職場

941: 名無しの心子知らず 2016/08/30(火)11:09:39 ID:AZq
上の学歴の話で俺も思い出した

高卒:大卒の割合が4:6ぐらいのわが社
成果主義なんで頑張ってれば待遇に差は無いが役職などの出世をしていくのはやはり大卒が多い

俺は事情があって高卒組なんで頑張って、何とか平より少し上の役職につけた

そんな時、とある後輩が中途で入ってきた
そいつも高卒らしく歳もそんなに離れてないので意気投合
会社の現状も話し、「高卒組でも頑張っていこうぜ!」とか酒の席で話していた
後輩も一緒に、今思えば曖昧に笑っていた

その後、後輩が実はそこそこの大学の中退だという事が分かった
何でも先の大震災で実家が大変な事になってしまったらしく、通えない状況になり四年次の始めにやむなく中退、となったらしい

俺は事情があって大学すら行けなかったのに…陰で大学行ってた癖に高卒組と同調してたのかよ!
と怒りに駆られた俺は、後輩に仕事を与えなかったり、わざと難しい仕事を丸投げしてミスさせて叱責したり、社内に悪口を吹き込んだりと色々してしまった

結局後輩は神経を病んで辞めていったが、俺自身でも気づいてなかった学歴コンプレックスの酷さに衝撃的だったし、大学歴を隠していた後輩には神経分からん話だった

322: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/02(金) 11:06:05.66 ID:NHWY4eai
昼休みに同僚達と食堂のテレビ見てて昔よく行ってた店がが映ったとき
つい「あ、懐かしい~」と口に出てしまった
以前に5年ほど住んでいた土地でしょっちゅう行ってた店だった、ということを話したら
一人が「へ~」とニヤニヤしながら「名物料理は何?」とか「店内の様子は?」とか食いついてきたので
ログハウスのような作りで名物料理は自家製ソーセージを使ったポトフと教えた

634: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/06(火) 02:28:22.00 ID:qAwlRi+P
会社の後輩の女子社員が始業時刻になっても出社しておらず1時間後くらいに俺にLINEで
後輩「すみません。実はペットが亡くなっちゃって。今日休んでもいいですか?」とタヒんだ熱帯魚?の写真と共に送ってきた。
俺は内心「さかな・・・」って思ったけど「有給使うのは自由だよ。今日は急ぎの仕事もないし大丈夫じゃない?一応俺じゃなくて上司に届けてね」
と返すと、

195: 名無しの心子知らず 2011/08/02(火) 11:47:53.66 ID:dDI1y2r/
職場が廃業したので時効カキコ。

一緒に働いてたチビデブママFさんがセコかった。

社長が、中元や歳暮でお菓子をいただいたりするとスタッフに配ってくれる。
気の良い社長で仕事中も「みな痩せ過ぎだ、食べなさいw」とおやつをくれたりした。
お客さんも「スタッフの皆さんに」と、時々お菓子の詰め合わせを下さるので皆で分けていた。
Fママはお菓子が余ると必ず「うち子供がいるんでぇ~」とか「あまってますよねえ~(チラッ)」とクレクレアピール。
しかも時々こどもを職場に連れて来ては事務室で「ここのお菓子、好きなだけ食べていいからね♪」と、進物のお菓子を我が子に与える。
仕事中に子供を勝手に事務所で待たせているにもかかわらず、自分では絶対にお菓子もジュースも持参しない。
Fママは仕事ぶりも悪いので社長にも嫌われ始め、Fママがいる時は社長もお菓子を配らなくなった。
毎回、Fママが「今日は社長、お菓子くれないわねっ!」と影で囁いて来るから気持ち悪かった。

799: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/08(木) 03:31:56.16 ID:64FQBqH9
web制作やってるんだが先日営業の先輩が
「やばい・・・完全にこの案件忘れてた、俺くん頼む!3月末に納品間に合わせたいんだけど俺くんだったらいけるよね!?マジでお願いします!」
と言って来た。仕様書を見せてもらうと通常なら3ヶ月くらいのスケジュールがあってもおかしくない量。
俺「いやぁ・・ただでさえ今は年度末のもろもろの案件でろくに家に帰れていないのにさすがにこれは無理っすよ・・・」
と答えた。
とはいえ、いつも傲慢で嫌いな先輩がここまで頭を下げるのは初めてだったので、仕様書を見ながら
納期を1週間伸ばして貰えればギリギリいけるかもしれないけど、4月まで家に帰れないなぁ・・・と考えていると、
突然俺のデスクを蹴って、
「使えねぇええええええええええ!」
と捨て台詞を吐きどこかへ行った。

948: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/22(木) 07:03:31.00 ID:EXx1095h
職場で二つ隣の席の人がなんでも調べる。
というのも、わからない言葉から人の行動まですべて。あれはもうなんかの障害だと思う。
たとえば15時ごろに山田さんが「今日僕このまま◯×社に寄って直帰しますんで」なんて言おうものならすぐさま社内の山田さんのスケジュール表を調べだす。
次いで、◯×社までの所要時間と、打ち合わせ内容をチェックして、17時に差し掛かってしまうことを理解した上で「うんうん」と一人で頷いてそのページを閉じる。

491: 1/2 2015/04/10(金)10:00:09 ID:vyE
昔、スーパーで働いていた時の修羅場。文才なくてすまん。当時21歳。正社員でレジをやってた。

シフト制だったから、働く時間も決まってなかったし休みも不規則。だけどいつも絶対俺のレジに並んでくるおばちゃんがいた。
初めは別に何とも思わなかったけど、俺がたまたまトイレに行って帰ってきたときにサービスカウンターでそのおばちゃんがキーキーわめいてた。

「俺君は!?今日いるはずでしょ!私、俺君のレジじゃないと嫌なのよ!どこ!?連れてきて!」を繰り返すおばちゃん。
レジのチーフと目が合って、今は来るな的な合図されたんでバックヤードに引っ込んでた。
しばらくするとチーフが来て「あの人ずっと俺君を出せって騒いでサービスカウンターの硝子にカートで突っ込んだ。
警察が来て大変だったけど出禁になったよ。」と教えてもらい、割れた硝子をひたすら掃除した。
それからしばらくは平和だったんだけど、ちょうどクリスマスの日。俺のレジに出禁になったはずのおばちゃんが。
何も商品を持ってなくて、水色の封筒だけ渡された。その時ちょうど副店長に見つかっておばちゃん逃走。封筒の中には写真と手紙。

まだ続くから切るわ

896: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/06(金) 00:01:42.92 ID:e4MMy268
うちの職場にいる派遣社員をクビにしない上層部が意味不明
職場は店舗型の営業職なんだが、1人とんでもないのがいる
オープン作業は一切しない、開店と同時に出勤してきて残業も一切NG
客足が悪く暇だと定時前でもさっさと帰る
雨の日は髪がうねるし靴が濡れるって言って欠勤
雨の日に出勤したり残業させられるなら契約切ってくれて構わないとまで言い切りやがる
そんなでも契約更新されてるのは成績が化物レベルだから
そいつ1人で店舗売上の3分の2を稼いでる
博識でどんな客とも盛り上がり、客にだけは愛想がいいから信者も大量
信者が自分たちで口コミして新規さんを連れて来てくれるから成績は右肩上がり
でも裏じゃ話しかけてもほぼ無視
暇そうだからって雑用頼めば成績表指差して「私忙しいんで」
何度も上に雰囲気悪くなるから切ってほしいって打診してるのに、あの子には利益上げてくれたらそれでいいって契約で来てもらってるからって何も変わらない
スタッフたちは成績さえありゃ何してもいいのかってモチベ下がりまくりだし、そんな状態を放置する上層部の神経わからん
なによりも一緒に働くスタッフ相手にそんな態度とって何も感じずしれっとしてる派遣本人の神経もわからん

364: 名無しの心子知らず 2013/01/08(火) 16:04:03.44 ID:5rU8E+dV
窃盗というか詐欺?友人が勤める会社の話

泥ママ(23歳)が配達パートで入社してきた。泥子は1歳。パパと3人でアパート暮らし。
泥ママは子供をほったらかしてよくパチンコに行ってたらしい。チャイルドシートにも乗せないような親。

入社数月後くらいで得意先から注文した物が届かないとクレームが入るようになる。
もちろん泥ママの区域で。
調べた結果自分の車に納品物を隠していた。

これが数件続く。(おそらくサボってた)

そろそろクビだねーと下っ端の友人がのんきな事言ってた矢先。

コンビニで電気代とか支払いすると押される印鑑も納めてる会社らしく、
自分の家の電話代(4万)を支払った事にするため印鑑を納品せずに自分で家のコンビニ支払い書に
押したらしい。そのあとやっぱり自分の車に隠す。

804: 名無しの心子知らず 2011/09/19(月) 08:54:11.41 ID:DicMvqKs
結果的には解決してないし、これからも解決する可能性は低く
もやっとした話ですが投下。フェイク込。
某通販のおまけで某ブランドの名前が入ったバッグをもらった。
職場で使っていたら、
「それ、いいね~」「どこで手に入れたの?」
と聞かれて、みんな欲しがってたんだけど
ちょうどプレゼント期間が終わっちゃった事もあって入手は困難。
…気がつくと最初に私が持って来たバッグがなくなってた。
某ブランド名前が入った白いタグがついてるんだけど
泥だかマジックだかで茶色の汚れがついちゃったのね。
みんなから「もったいない!」「私ちゃんらしいよね」とか言われていたので、
みんなこの事は知ってる。
で、しばらくしたら「別のフロアの社員が使っているのを見た」という人が続出。
(結構みんな欲しがってたらしい)
<続く>

このページのトップヘ