引いた

461: 名無しの心子知らず 2017/05/20(土)17:56:10 ID:QpC
私当時19歳アパレル店員 彼当時22歳ケータイショップ店員
私は原宿で働いてて結構派手なファッション大好きだった。
彼もオシャレは好きみたいだったけどセンスあまり良いとは言えず、
どこかズレてるのでいつも共通知人にはよく彼の服装はバカにされてる所をよく見てた。
でも私はあまり気にしていなかったし、自分も当時の原宿って感じの男性受けはしないであろう、
派手派手な目立つ格好を許容してくれてるからそれだけで充分だった。

451: おさかなくわえた名無しさん 2016/10/31(月) 12:45:09.79 ID:91vUIJ/M
大学4年の時に知り合って付き合い始めた彼氏。
私と知り合ったときにはすでに事務系公務員に内定してたから
免許取る必要がないと言って取りに行く気は皆無。
そのくせ私の車をさも自分のもののように友人に自慢、
徒歩5分ほどのコンビニに行くのに歩きだとわかると不機嫌に、
車でしか行けないようなところにやたら行きたがる(どんなに疲れてても私は運転代わってもらえない)
そしてガソリン代と言う概念はない、
この時点でだいぶ冷めてた。

702: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/05(木) 11:20:04.61 ID:dDmgMz9P
自分が高3の時、
割と有名や個別塾に通っていて、
そこで、講師の先生(大3年)と付き合っていた。

今思い出すとタヒにたくなるけど、
当時はわたしのテンションやらなにやらが全て狂っていて、
受験も恋も頑張るわたし的なばかだった。

569: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/02(月) 16:03:00.95 ID:q0uzvdck
Aはよくバイトのシフトかぶるので、一緒に帰ったり遊んだり食事したりいい感じで
俺はAの事いつの間にか好きになってた
周りからも付き合ってるんじゃないかと噂される程
俺もその内付き合うんだと思ってた

531: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/31(土) 16:16:39.42 ID:n6riFfS9
好きな人のために、自分ができることはなんでもしてあげたいと思うそうで、
デートのときはいろいろなことを俺に任せてほしいと言われた。

たとえば、スタバやドトールでは注文は各自でするんじゃなくて、
私がほしいものを彼に伝えて、彼がまとめて注文、会計。
アイスドリンクを頼んだときは、
彼が私の飲み物にストローを挿して、私の目の前に置くところまでやってくれる。

239: 名無しさん@おーぷん 2016/06/28(火)07:34:04 ID:GjQ
旦那に痛くもない腹を探られてブチ切れ&氷点下冷め
しかし離婚を言い出す勇気がない

まとめられなかったので長文書き捨て

私は子梨主婦
旦那の強い希望で寿退社して専業主婦
2人暮らしなので家事の量も少なく、基本的にヒマ
友達との平日ランチもエステも自由に行かせてもらってる
旦那には十分な生活をさせていただいてる

243: 名無しさん@おーぷん 2017/10/14(土)12:05:48 ID:B12
昨日彼氏の職場で飲み会があった。
電車を使うには不便な場所に住んでるので、私が通勤ついでに彼氏を駅まで送り、帰りも連絡を待って駅かお店へ迎えに行くのがいつものパターン。
毎週金土は彼氏の家に泊まりに行ってるので、連絡を待ちながら彼氏の家でテレビを見てたら11時過ぎにインターホンが鳴った。

516: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/04(日) 14:37:25.19 ID:w3JfCyWg
私のバイト先には、休憩中カップ麺食べる人向けに古いタイプの魔法瓶が置いてあるんだよね
カップ麺は食べないけど、休憩入ったら魔法瓶が空だったので
自分なりに気をきかせて、水入れてスイッチ入れようとしたら

当時いい感じだった男性も休憩入ってきて
「ああああー!何(給湯器の)お湯捨ててんの!?バカジャネーノ!?俺今日カップ麺なのに!」と騒ぎだした

836: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/03(金) 10:00:48.36 ID:0T/wbXRL
ふと思い出したので書いてみる
21歳の頃、10歳上の職場の同僚と付き合ってた
元彼はご両親とうまく行っていなくて絶縁し家を出ていて、友達の家を転々としていたらしく、独り暮らしをしていた私とすぐに同棲状態になった
煙草が嫌いな私のために煙草をやめてくれたり、早く帰った日はご飯を作ってくれたり、楽しく過ごしていた
ある日、俺も家賃半分払うよと元彼から言い出した

179: 名無しさん@おーぷん 2016/11/01(火)20:35:31 ID:38v
夫が遠方に出張した際、付き合いでキャバクラに行った
風俗以外ならそういうお付き合いも仕事の一部だと考えてるし、夫にもそう伝えてあったので
そうなんだ~くらいで済ませた

このページのトップヘ