結婚

484: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)11:19:06 ID:5d0
中学生くらいから母親には家でトイレを禁止されていた。
遊ぶ友達も母のお気に入りの人だけ。
お前を生んだ覚えはない発言。
部活も土日に遊びに行くのも禁止。おしゃれすれば色気づきやがってと暴れる。
私が楽しそうなのが許せないらしかった。原因は不明だった。4年前まで。

父は私に無関心で父の日、バレンタイン、誕生日をやっても無視されていた。
母の事も相談しても「あいつは頭がおかしいんだ」と言って助けてくれなかった。
父は飲み屋に愛人を作り、大金をつぎ込んでいたのを4年前に知った。
母がおかしくなった要因の一つがそれ。ついに母は倒れ、入院。
そこでも病院の看護師に手を出した父。愛人、愛人の仲間(外人パブの)、ナースに大盤振る舞いしてた。
私の通帳を盗もうとしたり、お金がないのは私が無駄使いするからと周囲に漏らす父。
親族に浮気ばれしたら「お前が生まれなきゃ離婚できたのに生まれやがって」大泣き。
その時私は23歳だったが「行き遅れの女が、結婚もしねえで」と言われ呆れた。

272: 名無しさん@おーぷん 2015/07/25(土)10:46:07 ID:i1C
若い頃の知り合いの結婚パーティーの話
二十歳の時高校の同級生が結婚するって聞いた
新郎は学生だし金もないしでとりあえず身内でパーティーしようって話
新郎と俺は同じクラスで大して仲良くもなかったけど
俺の友達と仲いいし知らない間柄でもないんで俺も計画から加担した
新婦もクラスは違うけど高校の同学年で言葉は悪いが
ヤリ〇ン的な噂を俺でも知ってるくらいの子だったわ
最初のパーティーの打ち合わせはカラオケボックスでやった
言っちゃあ悪いが女の子グループはギャルギャルしい方々だし
俺ら野郎グループは理系進学クラスだから垢抜けねえ集団だった
もう最初の集まりの時点で、これ大丈夫か?うまくいくのか?
とアホで鈍感な俺でさえ思ったレベルだった
話し合い自体は俺のツレが幹事ということで大体の流れを決めて
女子軍の副幹事が場所を押さえることになった

749: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:19:47 ID:V5s
旦那に性行為を求められて苦痛です。
私は過去に継父にイタズラされた経験があり、男性との性的な関わりに嫌悪感を持っています。
普通に会話する分にはよいのですが、キスやら性行為やらになると途端にアウト。
旦那から強く交際を迫られ、私は交際自体は良いが性行為はNGだと伝えました。性行為を求めるならば関係は終了と伝えています。旦那は了承し、その後1年付き合いました。その間性行為は一切なし。
プロポーズされ、その際にも性行為NG・・・つまり子を持つことができないと念を押しました。
あなた(旦那)にとって、結婚することによる当たり前の権利も幸せも半減するが良いのかとも、性行為を求めてきたら私は離婚を考えるとも言いました。
旦那はそれでも良い、と誓約書にサインもしてくれたので籍を入れました。
それから一年弱がたちますが、旦那が子供が欲しいし君と交わりたいと言ってくるように。
周囲の人間に、私さん頑固すぎる!大人気ない!苦手なものから逃げ続けたら成長しないと責められます。
旦那も同意見で、旦那への愛情がグンと減り、私は昨晩離婚を匂わす発言をしました。
それは旦那両親に即座に伝わり、真夜中に旦那両親がすっとんできて、あんたの苦手なものの為に息子に×をつける気かと説教されました。
隣でウンウンと頷く旦那。すぐに誓約書を見せましたが、結婚は愛情でするもの。こんな仕事の契約みたいに決まり事を作ってするものではないと言われてしまいました。
旦那は、離婚するなら私が有責になると言って仕事に出かけていきました。
もう疲れた。結婚しなければよかったなんて言っても今更遅いですが、頭が痛い。

515: 名無しさん@おーぷん 2015/05/08(金)13:11:10 ID:IUG
黒歴史というか、現在も黒い気持ちが凄いんだが
私が口が軽くて馬鹿すぎたという話
すごく長いです

私の家は弟が小さい頃に離婚した母子家庭で、私が高校卒業する前に母親が体を壊して働けなくなった
日常生活は問題無いけど、長時間働くのは無理だって
急に体がおかしくなったわけじゃなく、以前から休みがちだったけども、知らないところで
食費や学費も借金してまかなっていたらしくて
(会ったことが無い祖父母は毒親で、働いている親が健在だからと生活保護は降りなかったらしい)
このままじゃ弟の高校進学費用も無くなるということで、もうどうしようもないから
当時付き合っていた彼氏と別れて携帯で出会い系を繰り返してなんとかしてた
私が働いて、母が家事をやるっていう分業になったのね
母親も相談なしに勝手に借金するようなアホだから、普通のバイトをしている事になっていたけど
私が良くない事をしているのは薄々というか多分確実に気がついていたはず
でも知らないフリをしていたと思う

大学なんか行けるわけないからお決まりコースのようだけども、高校卒業後はキャバクラで
働きながら同時に出会い系も続けていて最初の頃は精神がおかしくなりそうだった
とは言っても人間って慣れるもので、自分は底辺でこのままなんだなーと思って実家で暮らしていた
お店での収入がある程度増えてからは出会い系はやめたけど借金もあるから心に余裕があったわけでもない
店で働きながら心の平穏を作るために彼氏を作ったり別れたりしながらなんとなく生きてた

123: 名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)17:12:13 ID:9hw
修羅場ってのは大袈裟かも知れんけど、
昔付き合ってた彼女との結婚を彼女の父親に大反対されてたんだが
その父親が上司にリストラを告げられてるところを目撃しちまった時が修羅場だった。
さんざ俺の母親のこと馬鹿にして、俺の勤務先のことも馬鹿にして
それでも彼女が好きだったから誤解されてる部分はちゃんと分かってもらおうとしてた所だったのに
なんだこいつとか思ってさ。

727: 名無しさん@おーぷん 2016/01/06(水)21:33:28 ID:rOy
グロ注意かも?読みにくいと思います。ごめんなさい。

ちょうど6年前に2つ年下の彼氏がいました。猛アプローチを受けて付き合い始めたのですが、純朴で可愛くて子犬みたいで、何より優しくて誠実で大好きでした。
ある時、デートをしていたのですが、その帰り道、街灯こそあるものの夜で暗かったためかそこで事故に会いました。
覚えてるのは、とっさに彼を突き飛ばしたこと。少なくとも私には痛いっていう感覚はありませんでした。
気がつくと半月くらい経っていて、右足膝下がなくなっていました。彼からは何度も
私の両親を通じて、
「そっちに行ってもいい?」
と聞かれていたのですが、とりあえず
「来ないで」
と伝えていました。
ああ、捨てられるんだろうな。私だって無理だし。仕事もどうしよう。親に迷惑かけるな。親がタヒんだらどうしよう。
と色々と考えていました。
結局、事故から一ヶ月経った時に彼に来てもらって、どういう要件だったのかを聞こうと思いました。
彼にその場で土下座されて、庇って助けてくれたことの感謝と謝罪をされて、
「良ければ一生一緒にいたいです。支えさせてください。」
とプロポーズされました。
彼の両親は反対こそしませんでしたが、私の両親も大反対したそうです。
しかし、彼が私の両親に土下座して頼み込んで、私の両親も
「もうこの先私は結婚は無理だろうから」
と結局許したそうです。
彼は次男だったので、私の家にお婿に来るという形で結婚しました。しかし、そこから旦那は相当に辛かったと思います。
父が気を遣うだろうと、家の近くの土地に夫婦2人で住むには困らないくらいの仮住まいのようなものを建ててくれたのですが、それまでは母屋で暮らしていました。
しかし、特に父や妹とは当初、上手くいかなかったようです。
(事故のことが原因で)私の妹からとてつもなく敵視されていましたし、私の見ていない所でひどい嫌がらせまでしていたようです(両親は見つける度に強く怒っていたようですが…)。
また、父も普段は優しく接して(事故の前には既に紹介していて気に入られてはいました)いました。しかし、食事などで長く同じ空間にいると、週に1度くらいの頻度で、突然「ガァッ!」と声を上げて、旦那を殴る蹴るということがしばしばありました。
母や私の力ではもちろん止められませんし、妹はもちろん静観。旦那も反撃しないので、血だらけになっていることもありました。
そんな生活だったので、旦那は家では何重もの理由と要因が重なり、借りてきたネコのように怯えて暮らしていましたし、自分から何か声を発すると言うことはほぼありませんでした。常に旦那の味方をしていたのは母くらいだったと思います。
私も2人の時に、
「ごめんね。大好きだよ。」
と毎日のように謝っていました。しかしいつもそういう訳でもなく、義足に慣れるまでは、片方の脚がなくなったことで不自由を感じて耐えられなくなった時には、旦那に獣のように感情的になりながら当たり散らしていました。
でも、旦那は
「ごめんなさい。ごめんなさい。」
と言いながら抱きしめてくれました。
夜も、旦那が布団の中で泣いているということが多々ありました。
仮住まいは出来たものの、私1人では不自由する事も多く、私が義足に慣れるまでの二年近くはこのような生活が続きました。

21: 名無しさん@おーぷん 2016/01/13(水)13:52:04 ID:nCC
当時、仕事人間だった自分は同期の中で有望視されて期待をかけられていた。
だが仕事にだけ打ち込んでいたせいで独り暮らしなのに家事は一切せずにいた。
そんな話を飲み会のときにしてたら、数人の女性達から口説かれた。
手作り弁当や手作りの菓子、「部屋を掃除してあげるよ」などなど、
有り難くも対応に困る申し出をしてくる自信満々の綺麗な女性たち。
その中でも一番料理が美味しくいつも笑顔と人気の癒し系美人と付き合うことになった。
口説いてきたのは向こうなのに、俺が告白したことにされていたのがひっかかった。

彼女は付き合う前から俺の部屋にあがりこんで(手は出してませんよ)
部屋を片付けてくれて、手料理を振舞い、
優しい口調で社内に言い触らしていた。
何もせずともトントン拍子に上手くいっている感じで、
展開が早すぎて気持ちが追いつかずにいたが、
三ヶ月ほど同棲してから結婚。
盛大な結婚式をあげた。

573: 名無しさん@おーぷん 2016/04/19(火)09:37:22 ID:8tH
長くなるけどごめん。
結婚していたはずの夫とは2年間未入籍、しかもその夫だと思ってた人は実は既婚者で、奥さんに訴えられかけたこと。
当時20代半ばで、20代後半の彼氏と結婚することになった。
当時一人暮らしの部屋の更新が6月、入籍日は8月だったので、6月から一緒に住み始めた。
8月は記念日で、どちらかというと彼氏が記念日入籍にこだわっていた。
私の仕事の性質上、有給はとれないので、彼氏が有給をとって市役所に提出。
以下気づかなかった理由と彼氏の嘘。
彼氏の親は離婚、母親に引き取られたが母親は病気で亡くなったとのことで、親戚に会ったことは一度だけ。遠い親戚だそうで、普通に祝福してもらった。
上記の理由+私の職業が名前を覚えてもらってなんぼというかそんな感じなので、彼氏の方から私の苗字にしたいとの申し出。
私は結婚で苗字を変えるつもりでいたけど、彼氏がそう言うならと思って私の苗字になってもらった。
仕事はお互いやめないので、扶養とかも特に発生なし。
彼氏の親、離婚もしてないしどっちも普通に生きてた。
彼氏は奥さんに単身赴任と言って私と暮らしてたらしい。
そして婚姻届はもちろん未提出。
突然奥さんと名乗る人から連絡があり、最初は信じられずにもめたけど、戸籍を見て脱力。
慰謝料などは知らなかったからなしだったけど、もう誰も信じられない。


486: 名無しさん@おーぷん 2016/04/12(火)23:27:44 ID:Dpo
姉が25歳くらい歳上の人を連れてきて、結婚すると言い出したこと。
少しフェイクだけど、姉22歳、彼氏46歳って感じ。姉は大学でて就職してて、一人暮らし。彼氏は初婚で、普通のおっさんだった。
当時うちの親が父48歳、母46歳、俺が18歳。
もめにもめて、母は泣くし父は怒鳴るし、姉は二度とこの家には帰らない、孫も抱かせないなんて言い出すし、当時高校生で親と同居だった俺は、小さい頃からの姉ちゃんとの思い出や、親が姉ちゃんの結婚や孫について夢を持ってたことなんかを思い出して辛くなってた。
そんなある日、親父がそこまで結婚したいなら、やってみて欲しいことがあると言い出して、姉を叔母の家に送り込んだ。
叔母は叔母の実親である祖父母と同居で、祖父が要介護。そんなに重くはなかったけど、大変らしいとは聞いていた。
たぶん親父は姉が途中で投げ出すと思ったんだと思う。もしくは、現実を見て覚悟を決めるかどちらか。
姉、見事1ヶ月以上やりきったよ。お父さんは私が甘い、現実見えてないっていうけど、私はちゃんと覚悟してる、仕事だってずっと続けると言った姉はなんだかかっこよかった。
親父もついに折れ、そこまで言うなら幸せになれと言って、結婚の話が進み始めた矢先。
叔母の家に遊びに来ていた叔父が、おめでとうと言った。
その時叔父は、いいなぁ相手の男はこんなに若い子と結婚できて。俺も20歳の女の子と結婚してぇなぁと付け足した。
この叔父はバツイチで、たまに叔母の家に来る。面白いおっさんなんだけど、ああこれは奥さん嫌がるだろうな…という雰囲気。なんというか、面白いんだけど、だらしない。
姉はちょっと引きつった顔でありがとうございますと言ったけど、その後すぐ結婚辞めると言い出した。
叔父が若い子と結婚したいといったのを聞いて気持ち悪いと思ってしまったというのが理由。
結局姉は20代後半になってから30くらいの人と結婚した。
姉の元彼氏はどうなったのか知らないけど、少しかわいそうにも思ってしまう。

94: 名無しさん@おーぷん 2017/05/24(水)10:00:29 ID:VrZ
現在進行形の修羅場なんだけど、去年入籍今年出産した私達夫婦の結婚式を来年やることになったら旦那の親戚が暴れているらしい。
その人とは私は面識がなくて今回の事で知ったが40代不妊だとかで旦那側の人達が「報告したらややこしくなりそうな人だから」と私達の結婚出産を黙っていたらしい。
で、さすがに式には呼ばないと、となって私達の結婚の詳細をお節介おばさん(旦那親戚)がしゃべって大噴火したそう。

このページのトップヘ