胸糞

692: 名無しの心子知らず 2010/10/20(水) 09:22:32 ID:qMG/QYXG
微妙なセコケチに合い、ストレスたまりまくり。
子どもがよその家に遊びに行く時おやつ持たせるんだが、途中で同じ家に行くセコと毎回偶然出会う。
んで一緒に行く事になる。
親はたいてい、玄関先で「5時に迎えに来ますのでよろしく~」と帰る。
セコの狙いはここ。
子ども仕込んで、おやつ交換させていた。
自分は30円ぐらいの小さめのスナック菓子1袋だけ持たせて、
上手い事言ってうちの子のお菓子と交換してから、「これうちのママからです」とそこの家のママに渡してた。
説明下手だ・・・スマン。

837: 名無しさん@おーぷん 2015/08/24(月)13:08:00 ID:T8e
10年くらい前、とある夫婦のお子さん(当時2歳の女の子)が車に轢かれた。幸い命に別状は無かったけど、片足を切断するはめになったそうだ。
夫婦宅のご近所には旦那さんの小中の同級生がたくさんおり、口々に「母親は何してたんだ」「無責任な母親」と悪口を言いまくってた。

770: 名無しさん@おーぷん 2016/01/26(火)15:30:27 ID:M6s
抜きうちで実家に帰ったら、知らん女が母の服を着てテレビ見てた時。

進学で県外へ行き、過酷なほどに多忙な職種に就いて、恥ずかしながら何年も実家に帰ってなかった。
盆も正月も帰らずたまに電話するのみ。電話はたいてい父が出て、
「変わりない」と報告だけして切る。
母に替わってもらうことはまずない。
たまたま出張で故郷の県に行く用があり、半日ほど余裕ができたので実家に寄ることにした。

122: 名無しの心子知らず 2011/09/20(火) 22:16:37.07 ID:QO+4pVt1
流れを読まずに投下。
携帯からなので読みにくかったらごめん。


二十年以上前の話。
自分が小学生の時に9歳歳の離れた兄が交通事故で亡くなった。私の兄はプラモデルオタク(ロボットもの)でアニメオタクだったので家にはその手のものが大量にあった。


突然いなくなった兄と荒れてしまった家庭のせいかわからないが兄が作ってくれたロボットと遺品の某鉄道アニメのノートが手放せなくなった時期があった。

42: 名無しの心子知らず 2015/05/17(日)11:51:36 ID:tDy
義弟(夫の弟)嫁に、義弟と浮気してるだろう!と怒鳴り込まれたことがある。
もちろん事実無根。
私は夜勤のある仕事で、義弟が外泊したという日のタイムカードを提出したり
結局アリバイが確認されて疑いは晴れたんだけど、とにかく大変だった。

464: 名無しさん@おーぷん 2014/05/31(土)02:14:38 ID:ypOvpatHH
ちょっと長いです。修羅場まっただ中。

前提。
私の姉は生まれつき手に障害がある。
訓練すれば日常生活に支障はないけど、見た目ではっきり判るような障害。
私はその姉を不憫に思った両親が、姉の将来の為に作った子供。
幼い頃から、パパママが居なくなってからは
私ちゃんがお姉ちゃんの面倒を見るんだよって言い聞かされて育った。

654: 名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火)21:31:30 ID:Ner
紅葉の季節になると思い出す私の黒歴史。
当時付き合っていた彼(私にとって初彼だった)と日光に行った。





692: 名無しの心子知らず 2011/07/04(月) 16:38:49.44 ID:MAQ6VAKf
お邪魔します。フェイク有りなのでつじつま合わなかったらごめんなさい。
多機能ペン盗られました。
私小梨、相手3歳位の子持ちママ。

SCのフードコートでうどん食べながら手帳の確認していたら、机の上に置いてあったドクターグリップをすごくナチュラルに持っていく通りすがりのママ。
慌てて「ちょっと」と立ち上がった拍子に水入ったコップ倒してママの鞄ぬらしてしまった。
「ちょっと、何するのよ!弁償しなさいよ!」と騒ぐママに、「すみません、でもそのペン私のです」としか言えなかった小心者の私。
何て言われたか正確には覚えていないんだけど、ペンは自分のものだと主張し、鞄濡らした弁償をしろと騒ぐママ。

10: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/30(月) 00:33:01 ID:q/ZoMLXV
何年か前の話。

うちは万村の一階だったんだけど、隣の部屋に泥棒が入った。
窓ガラスを割られて室内を物色され金目のものをかなり盗まれた挙句、
クーラーの効いた部屋にいた猫が何故かクローゼットから発見され、
部屋の持ち主が帰宅した時にはその猫は熱中症でタヒんだ後だったそうだ。


339: 1/4 2010/07/28(水) 13:52:04 ID:BCnSTYCr
流れきりますが。

先日アウトレットモールに夫と娘と3人で買い物に行きました。
私の誕生日が近かったので、
夫に前から欲しかったポーチを買ってもらい、
早速袋から出してかばんに入れました。

ブランド物の紙袋って堅くて丈夫じゃないですか。
夫が大きさと丈夫さに感動して、「すごい!いい!この紙袋ちょうだい!」
と言うので夫にあげると、嬉々として自分のかばんからいろいろいれてました。

このページのトップヘ