百年の恋も冷めた

357: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/26(月) 16:13:49.15 ID:k9okNG4P
理不尽冷め

私なんかより数倍給料多いくせにデートで割り勘…とまではいかないけど誕生日やクリスマス以外で4割近く私に負担させた事に気づき冷めた。
フードコートからレストランにかけて「俺が半分以上出すよ」と言ってくれるのはありがたいんだけど誕生日とか以外でも男を見せて欲しかったかな…

89: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/12(月) 19:53:37.76 ID:dNEeo2GQ
先に謝っておきます、凄く汚い話です。
生まれて初めて彼氏が出来たばかりだった頃の話。
私の家の近くの部署に3日ほど助っ人頼まれた彼から、その間だけ滞在させて欲しいと頼まれ快くOKした。

555: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/07(水) 05:40:57.98 ID:qIlySqbR
好きな人に名前を馬鹿にされスレタイ
別にDQNネームってわけではないと思う。多分割といる名前
私の名前は「あやの」とか「よしの」って感じに最後に「乃」がつくんだけど
複数人で喋ってたら突然「前から思ってたんだけど、(私の名前)ってダサイよね」と言われた
咄嗟にえっなんで!?と聞くと
「いや、なんかダサイ まず名前の最後に『乃』がつく時点で…カワイコぶってるババアって感じ」
「こんな名前のヤツ彼女にしたら恥ずかしい」と言われた

398: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/31(水) 01:04:06.11 ID:ZJjDy+PB
彼氏のiPhoneが壊れて、保証入ってないから修理も高くつくというので
デートの予定を変更して急遽彼のiPhoneを買い替えに行くことになった

587: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/24(火) 23:54:11.67 ID:1K45JvH1
1年の頃からいいなーと思ってる子がいて、片思いしてた
2年の途中友達に彼女ができて、俺もそれに触発されて、好きな子にアプローチをしてみる事にした

516: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/04(日) 14:37:25.19 ID:w3JfCyWg
私のバイト先には、休憩中カップ麺食べる人向けに古いタイプの魔法瓶が置いてあるんだよね
カップ麺は食べないけど、休憩入ったら魔法瓶が空だったので
自分なりに気をきかせて、水入れてスイッチ入れようとしたら

当時いい感じだった男性も休憩入ってきて
「ああああー!何(給湯器の)お湯捨ててんの!?バカジャネーノ!?俺今日カップ麺なのに!」と騒ぎだした

836: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 10:00:48.36 ID:0T/wbXRL
ふと思い出したので書いてみる
21歳の頃、10歳上の職場の同僚と付き合ってた
元彼はご両親とうまく行っていなくて絶縁し家を出ていて、友達の家を転々としていたらしく、独り暮らしをしていた私とすぐに同棲状態になった
煙草が嫌いな私のために煙草をやめてくれたり、早く帰った日はご飯を作ってくれたり、楽しく過ごしていた
ある日、俺も家賃半分払うよと元彼から言い出した

25: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/02(日) 12:07:59.10 ID:nr/SVEG4
三年付き合って来年結婚しようと話してた彼氏にものの10分でフラレた事。
この前、その元彼と映画に行こうと私が車を出す約束をした。

906: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/01(金) 21:46:58.58 ID:6a6MDTSd
スマホからなんで改行おかしいかも
10年前に別れた元彼Aの冷め話を三つ
当時とっくに冷めていたがずるずる3年も付き合ってしまった

853: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/08(水) 08:08:56.82 ID:s3X3ka1G
百年の恋というか小学生の時の淡い初恋なんだけど、子供から大人までみんな仲良しなスポーツクラブがあってそこに親と一緒に小1から通ってた。

そこに大学生の男の人がいて、兄弟がいない私にとっては優しくてかっこいい憧れのお兄ちゃんになってた。

小1~4年生までずっと「お兄ちゃんお兄ちゃん」と言ってお兄ちゃんはすごく可愛がってくれて毎週スポーツクラブに行くのが楽しみになり
「将来お兄ちゃんと結婚する!」って1年生の頃から言ってたし、お兄ちゃんも「うんうん、結婚しようね~」と言って親も回りのみんなも「大学生と子供が仲良くて可愛いね~」とニコニコしてた。

4年生のバレンタインに、毎年お兄ちゃんにチョコあげてたから今回ももちろんあげた。
その頃にはお兄ちゃんはあくまで「憧れのお兄ちゃん」であって、別にクラスで好きな男の子がいた。

忘れもしないホワイトデー。

このページのトップヘ