が早い。
両親だって姉を猫かわいがりで、私なんて放置。一応食事を与えて服を着せて生きてりゃそれでいいといった扱い。
しかし私が高校生に入ったぐらいから、姉の身長を越してしまった。
姉が163cm、私が166cm。これすら姉は許せなかったらしく、縮め!と頭を叩かれた。
高校も大学も姉よりレベルの低いところしかいけなくて、(これは私の実力が原因)
姉が両親に○○大学って行く意味無いよねお母さん!辞めて働いたほうがよっぽど給料貰えるよwwと
何度も何度も言い続け、とうとう両親からあんたの大学の費用が無駄な気がするから退学して?ね?嫌ならいいけど・・・・と
本当は辞めて欲しいけど無理強いはしませんみたいな態度を取られた。
意地でも辞めたくないと思ったが、姉がいちいちあんたの大学費用さえこっちに回せたら生活が楽になるのにと囁いてきた。
胃が痛くなりストレスが物凄かった。家を出て一人暮らしも考えたけどそちらも費用がかかるし言い出せなかった。


535: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)00:28:06 ID:y2WX1eEzf
申し訳ありません、書捨てです。この場を借りて私の気持ちを吐き出させて下さい。


夫とは20歳の時バイト先で知り合い付き合い初め3年前に結婚し今のアパートに住み始めました。
夫は阪神淡路大震災で両親と三歳の妹を失ったのですが他に身内もおらず孤児院で育てられた人で
「両親や妹が天国から見守ってくれている」「両親や妹の分まで絶対に幸せになるんだ!」
と会ったバイトの飲み会で言っていました。

820: 名無しさん@おーぷん 2017/06/16(金)23:18:04 ID:n2j
寝れないのでもやもや吐き出し。
少し前、友人とファミレスでご飯を食べていた時、私たちが座っていた所の隣のボックス席に家族連れがいた。
真面目そうなごく普通の夫婦と2歳くらいの幼児、それだけみると普通の家族にしか見えないんだけど、男の隣にはやせ細った女の子が座っていた。
ボサボサの髪を雑に結ばれ体に合わないヨレヨレの子供服を着せられた5.6歳くらいの女の子。
身なりの綺麗な男女と幼児と同じ席にそんな風貌の女の子がいて、傍から見ててかなり異様な光景だった。
幼児は甲斐甲斐しく世話されて可愛がられてる様子が見れたんだけど、
女の子は水の入ったコップをずっと持って目線は下を向いていた。
そして定期的に隣に座る父親と思われる男に小突かれてそれを見て母親と思われる女は笑ってた。
もちろんその女の子の分だけ料理は運ばれてこなくて、時々「こいつ馬鹿だw」とか「気持ち悪いw」と声が聞こえた。
いかにもな虐待を見せつけられて友人共々テンションが下がりまくりで、
でもビビリで注意も何も出来ず、友人と目を合わせてもう帰ろうかと思った矢先、突然その家族の席から叫び声とコップが割れる音がした。

955: 名無しさん@おーぷん 2017/05/03(水)09:05:11 ID:74F
世の中狂ってる
親父が会社の人を家に連れてきた
そこに塾を終えた私帰宅
ほどよく出来上がった親父の会社の人
私はアルコール一切ダメなので酒臭い空間から逃げようとするが
家の作り的に会社の人の真後ろを通らなければ自室に行けない
挨拶だけしてそっと通り抜けようとしたら、いきなり手を掴まれた
「制服可愛いねぇ、胸おっきいやんか」と50も過ぎたおっさんに胸鷲掴みにされた
ブラウス一枚の夏の制服の上からおっさんに胸を揉まれて、頭真っ白になって反射的に空いてる方の手で顔面に一発入れた
相手は椅子から転げ落ちて頭打って鼻血吹いた
パニックになってたから追い討ちでカバンで殴ってしまった
そのまま救急車を呼んで搬送

744: 名無しさん@おーぷん 2014/07/11(金)13:43:20 ID:rOUaOYvyj
高校1年の時に片目が見えなくなったことだな。
陸上部に入ってたんだけど、夏休みに合宿があったんだよね。それで最後の日にみんなで花火をやったんだけど、
先輩に突然右目の前に花火を脅かすように持ってこられたんだけど、友達としゃべってて全然気づいてなかったから、
本当にとっさのことで、ものすごくびっくりしたんだけど、突然右目が見えなくなったんだよね。
なんか、眼球がひっくり返ってしまったらしい。斜視のひどい奴みたいな感じで、黒目がどこかに行ってしまった。
かんたんに言えば、まったく白目をむいてる状態になってしまった。
すぐに医者に行ったんだけど、自然に戻るのを待つしかないって言われた。戻る可能性はかなり低いって言われた。
今でも戻らない。先輩は謝りに来ず、合宿中の事故として処理され、その次の年から花火が禁止になった。
今は、伊達正宗みたいに刀のつばを眼帯にしておしゃれを楽しんでる。弱冠中二病みたいだけど、白めのまんまってのも気持ちが悪いみたいなんでね。
社会人になった今では話題作りにも役立ってるよ。
特に日本人以外の人からは結構受けがいいんだ。

このページのトップヘ