旦那

799: 名無しさん@おーぷん 2017/01/29(日)20:30:26 ID:1sb
とうとう旦那がやらかしやがった。
何度も何度も、「出かける時は必ず家の鍵を閉めて。」と耳にタコができるほど言ってたのに「神経質w」「はいwまたヒスった~w」ってふざけやがって糞が。
一昨日旦那が休みの日にとうとう空き巣に入られた。
家から15分くらいのとこにある公園にランニングに行ってたんだってよ。
もちろんいつも通りに鍵かけずに。
帰ってきたら家の雰囲気が変わってて、見てみたら現金とか私の貴金属類が綺麗に無かったって。
アホなのか病気なのかなんなんだろう。
もう嫌だ。離婚する。

393: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)17:59:21 ID:gcM
亭主が双子なせいでプチ修羅場がwww
今では笑い話になっている話しですがお付き合いください。

672: 名無しさん@おーぷん 2015/11/15(日)19:54:50 ID:rgM
旦那がクルクルパーすぎて頭が痛い。
結婚前に、お互いの両親の介護には干渉しないと決めていた。
私の両親はすでに他界しており、義両親はウトもトメも施設希望でそのための貯蓄も十分にある。
万が一施設入りが駄目になっても義兄夫婦が介護すると名乗り出ている。

49: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)22:13:50 ID:6cy
旦那がインコを買いたいから私の生理用品代、化粧品代を減らせと言ってきた。
最初、なにいってんだこいつと思ってしばらく思考停止。

460: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/16(金) 07:22:42.54 ID:p3TFAs0y
旦那の言うことは何でも聞いてきたけど借金の保証人になれと言われた時はさすがに断った
旦那には兄弟がいるんだから兄弟に頼めばいいのに
「カッコ悪いところ見せられない」とか言って私に押し付けてきた
旦那のことを世界一信用してないから断ったら
高校を出たばかりの長男を保証人にさせると言い出した

680: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)00:18:52 ID:983
2年程前の修羅場

現旦那と遠距離恋愛していた私は結婚するにあたり、関東から大阪に引っ越した。
大阪は治安が悪い!というイメージが強く(大阪の方すみません)住む場所は治安の良い所を最優先で決めた。

駅からは遠いけど、いわゆる高級住宅地でスーパーが近く、家賃もそれなりの所が見つかった。
私も旦那もガサツな性格なので、人様に迷惑かけないようにと二階建てハイツの1階に入居。
道路からは外れて、ベランダの目の前は駐車場、周りはのどかな田んぼか住宅で、静かな環境だった。

引越してすぐに私の仕事も決まり、猫を迎え入れ、遠距離してた旦那とずっと一緒で喧嘩しながらも幸せな生活を送り始めた。

572: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)16:42:14 ID:HHm
娘が4ヶ月のときに旦那がインフルエンザに感染。旦那が治癒するまで娘と私は実家に帰ろうかという話になって揉めました。

106: 名無しの心子知らず 2015/05/21(木)21:07:28 ID:IgO
妊娠中どれだけ悪阻が辛くても腹が張って辛くても旦那は何もしてくれなかった。
実家は当時里帰りできない事情があり初めての妊娠で不安だった。
食べた直後に洗面所に駆け込みリバースしてても(食事中なのに…)と言いたげな不機嫌顔。
重いものを持つのが辛くてごみ出しをお願いしたら、
「今さ、専業主婦だよね?俺これから仕事なんだけど」と切れ気味の笑顔で言われた。
お腹が邪魔で足の爪が切れないからお願いしたら「何様?」
他にも色々ある。

無事に出産して旦那は子供を可愛がっていたし、
育児に奮闘して妊娠中の事は忘れていた。

ある日旦那が具合悪そうにしていた。
寝込んでいる旦那が「水を…」と頼んできたので持ってきて渡そうとした。
直後に妊娠中に受けた仕打ちを思い出した。

108: 名無しさん@おーぷん 2016/01/18(月)19:38:03 ID:e2y
旦那が変な方向にはっちゃけている。
義母は幸い良トメで全く干渉してこない、口も出さない人。
義父は元会社員、義母は元公務員で年金額も十分だし、持ち家。「仕送りいらない。老後のお金は確保してある」
と、こちらがなにも言わずとも結婚前にキッパリ宣言してくれた出来た人。

168: 名無しさん@おーぷん 2014/09/17(水)11:55:57 ID:yhIo7XWv7
妊娠中、つわりが酷くてとてもじゃないが妊娠前と同じように家事をこなせなかった。
もう食事のにおいは駄目。ティッシュで鼻栓して口呼吸してなんとか料理ができる。
旦那は残業も殆どない超絶ホワイトな会社に勤めており、帰宅は5時半前と早い。
その時間に帰宅して、鼻栓しながら料理している私を見てため息をついては文句を言ってきた。

このページのトップヘ