義父

84: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/08(金) 20:44:25.51 ID:cMDjcEew
ちょっと長いけど。

おっとりとした雰囲気で優しい人柄、頭の回転が早くて膨大な知識量を持つ義父が中卒だと知った時が衝撃だった。

俺は妻と義実家に同居させてもらってる。
俺と妻と義父母の4人でテレビのクイズ番組を見てる時に、問題(知識が必要なものも、発想力が必要なものも)が出されたタイミングで妻や義母が義父に「わかる?」と聞けば義父が答えて、それが正解。
次の問題もその次の問題も正解、なんてことはしょっちゅうで、某林先生の正解率を上回ることもある。
(誰かに聞かれない限り義父が先に答えたりすることはない)
妻が「ググるより早いねw」と言っていた。

また別の時は、家で義父が義父友人と議論するように話しているのが聞こえたが専門用語が飛び交ってて俺にはチンプンカンプン。
後で聞いてみればその友人は大学の教授で、その専門分野のことで意見の交換をしてたそう。
他にも「この人頭いいなー」と思うことがたくさん。

31: 名無しの心子知らず 2013/06/15(土) 06:19:33.15 ID:OUrQU0/X
義父の話。義父は引退した手作り弦楽器職人。
そこそこ腕は知られた人らしく、今でも指名で注文が入ったりしてる。
引退した後は、モノづくりが好きなのと、手先の器用さを生かして、近所のよろず修理屋と化している。
デジタルなものやメカニカルな物は無理だがそれ以外は何でもやっている感じ。
犬小屋とか、屋根修理とか、水道管修理、冷蔵庫修理とか。
それ以外にも、弦楽器を作って、地域の学校やら施設に寄付なんかをしていた。

それを聞きつけた近所のママAが、娘のためにバイオリン作ってクレクレと言い出した。
寄付しているぐらいなんだから、タダでいいよね!と。
義父は丁寧に説明をしたうえで、お断りをしていた。
職人として自分の専門の技術をタダで売るつもりはない。
手作りのバイオリンが欲しいなら、売っているところを紹介するが、値段は高くつく。
寄付に関しても、義父は技術と時間を提供しているだけで、実費は別の支援者が出している。
等々の説明を繰り返していた。

このページのトップヘ