職場

161: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)20:55:16 ID:YrE
十年以上前のお話

とあるまったり半お役所会社に就職した。
公務員ではないけど、役場と仕事をしていて、社員も公務員のOBが半分くらい。
天下りというより病気とかの理由で早期退職した人の受け入れ先みたいな感じだった。
あと公務中に亡くなった人の奥さんとかも働いていた。
時代はIT化まっさかりだったが、私が入社した時はパソコンは一台もなかった。
私(A)と同僚のBとCはIT化要因として採用されていて、三人でPCメーカーと話し合いやら
見積もりやらと、これは新人の仕事なのか?ということをやっていた。
でも基本まったりとした会社なので、「急がなくていいからね~」「若いのにすごいねぇ~」
という感じでストレスフリーな良い職場だった。

が、私が入社した年度で退職する60半ばのSという人が曲者だった。
今生きてたら80歳くらいだと思うけど、元警察官で、悪い意味で「警官らしい」人だった。
横暴で話を聞かない、自分が正しいと思い込み、常に上から目線。
人のミスを見つけるとねちねちつつき回し、いさめられても
「ルールを破ったほうが悪い、それを指摘してる俺は正しい!」という態度だった。
当然嫌われていた。

SはIT化の波についていけず、この会社でもトラブル続きで、普通なら嘱託として70くらいまで
働けるところを、65くらいで退職していった。
Sの仕事は私たちABCが分割して引き継ぐことになり、もめながらもなんとか引継ぎをした。
3月には正直「やっといなくなる、いないほうが絶対仕事になる」という心境だった。

しかし4月になってからもSは頻繁に私たち三人に連絡してきた
「何か困ってないか?」と気遣うような感じなんだけど、絶対に自分から電話を切らない。
「いま打ち合わせ中なので」と言うと「じゃあ30分後にかけなおす」とか、しつこい。
Bが出勤途中で事故にあったのだが、何故かそれを知っていて、Bに連絡
「変わりないか?」「ないですよ」「嘘つけ!事故ったんだって?(笑)」などなど。
シンプルにうざかった。
しかし仕事の関係で携帯は切れないし、携帯に出ないと職場の電話にかかってくる。
また変にまったりしてるので、周りも「あらお久しぶり~Aさんね、今かわるわ~」というノリだった。
新人の身では「取り次がないでください!」とは言いにくい。

生活が落ち着いたら減るだろうと思っていたけど、どんどん増えていき、とうとう平日でSから連絡のない日はなくなった。
というか毎日2人にはかけてきた。下手すると3人全員もあった。
上司に言っても「退職して暇で寂しいんだよ」という感じでのほほんとしてる。
親しくもないジジィから頻繁に意味もなく連絡が来ることが嫌だというのを分かってもらえなかった。
まったりしている職場だったのが悪い方向で働いてしまっていた。
私たちのストレスはどんどん溜まり、毎週末三人で食事会をしてはSの悪口を言っていた。

751: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:23:49 ID:A7S
修羅場と言うには軽いかも知れんけどw

嫁と知り合う2年ぐらい前に同じ職場に付き合ってる彼女がいた。
その彼女の希望で社内の連中には付き合ってることは内緒にしていた。
(いじられるのが分かってるから嫌だとか言ってた)
内緒にしてた為に、Aというちょっと厄介な女に気持ち悪いぐらいアプローチされて困った。
頼んでもいないのに弁当作って来たり、職場のみんなに手作りお菓子を持ってきて
明らかに意味が含まれた他のと違うものをあからさまに俺に渡して来たり。
要は外堀を埋めてなんとか交際にもっていきたい感じで、それが露骨過ぎてドン引き。
そもそもAという女は俺の好みとは外見的に正反対だし、仕事上でも何かと言い訳の多いやつで
ぶっちゃけ頭も悪かった。(名古屋で生まれ育って三重の県庁所在地を知らないぐらいに)
付き合う気はサラサラ無いし、同僚じゃなければ存在を消したいぐらいだが
さすがにそのまま言うのは理性がストップ掛けていたので
適当な理由をつけて断り続けていたが、諦めてくれない。
いっそ付き合ってることをカミングアウトしたいと言っても彼女がNOと言って出来なかった。
ある日、資料を探しに書庫に行ったらAが入ってきて、又しつこくアプローチしてきて
その日は色々予定通りにいかないことが重なってイライラしてたのもあって
Aが鬱陶しくし仕方なくて、
「付き合ってもいいけど、俺は付き合うイコール結婚と考えるタイプだから。
俺と付き合うからには家事は一切妻にやってほしいけど専業主婦とか無理。
専業やるなら俺長男だから結婚したら親と同居で両親の介護が出来ない女も無理。
あ、祖母もいるから3人分の介護かな。
そういうのやってくれるんでしょ?なら付き合うよ」
って言ってやった。
本当は俺三男だし、祖母もいないし、一人暮らしだから家事も一通り出来る。
つまり全て断る為の方便だった。
案の定Aは「そ・・・それは大変ね・・・ごめん、私には無理かも・・・」と言って去って行き
以来スルーされるようになったので、もっと早くこの手を使えば良かったと思ってた。
そしたら翌日彼女に振られた。

363: 名無しの心子知らず 2013/10/26(土) 12:56:12.18 ID:bHq6KEZs
こんにちは。至らない所はあると思いますが、流れを無視して書き込みさせて頂きます。

私は高校生の時にファミレスのフロアーアルバイトをしていたんですが、テーブルに置いてある塩を
ベロベロと(キャップを開けた所)を舐めている小学校低学年のお子様がいました。
勿論母親は隣にいて、注意はしません。 当時は高校生でそういった注意をするのに抵抗があり、
店長不在でフロアーはわたし一人だったので、どうしようかと悩んでいました。すみません、一旦切りますね。

155: 名無しさん@おーぷん 2015/05/24(日)16:39:48 ID:Qjp
俺の武勇伝じゃなくて申し訳ないんだが、気持ちよかったので。

親会社がミスしたしわ寄せが子会社であるうちの会社にも来て、そのおかげで最近ずっと社員総出で休日出勤(今日が1ヶ月ぶりの休み)。
休日出勤自体はいい。
手当ても出てるし、ミスをフォローできるのがうちだけなんで、そこは担当者一丸となって、親も子も関係ないぜ!で頑張ってる。

が、親会社の副社長というのが空気読めない。
昨日、特に忙しい時間帯に、来年から親会社勤務予定とかいう息子を連れてきて「見学」させやがった。
息子は大人しくしてたんだが、副社長がいちいち誰かに「これは○○か?」「あれは××か?」とやけに質問してくる。
多分、かっこいいお父さんを見せたいんだろうな、そんな態度がもれもれ。

80: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)23:57:56 ID:wDEH9IgbX
つい先日おきて現在やや進行形な話

私は脳にとある障害があって、病院から定期的に薬(精神刺激剤)をもらってきて対処療法をしています。
本来ならそれだけの話ですが、仕事上の便宜のため上司にそれを打ち明けたことにより修羅場へ発展しました。

私の業務上の知り合いにAというものがいます。
その方はフリーランスで今案件にのみ我が社のプロジェクトに参加しておられる方です。
上司は私同様に業務上の便宜のため、良かれと思って私の障害をメンバーに話しました。
「~な障害があるので、私さんには◯◯のような仕事を割り振ってください」という風に。
私は物見高く扱われたくはなかったのですが、周囲の理解があればパフォーマンスも上がるので、上司の発言に感謝したりもしました。
しかしここからAの怒涛の攻撃がはじまります。
最初こそ「大変ですね!」といった労いだったんですが

A「◯◯(薬名)もらってますよね?いただけませんか?」
私「え?突然どうして...」
A「お願いします!ください!!!!」
私「!?」
A「お願いします!!!!」
私「いやぁ...」

話を聞けば、Aは鬱病(自称)らしくその薬を欲しいが、処方されないそう。
私が、お医者様に処方されて服用しているものなので気軽に渡せないと説明すると、
本当に必要なのは鬱病患者!そもそも私さんどう見ても健常者じゃない!詐称して服用してるのでは!??
その後も、休憩時間などに私の元へきては要求が続き、毎度ながらやんわり断りました。
しかしいよいよ要求が熱を増していき、
A「いい病院紹介します!私さんが代理で病院へ行って私の分を処方してもらってください!もちろん報酬はだします!!」
A「あたしの病状はカクカクシカジカ~。とてもつらいんです!見殺しにするんですか?」
A「地獄におちろ!私はいつも地獄にいる!一錠で救われるのだ!おまえは悪魔か!!(メールで)」
A「世の中は不公平。私さんが笑っていることが許せない(同僚に)」
など言い出す始末。
Aは私を無視するようになりました。
業務に支障がでたり、犯罪めいた匂いもあったので、上司にお願いしAのポートフォリオを見せてもらうことに。そこにブログtwitterなどあったので見てみました。

結論を言いますと、Aはただのヤク中でした。
調べてみると、私が飲む薬は、健常者が加工して飲めばドーパミンがドバドバでて精神が高揚する薬になるそう。(脳の刺激剤なので当たり前ですね)
以前は違法に取引されていたそうですが、Aのような人が乱用するため規制。処方にはかなり厳しい制限があるそうです。
そこでAが目をつけたのが私。私に複数の病院を廻らせ、薬を入手しキめちまおうという魂胆だったらしい。
ぞっとしました。

当然本件を上司に報告。なぜだか惨めな気持ちになり私は落涙。
上司の対応は迅速でAは即日注意勧告をされ、おとなしくなりました。フリーランスの弱い所ですね。
その日のAのブログに、日本医療業界を陰謀めいた視点で盛大にdisる投稿があり笑えました。
とはいえ、今案件が終わるまではAとは業務連絡を取り合っているので、非常にやり辛い。
理不尽なる僻みを耐え忍びながらという意味で現在進行形の修羅場かな、といった感じです。

765: 名無しさん@おーぷん 2015/11/19(木)22:59:16 ID:EQN
昔バイトしてた所であった事
その会社は異なる部署が同フロアにある形で、各部署に雑務をするバイトが配属されていた。
他フロアのバイトの共同作業もあり、交流がある所だった。
そこにキチ山という女バイトがいた。
キチ山の第一印象は一言で言うと異様。ドムのような体型にどんよりした目つき、それでいて妙に馴れ馴れしい。
しつこく他人の事を詮索するくせ否定厨、バイトなのにキャリアウーマンアピールそのくせサボる等々行動もウザい。
そしてキチ山の部署にはもう一人Bくんというバイトがいた。 少しオタっぽい感じで先輩であるキチ山に黙ってくっ付いてる印象だった。
そんな彼らの部署にAさんという若い女の子が入ってきた。
見た感じ大人しめの真面目そうな子で隣でキチ山が「アタシが教えてやってるの!」と言わんばかりの態度でウザさ倍増だった。
そんな感じで2か月ほどして、キチ山がAさんを虐めているという噂が流れてきた。
皆でいる時もAさんをあからさまに無視し無駄にB君に話を振ったり、見て明らかだった。他にも色々してたらしい。
あとでAさん本人から聞いたが、どうやらキチ山がBくんの陰口を言うのをAさんが諌めたところ
「上司である自分に逆らった!AはBとイチャついてる!職場の空気を乱している!」とキチ妄想を起こしたらしい。
先輩ならともかく上司ってなんやねんと思ったし、あとイチャついてる云々言ってたが
Aさんが入ってすぐキチ山は2人をくっつけようとしたとかで意味不明。
何より呆れたのはBくんにはすぐ上記のことを問い詰めたくせにAさんには何もなくいきなり無視するという陰険さだった。
Bくんはその時(イチャイチャ云々について)謝ってしまったらしい。なんでや。
なのでBくんは無視されずに済み、自分が一因なのにキチ山に対し面と向かってはAさんを庇わなかったという。
まぁキチ山は得体の知れないというか何するか予測つかない怖さがあって、同フロアのバイトさんの目撃情報ではもっと凄かったし、
周りもAさんに話を振るとか飲みに誘うとか、キチ山が変な動きをしないよう社員に根回しするとかのフォローしかできなかった。

Aさんは顔色が悪くもなんとか気丈に振舞っていたがキチ山の方が痺れを切らした。
キチ山がAさんに辞めろと脅してくる事件勃発。
AさんはBくんから嫌がらせのきっかけを聞いてはいたものの、一応事実確認をしようとしたらしいが、
「自覚がないのか!無視は辞めろという意思表示だ!空気読んでやめろ!上司命令だ!
お前の後釜に私の知り合いを紹介してちゃんとした3人組を作り直す!」と何度もまくし立てて最後まで答えなかったそうだ。
ちなみに脅しというのは「辞めないとお前がした事を人事に言うぞ」と言ってきたこと。
だからそれは何なのか確認させろというのに言わない。
Aさんは既に人事に相談していたのでどうぞどうぞ状態だったらしいがキチ山はわかっているのかAさんの自主退職にもっていきたいらしく堂々めぐりで長かったと聞いた。
Aさんはその会話の録音と退職命令メールを上司に提出した。
その結果…Aさんが異動になった。

461: 名無しさん@おーぷん 2015/11/06(金)14:17:54 ID:PaC
前に会社にいた糞ババアの話
しょぼい修羅場だったらすまん

俺:当時23歳、その会社で4年目
ババア:当時52歳(多分)、その会社で3ヶ月目

中途採用で入社してきたんだけど、なにかにつけて上から目線だった
お客さんのお茶を俺がいれてても「あたしがやってあげてもいいよ?」とか
自分でも見て確認できるものを「読むのだるいし、口頭で言ってよ」とか
電話も出ないし上から目線のくせに仕事もできない
だから上司にお色気攻撃(谷間全開)でミスを許してもらおうと必タヒだった

みんなそういうのにうんざりしてきた頃、仕事上ババアと話さなきゃいけない機会が増えてしまった時があった
俺は仕事は仕事だし、と割り切ってたつもりだったんだけど、「俺くんは、あたしのこと嫌いなの?」って聞かれて
「まぁどちらかと言えばそうですね、でも好きとか嫌いとか仕事なんだし関係ないでしょ
好かれるに越したことないでしょうけど、僕ら友達でもないんですしw」って言ってしまった

そしたらババアが持ってた太い定規で俺の頭とか顔とかバチンバチン叩いてきて目の上とか頭が切れて流血
叩かれてる間ババアは「あたしの娘と同い年だから!婿にしてやろうと思ったのに!薄情者!きらい!きらい!」
ってずっと叫びながら泣きわめいてたw
4針縫ったりしたとこもあって、ババアの旦那から治療費やら頂いて、ババアはクビになった

傷ちょっと残ったりしてるけど、俺も短気だったんか我慢できなくて煽ったみたいになった結果だと思うし
それは自分も反省すべきところだったなと思う

でもまぁババアのいない会社は快適だ

873: 名無しさん@おーぷん 2016/01/09(土)11:01:04 ID:qqA
年末、課の忘年会で温泉に一泊した。
ほとんどが男性で、女は既婚の先輩1人、パートの子(19)と私(新卒23)
ベロベロに酔っぱらった男性社員達に捕まって
旅館近くのストリップ小屋に連行された私とパートの子。
「オラ、かぶりつき(?)の席行くぞ!」と押されて一番前の席へ。
ストリッパーのお姉さんは40代くらいの女性で、私達を見てやりにくそうにしていた。
お姉さんにも悪いし「トイレ行きたいです」と逃げようとしたんだけど
腕を掴んで離してくれない。
パートの子は潔癖な子で、彼氏もいないって言ってたし本気で嫌がっていた。
しかし嫌がれば嫌がるほど男性社員は面白がり、
クライマックスでお姉さんが両脚を広げた瞬間、パートの子の顔面をお姉さんのそこに押しつけようとした。
パートの子悲鳴。お姉さん苦笑い。
ガチの悲鳴で泣き叫ぶパートの子を見て、まわりの客から「いい加減にしろ」「白ける」と罵声が飛び
ストリップ小屋の従業員に注意され、私達は追い出された。

471: 名無しさん@おーぷん 2016/06/09(木)14:44:49 ID:hTT
現在進行中だが
出世したら、同僚Aとその取り巻き連中に「卑怯者」と責められた

俺は自分の課以外の部署内の仕事や他部署の仕事にまで
迷惑の掛からない範囲で自主的に関わってたんだけど、
それをAは「自分で無駄な仕事を増やす無能w」とバカにしていた

が、それが上に認められて俺が出世したら今度は
「見境なく媚び売って出世した卑怯者」と責めてきやがった

しかもAだけならまだしも、同じ部署内の連中のまで俺を責めくる奴が結構いた

さてどうしたもんかなぁと思案中
幸いその騒動を知った他部署の部長さんから
「今の部署が嫌ならウチに異動願いを出せ、辞めるくらいなら俺が貰う」
と誘われてるから、近々そうするかも

ただ俺を責める奴の数が予想以上にいたもんだから、
ひょっとして俺も悪いんじゃないか?と少し悩んでいる

639: 名無しさん@おーぷん 2017/12/08(金)17:03:01 ID:KgX
忘年会シーズンになると思い出すこと。
当時結構騒ぎになったのでフェイク有で書きます

「お前が男だったら殴ってた」が口癖の男上司(既婚)がいた。
男社員には無茶な根性論を振りかざすパワハラ、
女社員には目尻を下げセクハラというテンプレ腫れ物社員といった感じ。

私は嫌なことは嫌とハッキリ言うタイプだったので、
触られそうになったら「やめてください」二人でデートしようという誘いにも「いや、結構です」
飲み会でどうしても食べられない食べ物を(事前に言ったにも関わらず)
注文され、無理に食べさせられそうになった時も「本当にダメなのでやめてください」
といった風に、嫌なことをキッパリ断ったりして機嫌を損ねると上記の口癖を言われる…といった感じの日常(?)だった。

そんな中、その上司が幹事を務めた忘年会で事件が起きた。
上司は事前に社員に「どんな店で忘年会をしたいか」というアンケートを取っていたのだが、
私が「アレルギーなので甲殻類メインのところ以外でお願いします」と
回答したにも関わらず、忘年会の会場は「カニ料理専門店」になっていた。
開催日前日に店を知らされたのと、飲み会自体は会社持ちだがキャンセル代は自己負担だと知らされたので
食べられそうなサイドメニューを食べつつ足りなければ二次会で補うか、と考えて参加することになった。
この時点で上司の考えが読み取れてしまい、私の気分は最悪モードに(同僚に心配される始末だった)。

忘年会当日、カニ鍋やカニ脚といったメイン料理に手を付けずポテトや漬物ばかりかじっている私に案の定上司が絡んできた。
上司は同僚と後輩と私の三人で会話していたところに乱入しては「なんだぁ~?全然食べてねーじゃねーか!!」と捲し立て始めた。
「私アレルギーって書きましたよ」と言っても「食べないなんて勿体ないと思わないのか!?」と斜め上の返答。
「好き嫌いではなく食べられないんです、最悪タヒぬので」と少しオーバーな表現で返すと、
上司は「あ~あ、そんなこと言っていいの?お前が男だったら殴ってるよw」と得意の口癖で返してきた。傍らの同僚と後輩はアワアワ状態。
ちなみに上司は一滴もアルコールが飲めない体質なので、酔った勢いでの執拗な絡みではなくテンションの高い時はこれがデフォ。

このページのトップヘ