盗癖

396: 名無しの心子知らず 2012/02/28(火) 12:21:39.92 ID:YxP5vrnf
私のママ友Aさん、優しくてとっても良い人なんだけど、手癖が悪い。
本当に、無意識に物を盗って行く。
最初、ファミレスで普通にテーブルの上の物を鞄に入れるのを見た時、驚いて
「そりゃ泥棒だよ?」と言ったら、学生時代、皆やってたとか言い訳。
だからって、もう学生じゃ無いし、子供を躾ける立場なんだから止めろと言うと、
初めは「ええええ」って感じだったけど、そんな風にハッキリ言ってくれた人は初めて。
言ってくれて有り難う。もうしないって反省してたので、そのまま付き合い続行。
二度目に、某ドーナツ店のお皿を鞄に入れるのを目にしたときは、「悪いけど
あなたとはもうお付き合い出来ない」と宣言した。
その夜、旦那さんと一緒に頭を下げに来て、泣きながら、カウンセリングを受ける、
私と絶交したくないと泣いてお願いされたので、再度付き合いを再開。

817: 名無しの心子知らず 2012/03/17(土) 14:43:49.29 ID:lCw9Kyo8
私(独身)はハンクラ趣味で、作ったものを地元の小さなイベントなどで販売してる。
販売を始める前は、アマチュアということもあって、欲しいとおっしゃる方に無料か超格安でお譲りしていた。
販売を始めてからは、ちょっと値上げしたけどハンドメイドにしては安い値段に設定してる。
そして最近、すぐ近所にお住まいのAさん(幼稚園児の母)と知り合った。
Aさんは私のブログ(販売する作品とかを紹介、宣伝してます)を見ていて、
イベントにも来てくださったり、一緒にAさん宅でお茶をする関係に。

とあるイベントに出店した時、私が販売を始める前から無料や超格安で譲っていたBさんがいらした。
Bさんに限らず、無料や超格安で譲っていた方々はそれ以前から親交がある。
(学生時代からの友人や、友人の親、私の親の友人、ご近所さんなど)
なのでその時もBさんとは、ちょっとした世間話をしていて、軽く上記の無料で譲っていた時のことも話した。
本当に軽くしか無料の話をしていないのに、その話を聞いていたらしいAさんが、
Bさんが去ってから詳しく聞いてきた。
以下は大体の流れ。
A「無料とか超格安ってどういうことよ、kwsk」
私「販売を始める前に、ごく一部の親しい人に譲っていた」
A「いいなぁ~、私も(無料で)欲しい~」
私「今はもうやってない。誰か1人にやると他の人にもしないといけなくなるから。
Bさん含め、無料で譲っていた方々にもちゃんと今の値段で買ってもらってる」
Aさんは納得してないようだったけど、スルーして他の方の接客してたらどっか行ってた。

670: 名無しの心子知らず 2012/04/01(日) 01:08:45.90 ID:mOY3Fi2l
未遂ですが。
うちは義母対策の名残で寝室と趣味部屋(旦那と私の共用)には
鍵がかかるようになっている。
そして旦那の元部下が遊びに来た時に、探検と称して侵入、荒らされたことが
あるので来客時に、リビング等においておきたくないものなんかを
どちらかの部屋にいれ、何となく鍵をかける習慣がついた。

娘(小2)の友人Aちゃん、Bちゃんと一緒にAママとBママも遊びに来ていた。
うちのトイレの収納の上にはいろいろ飾れるスペースがあって
使用済みの香水瓶が並んでいる。
トイレに行ったBママがなかなか戻ってこないので、Aママと見に行くと
趣味部屋のほうのドアノブ(なぜかもげてる)をもったBママ。
「ちがうのっトイレと間違えて引っ張ったら取れちゃったのっBちゃん、帰ろう!!」
とあわてるBママ。
話し声に驚いてでてきた娘たちには部屋で遊んでいるようにいい、Aママと2人でBママをリビングに連行。

616: 名無しの心子知らず 2012/06/22(金) 16:02:02.39 ID:1olqLW35
ここ数日の雨で不安になり、近所の赤子持ちのママで集まり
赤子を連れて避難するなら何処の避難所が良いか(近さ・設備・赤子の泣き声が迷惑にならないか等)や
赤子用の避難袋の中身について知恵を出し合った。
場所はAさんのお宅で、私の他にB・C・D・Eさんの計6人&子供達だった。
上の子がいるママさんに色々教えて貰って、4時間くらい話してお開きになった。
皆で後かたづけをしていると、Bさんが「私のポーチ見なかった?」と聞いてきた。
持ち寄ったお昼ご飯を食べた後、Bさんがポーチから出した薬を飲んでいるのを見たので
「さっきお薬飲んだときはあったよね?」「ソファーの隙間に落ちてない?」と皆で探したが見つからない。
1時間ほど探しても見つからず、でも中身が薬なので諦めるわけにもいかず、困っていると
Eさんが「皆気を悪くしないで貰いたいんだけど、このまま帰ったらモヤモヤするし皆で荷物をあらためない?」と提案。
Bさんは「そんな大事にしないで。明日病院で薬を貰えば済むから。今日一日くらい大丈夫だから」と恐縮していたが
結局、Eさんが率先して自分のカバンやポケットの中身をテーブルに出したので、皆そうすることにした。
最後のCさんの番になり、カバンの中身をテーブルに出したがポーチは無かった。
なんとなく皆ホッとした表情だったが、EさんがCさんに「Cちゃん。ポケットは?」と聞いた。
みるとCさんのポケットが不自然に膨らんでいた。
Cさんが「あの・・・これは、ナプキンだから・・・」と口ごもったが、Eさんは強く「出して!」と言った。
「あの、これ使用済みだから・・・、よそのお宅で捨てるのが気が引けて・・・・・」とCさんは半泣きになったが
Eさんは「良いから出しなよ!」と強引にCさんのポケットに手を入れた。
ポケットからはBさんのポーチが出てきた。

このページのトップヘ