恐怖

411: 名無しの心子知らず 2011/08/27(土) 09:36:05.77 ID:kBQQxkRc
近所のママが警察に連れてかれた。日頃からセコケチクレクレ激しいママだったけど
とうとう何かやらかしたんだと思ってたら、近所のおばちゃんが

息子が人身事故で被害届を出されたので、慰謝料払えないんだからこれで相殺しろと
娘の足を金づちでぶん殴って折った→逃げ出して助けを求め発覚

息子は長男!大事!な人なのは知ってたけど…ここら田舎だからそんな人多いけど、
キチ入ったのは初めて聞いたわ。

241: 1 2011/08/01(月) 15:00:44.00 ID:PMQrlYVp
フェイクもあるので矛盾はスルーでお願いします。

悪意を込めてるわけではなくて、友人が自ら言った事。
友人娘は「悔しいです!」の芸人に似てる女の子。
あんまり笑わない。愛想がよくない。
私子ちゃんは愛想もいいし、二重でかわいい。
ここまで前提。

友人Aと子供を連れてお出かけ。
子供を遊ばせるためにSCのちょっとしたキッズスペースへ。
お茶を入れたマグを忘れてきてたので、隣の赤ちゃんショップへお茶を買いに行った。
子供は見ててくれると言うので、お願いして急いで買いに行った。
戻る途中に鳴き声しかもギャン泣き。娘っぽい声。
転んだか?頭ぶつけたか?と思い小走りで戻ったところ
友人が抱っこして連れ去ろうとしてるところを止められいた。

友人「私の子です!触らないで!」身をよじりながら娘が「ぎゃー!!!」
おばちゃん「あんたの子はあっちだろう!」なおも娘は「ぎゃー!!!」
おじちゃん「その子も母親に手延ばしてるだろ!」
(おじちゃんたちはお孫さんの相手をしていたらしく、友人娘も私子も見てた)
吹き抜けになってて、すぐそばに手すり。
逆上して落とされでもしたら。。。と考えたら無暗に近づけなかった。
騒ぎで呼ばれた警備員と野次馬に囲まれ、友人は泣きだした。
娘は戻ってきた。しがみついてきた。抱きしめた。涙が出た。

575: 名無しの心子知らず 2011/08/04(木) 00:17:27.89 ID:KALcpMeI
一年前から計画して、お金貯めて、ママ友5人で沖縄にいった。冬だけど。
夜、思いっきり飲んで酔って地元の人にナンパされたりもしてちょっと良い気分だった。
ホテルの露天風呂を貸し切りにして入りに行ったら、さっきのナンパおじさんらがいた。
こっちはマッパ。固まる私達に、ママ友の一人が「今夜は楽しもうね!!」と…
お前が引き入れたのか!!
すぐに服を着て部屋に戻ると別のおっさん達が全裸で待機。別のママ友が部屋にいて、
「ねーすぐに始める?」と。
私含めた3人でホテルのロビーへ行き、事情を話して別のホテルへ移った。
勿論COなんだけど、問題の二人は「ママ友だけで旅行するってこういう事でしょ?」と。
確かに今まで下ネタを話した事もあるけど、そういう人だとは気付かなかった。
その後数年沖縄がトラウマで行けなかったんだけど、
今年ようやく家族で行く事になったので厄落としに書いておきます。

224: 名無しの心子知らず 2011/08/18(木) 08:10:19.81 ID:ZIaOtCO1
昨日スーパーにて全身ふりふりレースなキ○ィちゃんの服(ゴスロリ寄り)を着た40後半の女性に絡まれた

野菜コーナーで手に取ろうとした野菜を思いっきり横から取られ、
ヘタレな私は取られた側にもかかわらず「あ、ごめんなさい…」と謝った
するとその全身キティ服の女性はこちらをガン睨み。
私はわけわからず再び謝り、買い物もそこそこにそそくさとレジへ。

すると今度は、私の並ぼうとしたレジにスラーっと横入り。
そしてまたガン睨み。怖い。
私が戸惑っていると店員さんが「そちらのお客様が先ですので…」と私を先に会計しようとしてくれた
するとキティ服さん、三白眼のごとく目を見開き、私を睨みながらゆっくりと隣のレジへ。
この時点で私は恐怖で心臓バクバクだった

680: 名無しさん@おーぷん 2015/11/16(月)00:18:52 ID:983
2年程前の修羅場

現旦那と遠距離恋愛していた私は結婚するにあたり、関東から大阪に引っ越した。
大阪は治安が悪い!というイメージが強く(大阪の方すみません)住む場所は治安の良い所を最優先で決めた。

駅からは遠いけど、いわゆる高級住宅地でスーパーが近く、家賃もそれなりの所が見つかった。
私も旦那もガサツな性格なので、人様に迷惑かけないようにと二階建てハイツの1階に入居。
道路からは外れて、ベランダの目の前は駐車場、周りはのどかな田んぼか住宅で、静かな環境だった。

引越してすぐに私の仕事も決まり、猫を迎え入れ、遠距離してた旦那とずっと一緒で喧嘩しながらも幸せな生活を送り始めた。

828: 名無しの心子知らず 2011/05/25(水) 13:04:54.35 ID:I5oaUJrS
仕事帰りに近くのレストランで食事してたら、髪留めを盗られた
しかも、髪 の 毛 ご と


いきなり後ろから髪を引っ張られて、子供が悪戯してるのかと思い注意しようと
振り向こうとしたら耳元でハサミの音がした。一瞬何が起きたのか理解できず硬直
で、妙に頭が軽くなったと思ったら束ねていた髪がうなじ近くまで消えていた

180: 名無しの心子知らず 2011/05/05(木) 18:56:11.60 ID:dTV91XD5
近所のシンママに兄クレクレされた。

兄は某国立大学卒、そのまま院へ。
田舎なので兄を知らない者はいない状態。
離婚して戻ってきていた近所のシンママ、いきなりやってきて兄クレクレ。
祖母と母に追い出される。
夜、部活で遅くなった弟が近くの田んぼ道で襲われかける。
家の敷地に駆け込んできた弟の後から、下着姿の女性が追っかけてきたのを私と祖母が目撃。
シンママ「弟が誘惑してきた」「兄と結婚させてくれるなら許す」とか喚いて、わけわかめ。
「兄の子どもが欲しい」「精子だけでもいい」にはどん引き。
見苦しいので捨てようと思っていた私のロングパーカーを着せておく。
シンママ母と警察に連絡、到着してからもぶつぶつ言っていて埒があかず連行されていった。
その際シンママが暴れて弟に襲われたと叫んでいたこともあり、祖母が近所に真実を根回し。
愛想のいい弟は昔から周りのじじばばに可愛がられていたので、近所中がシンママ敵認定。
元々おかしなところのあったシンママは病院に。
子どもは挨拶もできる普通の子で、騒動後、離婚した父親のところに行った。
シンママ母はまともな人だけど、あまり見かけなくなった。
近所に変な人がいて何かが起きると、後味悪いなと思ったよ。

437: 名無しさん@おーぷん 2017/07/23(日)13:21:49 ID:wae
高校生の時、人を殺しそうになった。

学校帰りに痴漢(というよりも強姦未遂)された。
当時住んでいたのは開発中の住宅地で、まだ家が少なくて空き地が多く、街灯も少ないので注意は呼びかけられていた。
その日は学校が塾代わりに行っていた夏休み補講の帰りで、夜7時台でまだ真っ暗ではなかった。
駅からの帰り道でいきなり後ろから抱き着かれ、空き地に引き込まれそうになった。
覚えているのは間近で見た気持ち悪いニタニタした顔と、「ブヒブヒ」とでも形容したらいいような
いびきみたいな不気味な声だった。
大声を上げたところまでは覚えていたけれど、気づいたら何人もの人に囲まれていて、
私は若い男の人二人に両腕を抱えられていた。
無我夢中の反撃で投げた石が犯人に当たり、犯人は昏倒していた。

犯人は、空き地に止めた車に私を引き込んで事に及ぼうとしたようだった。
私の大声が少し離れた家に届いていたようだった。そこの家のご主人は会社の社長さんで、
その日は運よく従業員の人たちと家でバーベキューしていたので、
私の声を聞いてみんなで来てくれた。

その人たちが来た時、私は半狂乱で、うつぶせに倒れた犯人に馬乗りになって首を絞めていて、
遅ければ犯人を殺していたかもしれなかった。

385: 名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水)09:16:10 ID:mJC
小学2年の時に危うくコロされかけたこと。
その日は祖母が急タヒしたので早引けさせてほしいと母から学校に連絡があって
お昼前に帰ることになった。
で、走って自宅に向かっていたら突然どこからか男の人が現れて抱えあげられた。
あまりに突然なことにビックリして大声を出すことも泣くことも忘れてて
誰!?放して!みたいなことを言いながらただジタバタしてた。
そしたら急に体が宙に浮いて、直後水に叩きつけられた。

791: 名無しさん@おーぷん 2017/08/29(火)17:30:04 ID:CDV
昭和の話です
幼稚園の頃、家の近所で妹と友達の3人で遊んでた
すると黄色い自転車が近くの電柱にすーっと止まって、おじさんが降りてきた
いくつと聞かれたのでそれぞれ元気に答えたら、
「おじちゃん一人でおしっこできないから、手伝ってくれない?」と言われた
大人なのに変だと言ったら「じゃあ見てるだけでもいいから」と本当にチャックを下ろし始めた
私達は爆笑して3人で手をつないで走って逃げた
親には特に言わなかった

たぶん同じ男に、小学校にあがった頃にもう一度会った
数名で木登りしてたら黄色いバイクが根元に止まって「すごく面白い本があるからおいで」と言われた
ワラワラと降りて見せてもらったら、エ〇本だった
「家に来たらもっとすごいの見せてあげる」と言われて「変態だ!変態だ!」と叫んで皆で木に登って逃げた
変な本を見ちゃったのが後ろめたくて、やっぱり親には言わなかった

そのまま数年が経って、宮崎勤の事件が起こった
被害者の子は同じくらいの年齢で、少し離れているけど知っている地名で、
テレビで犯人を見て「あの時のオジサンかもしれない!」と思ったときが修羅場だった

太目で無精髭があったことしか覚えてないから今も真相は分からない
でも、自分があのとき大人にちゃんと言えば、あの子達は生きていたかも知れないという後悔は小学生には本当に重たかった

このページのトップヘ