気持ち悪い

334: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)19:04:16 ID:qA1
まだまだネットが一般的ではなかった頃、
自分の周りに同じ趣味を持つ人がなかなかいなかったため、
ある雑誌の友達募集的なコーナーに実名と住所を載せた。

それをきっかけに出会った人たちとは楽しく過ごしたが、
私は三年ほどでその趣味に飽き、
関わりを持った人たちともいつしか疎遠になり、
私の中で、趣味に関してはそこで終わっていた。

それから約20年が経って、手紙が届いた。
差出人は知らない人で手紙の一行目に大きく「謝罪文」のタイトル。

手紙の前半をざっくりまとめると、以下のとおり。
「20年前に友達募集の記事を見て私の家まで行った。
住所から番号案内で電話番号を調べて電話も掛けた」

私の父によると確かに20年前、
自転車に乗った男子高校生風の男が自宅を訪ねてきたことがあるらしい。
ただ、その人物がこの手紙の主かは不明。
電話については自営のせいか昔からいたずら電話や変な電話が多いので判別付かず。

305: 1/7 2011/09/18(日) 12:51:45.65 ID:3PiCDbIA
私が体験した夫クレキチ物件を。
フェイクもりもりの上解決済
前提として私は大学の時付き合ってた彼氏を後輩の女(A)に寝取られ、Aに子供が出来、彼氏は中退しAと結婚した。
当時は相当落ち込んでいたものの、現在の夫である近所のお兄さんに支えられ、無事大学を卒業して就職もできた。
それから7年後
夫と結婚し、娘(当時3歳)も生まれ順風満帆だったのですが、なんと保育園でAに遭遇。
Aの3男と同じ園だったらしいのですが、仕事の都合で娘の迎えは半分義母が行ってくれてたし、そもそも子供の年齢が違うためそれまで気付かなかった。

926: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)17:05:37 ID:FnRtoCuD2
私の元旦那は娘を溺愛してました。娘は元旦那そっくりな顔立ちで、お父さんっ子。本当に仲の良い父娘だった。
娘が小学五年生になったあたりから、月経が始まり体つきも変化してきた。
娘は元旦那をうざがるようになった。一緒に風呂に入るのは拒否、洗濯物を一緒にするのを嫌がるなど思春期女子にありがちな感じになっていった。
私はもちろん娘の気持ちは理解していたし、この気持ちの変化も立派な成長なんだと思っていた。
元旦那も理解してくれていると思っていた。理解していても溺愛していたので娘の態度の変化に戸惑いと寂しさを感じてるかもなーと思い、娘がいないところで元旦那と娘について話すことに。

元旦那は「あのバカ娘、あれだけ可愛がってやったのにあの態度はなんだ!」「別に娘の身体なんかに欲情はしない。別に風呂一緒でもいいだろ!」と、感情的になっていた。
あのくらいの年頃の女の子は父親に対してああいう態度になるものだ、ほとんどのご家庭のお父さんはコレを経験すると諭しても聞きやしない。
それに態度が悪いと言っても、暴言を吐いたり元旦那を邪険に扱う訳ではない。
風呂拒否、洗濯物拒否、幼少期より会話を交わさなくなる、元旦那に交友関係について聞かれてサラッとかわす。こんな感じ。

544: ◆pN9GDsCj66 2015/12/24(木) 14:50:15.02 0
件名
今日なんの日か知ってる?

本文
バカな○○(私の名前)は忘れてるかもしれない
それとも知らんぷりかな

クリスマス・イヴ?
それだけじゃない

そう、俺と君が付き合い始めた日だよ
すれ違ってしまったのは俺たちの運命じゃないはずだ
今からやり直そう
夜9時に××(ファミレスw)で待ってる

そのあとはあの時みたいに俺の家で…(笑)
White Christmasにしてあげるね





大学のサークル仲間だった男から
俺の家でってあんたの家行ったことないんですけど
そもそも付き合ってすらいなかったんですけど
同名の誰かと間違えてることを祈る

853: 名無しさん@おーぷん 2017/02/01(水)14:54:13 ID:dHR
長らく付き合っていた彼と諸事情によりアラフォー手前で籍を入れた。
式は挙げないし仕事も辞めないので職場で挨拶程度に報告をした。
職場は年中無休のシフト制で社員が一度に顔を合わせるというのは無理なので
上司&業務上関わりのある人には直接、それ以外の人は人伝に耳に入るだろうという考えでいた。
報告をした日の休憩中、先輩後輩同僚自分の女性4人でおしゃべりしていたら男性先輩Aが寄ってきた。
Aには直接報告していなかったけど耳に入ったらしく「結婚したんだって?おめでとう」と声を掛けて来てくれた。

そこまではよかった。
「吹っ切るまでに随分時間掛かったね」と言われて???てなった。
「なんのことですか?」
「俺が結婚した時に相当落ち込んでただろう」「???」
「ずっと気になってたから安心したよ」
そう言って立ち去っていった。
4人で呆気にとられてAを見送ったあと、同僚後輩にちょこっとからかわれた。
でもそもそもAがいつ結婚したのかすら知らない。
気付いたら愛妻弁当持ってきて子供がどうとか話していたくらいだから。
そう伝えたら3人とも気味悪がって、他の社員たちにAがいつ頃結婚したのか聞き込みしてくれた。

446: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)02:24:44 ID:zIc
文章下手なので読みにくいですが。

16歳のころ夏休みに5日間工場で短期バイトをした。
その時期はその業種の年に一度の繁忙期(例えばクリスマス前のケーキ工場のような感じ)で、
短期バイトや常勤のパートさん、指導係の社員さんなど、かなり工場内は人で溢れていた。

指導役の一人にAさん(当時33歳)という男性社員がいて、短期バイト集団をよく気をかけてくれていた。
33歳のAさんは16歳の私からみればものすごく大人だったが、気さくな雰囲気の人で休憩中にもたまに話していた。
その中で一度
A「◯◯(私)はいくつ?」
私「16です」
A「フレッシュだな~」
私「そうですよ~」
みたいな会話をした。

そんなこんなでバイトが終わりお給料でホクホクの夏休みを過ごしていたある日その工場から電話があり出たらAさんからだった。
2~3言普通の会話をしたあとで、突然「■日空いてる?」と聞かれ、またバイトかと思い「空いますよ」と答えると、
「その日は俺とデートだよ」と言われた。

162: 名無しの心子知らず 2016/06/07(火)22:15:47 ID:X2d
文才がないので上手くまとめられなかった。長文失礼。

以前のバイト先の後輩(男)から飲みの誘いがきた。
最後に会ったのは2年ほど前。私がバイトを辞めてからは一度も会ってない。
当時もほとんど話したことがなく、正直言って連絡が来るまで存在を忘れていたほど。
かといって私も付き合っている彼氏がいるわけでもないので、まあそれくらいならとOKした。
男の子とデートする機会なんてほとんどない喪女には、いい経験になるかと思っていた。

しかしこの後輩、自分から誘ってきた割に全く計画を立てない。
「まあ年下だし、こんなものなのかな」と仕方なく私が計画を立てたが、この時点で正直ちょっと冷めてた。
と言うより、嫌な予感がしていた。今思えば、その予感に従っていればよかった。

当日、酔っぱらった後輩は不審者と化した。

このページのトップヘ