恐怖

272: 名無しの心子知らず 2016/07/18(月)11:42:53 ID:RH4
夫の両親はとてもいい人で、適正な距離を保ってくれるんだけど
義父の上司夫婦に粘着されている。
この上司夫婦は子無しで、夫のことを実の子供代わりに可愛がってきたそうだ。
夫は小学生くらいまで無邪気に慕っていたんだけど
中学生あがりから、上司夫に進路に口を出されたり(俺の母校へ進学しろ、と)
上司妻に交友関係に駄目出しされるようになって、苦手になっていった。
高校生以降はなるべく避けてきたらしい。
さすがに義父の上司相手なので強くは出られないけれど、
夫、義母ともにやんわりフェードアウトを望んでいた。
でも節目節目でやっぱり干渉はあり、
夫がはじめて車を買ったとき、初試運転に義母より先に乗っちゃったり
夫の一人暮らし先に泊まりたがったり
見合いをしつこく持ちこんだり(相手は上司の姪っ子)色々あったようだ。
で、去年夫が私と結婚。

589: 名無しさん@おーぷん 2017/08/10(木)13:07:14 ID:HN1
修羅場、もう10数年前のことだけど
夕方自宅の近くで子供が帰ってくるのを待ちながらママ友とおしゃべりしてた。
そしたら私たちが立ってる場所の真ん前のお宅から顔見知りの奥さんが慌ててるふうに出てきた。
「どうしたの?」って聞いたら「お味噌が切れてたの忘れてた!」とか言って車に乗り込み、
ああ料理中に切れてることに気付いて焦ってんだな~と思った。
で、またママ友との話に戻りかけたところでブワッ!!!みたいなすごい音がしたかと思うと
物凄い勢いで車が向かってきた。
うっかりアクセルを思いっきり踏み込んだらしい。
私は体を回転させる感じでギリギリかわせたけど、一緒にいたママ友がもろに塀と車に挟まれた。

629: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)16:52:23 ID:x7u
もう3~4年くらい前になるかな。
その当時は県外の高校に進学したためマンションで1人暮らししてたんだ。
両親が「女の1人暮らしはセキュリティが大事だ!」って言って、学生専用のオートロック付きマンションに住んでた。
今考えたら私が底抜けの馬鹿なんだけど、家の鍵の開け閉めが面倒くさいからと、鍵を掛けずに出かける事が度々あったのね。
エントランスはオートロックなんだし大丈夫だよねーって感じで。

その日も朝遅刻しそうだったのもあって鍵開けっぱなしで学校へ。
授業料受けて放課後は部活やって。
部活終わりに友達と喋ってて急遽友達ん家にお泊まりしに行くことに。
じゃあ荷物取ってきて鍵もかけなきゃーって、友達ととりあえずうちに向かう事になったのね。
家に着いてドアノブを回したらガチャッてなって開かない。
(あれ?朝鍵かけ忘れてた気がするけど勘違いだった?)と考えながらも鍵を開けて部屋に入ったんだ。
そしたらなんか違和感。
それぞれの家にはそれぞれの匂いってあるじゃん?
入った時に自分の部屋とは違う匂いがしたんだよ。
なんか変な胸騒ぎがして、「あ、そういえば生理用品切れてたんだ!ちょいコンビニに着いてきて~。」って友達と部屋を出て急いでエレベーターで1階に降りてマンションから出た。
そこで友達に部屋で感じた違和感とかを話して交番に行く事にしたんだ。
自分達だけで部屋に戻る勇気なかったし。
交番で事情を話したら私の気のせいなだけかもしれないのにおじさんお巡りさんが一緒に来てくれる事に。
「気のせいなら気のせいで、何もなくてよかったねって話なんだからさ。」って言ってすごく優しかった。
マンションに戻って家の前に着いて鳥肌。
廊下に私のスニーカーが片っぽ落っこちてたんだ。
慌てて玄関から出て蹴りだしちゃったって雰囲気。
もちろん私と友達が出た時にはなかったよ。

つぎで終わる。

458: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、
部屋を覗いてみると誰もいない。またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。

以後、私 姑 娘の会話。

私「娘ちゃん、誰と話してるの?」

娘「たーくん」

姑「たーくんはお友達なの?」

娘「出られない子なの」

私「出られない?」

娘「うん、出られない」

いよいよホラー的な何かを感じた私と姑は、旦那の帰りを待ち押し入れの中を隅々まで調べて貰うことにした。

924: 名無しさん@おーぷん 2014/07/21(月)13:16:20 ID:7eBszw8Da
うちの旦那がマジ基地なんだけど。

旦那が長男なので結婚当初から同居。私達夫婦と義両親と義母側の大姑と住んでます。
1年程前から大姑はボケてしまってて身の回りの世話を私と義母でしてる。
義両親と関係はとても良好、大姑も攻撃的な感じはなくポワーンとしたいいボケ方?で仲良くやってます。
旦那が先日1年半の出張を終え帰ってきて、ボケちゃった大姑に初対面。
かなりのお婆ちゃんっ子だったらしい旦那はその姿を見てすごく悲しんでて、ちょっと落ち着いてくる...と自分の部屋に入っていった。
私も義両親も、しょうがないよねと旦那をそっとしといた。
しばらくすると大姑の部屋からキエエエエエエ!!みたいな悲鳴が。
私は、たまにあったのでまた大姑がベッドから落ちたのか?!と急いで大姑の部屋へ。義母も駆けつけた。
大姑の部屋を開けると部屋の隅っこで丸くなって震える大姑と孫の手でビシビシ大姑を叩いてる旦那がいた。
慌てて旦那を止める私と義母に旦那はキョトンとしてなんで止めるの??と。
むしろお前が何しとんのじゃー!と切れる義母に旦那は、だってばあちゃんう○こしたんだよ?悪い事したら叩いて躾ないとダメじゃん?ばあちゃんの為にやってんだけど??ってさも不思議そうに言いやがったよ。
義両親と大姑の名誉の為に言っとくけど、子供の頃躾の為に叩かれるなんて事はなかったと旦那兄妹の証言。
幸い大姑はたんこぶが1個出来ただけで済んだけど旦那なんなの??
暴力的な人じゃなかったのに。

400: 名無しの心子知らず 2016/07/27(水)10:29:44 ID:Jym
朝からお腹の調子が悪く、会社の最寄り駅に着いたときがピークだったけれど
駅のトイレを利用するのは気が引けて、会社まで我慢しようとお腹を押さえながら歩いていた。
ふと視界の端に、前から女性が来るのが見えたから壁際に寄ったんだけど、
なんというか通路のど真ん中を歩いてくるというか、少しずーつこちらに近づきながら歩いてる感じ。
疑問に思いながら壁すれすれで歩いてると、すれ違いざまに拳でお腹を殴られた。

何が起きたのか分からなくて振り返って唖然としてると、
「ごーめーんーねーえー?」と目を見開きながらニヤニヤ笑われた。
驚きとショックと怖さと怒りと色んなものが交じり合って、何も言えないまま立ち去ることしかできなかった。
会社についてトイレでちょっと泣いた。

その日の仕事終わりに駅員さんに言いに行ったけど、
殴られた場所が駅ビルの中だから管轄外で、尚且つ監視カメラもついてない場所で
目撃者もいないから泣き寝入りするしかなかった。

駅員さん曰く、ワンピースを着ていたから妊婦に見えて殴ったんじゃないか、と。
確かにワンピースでお腹に手を当てながら歩いていたから妊婦に見えなくもないけど、
それにしたって怖いなあと思った。
未だに忘れられないし、今後妊娠することがあったら本当に気をつけようと思う。

208: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)23:58:01 ID:Lqm
私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
私は声も出ず呆然とした
感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した

165: 1/4 2017/05/04(木)12:44:17 ID:uTn
5年前の2月ごろから夕食後に睡魔に襲われてうっかり寝てしまうことが増えた俺(当時31)。最初はこたつでうとうとなんていう可愛げのあるものだったけど、段々と寝る時間が増えてしまって、2、3時間ぐらい平気で寝てしまっていた。
よほど疲れているのかなと思ったけど、にしても週1から2回は多すぎるので医者に行って見てもらうと嫁(当時28)に言ったら「気にしすぎよ」と言われたから、まあそんなもんかと思いながら過ごしていた。
そんな生活が続いた一年半続いた3年前の夏に、嫁の飯が恐ろしくマズく感じた。苦味とも渋みとも違う変な味がして、「今日のメシマズくねえか?」って聞いたら「いつもと同じだけど…」と言われたから、どこか悪いんじゃないかと医者に行こうと決意。
その直後に強烈な睡魔に襲われてベッドに入って寝ようとしたら、嫁から「寝る前に風呂入ってよね!」と言われたけど、とてもそれどころじゃなかった。
この時、夜の8時ぐらいだからいつも通りなら11時には起きるだろうと思ったんだけど、目が覚めたら外が明るい、というか眩しいので時計を見たら翌日の昼の11時。
これはおかしくないわけがないなと思って「これこれこうだから医者行ってくるわ」と言ったら「気にし過ぎよ」と言われたけど、それを蹴って医者に行ったら、体内から大量の睡眠薬が検出されたと言われ、風呂にでも入っていれば十中八九溺死していたらしい。

681: 名無しの心子知らず 2013/04/17(水) 17:17:42.44 ID:YUB6L3TP
隣の部屋の奥さんがなんでも真似する人。
二人の子供の妊娠時期とか真似され見事に同年代で同じクラス。
子供の名前も真似されそうになったがそれだけは徹底に避けた。
最近その奥さんが3人目を妊娠したとのことでなぜか私にも妊娠してほしいなーとお願いされた。
奥さんの言い分は家族構成、子供の年齢、性別、名前まで一緒じゃないと意味がないらしい。わけわからん。
二人だけで手一杯だし仕事復帰してるしーとやんわり笑ってごまかしたけど。

現在は念願の一戸建て建築中。あともう少しで完成なんでスピーカー大家さんに退室を報告したわけだが
それを聞きつけた奥さんが予想通りジタバタ。
ピンポンを連打&「引越し&建築をやめて」とドア越しに喚いたり。
居留守を決め込んでるし、絶対うちの旦那がいる時には来ないので安心安心。

なんか精神的な病気なのかねー。

779: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)00:36:06 ID:e1300s4le
去年の冬の恐怖体験を書く

夕方6時くらいだったけど、冬なので真っ暗だったある日
いつものように愛犬の散歩をしていた時のこと

うちの愛犬は、●をするのに時間がかかる
お気に入りの電柱付近を行ったり来たりうろうろし
ぐるぐる回って精神を集中させてから挑む
なので●の時はその電柱の付近に5分くらい留まっている

その夜、いつものように愛犬が精神統一中で
後始末セットを持って私も心の準備をしてたら
背後の私のお尻あたりに、ドンっと軽く衝撃があった
「え?」っと思うと同時に腰(骨盤の上のあたり)を掴まれた感覚があり
ビックリして振り返ると私の真後ろに人がいた

なんと 全 裸 の お 爺 さ ん だった

このページのトップヘ