教育

401: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)10:52:39 ID:2Uw
嫁と娘の教育方針で揉めてる。
娘が何か怒られるような事をしたとする。娘は嫁や俺にすかさず謝るのでよくできた娘だと内心誇らしい気持ちでいる。
しかし嫁は娘が謝っているのに、どういう気持ちで謝ってるの?謝る理由を言ってごらん?と掘り下げていく。
娘がしどろもどろになって泣いて俺のところに助けを求めてくる。
謝ってるんだからそれ以上責めるなよ・・・と思うのだが
嫁は「娘はごめんなさいという単語を言えば許して貰えると思っている。そこに自分のどこが悪かったのかとか反省しなきゃという気持ちは無い。
今の娘にとってごめんなさいはただの単語だ」と言ってくる。
5歳の幼児に説明求めるなんて鬼畜にも程があるだろうと言ったら
「5歳ならある程度説明できる。支離滅裂でも反省している気持ちが伝わればいいの。
貴方は娘にとって嫌な事から逃げる都合のよい場所になってるのに気づかない?」と言い返してきた。
更に「ときには貴方のように逃げられる人間を作ってあげる事も必要。でもそれが毎回だと娘は甘やかされた人間になる」と淡々と言う。
これは離婚案件か。娘の親権をとって嫁から逃がしてあげたい。
娘のとっても俺にとっても修羅場。

220: 名無しさん@おーぷん 2016/01/23(土)19:08:05 ID:6LB
旦那と子育ての意見が合わなくて昨年末に離婚した。
口は出すけど手は出さないの典型で、仕事で疲れてるからと逃げ出す人だった。
仕事をしているのは私も一緒。仮にこちらが専業主婦でも育児は参加するべきだと話し合っても、巧みに話を脱線させて、
いつのまにか別の事でこちらが責められる事が多かった。
私は完全にエネミーだったけど、遊んで食べるお菓子の件で揉めたのがきっかけで目が覚めた。
遊んで食べるお菓子というのは、ねるねるねるねとか、たこ焼きそっくりに作るお菓子とか。最近はきのこの山を作るのもあった。
旦那はこれらを「食べ物で遊ぶ事を刷り込む粗悪品」と捉えていて、娘が食べている最中に取り上げて泣かせていた。
私はこれらを頻繁には与えていなかったけど、たまにはと親子のコミュニケーションも兼ねて娘に与えていた。

このページのトップヘ