家族

484: 名無しさん@おーぷん 2015/11/08(日)09:10:11 ID:BDH
旦那は男3兄弟の末っ子。
旦那の話によると、長兄は成績優秀・運動神経抜群・容姿端麗のいわゆる完璧な子供だった。
比べて次兄と旦那は平々凡々でとりたて目立ったところはなかったという。
旦那両親(義両親)は、長兄にばかり愛情を注ぎ、次兄と旦那にはネグレクトは無いものの、基本放置。
幼かった次兄と旦那は義両親の気を引くために問題を起こしてばかりいた。余計にダメな子扱いを受けたらしいけど。
次兄は中学に入ったあたりからグレた。不登校夜遊び飲酒喫煙・・・義両親は更に次兄にキツく当たった。
旦那はグレはしなかったが、何事にも意欲がわかず、成績も5段階中 2~3という中途半端な結果を出して義両親に文句を言われていた。
比べて長兄は相変わらず順風満帆で、幸せ絶好調。弟二人を見下し、挙句の果てには「おまえらと血が繋がっているのが最大の汚点」と言ってのけたらしい。
旦那は長兄に可愛がられた記憶がなく、グレた次兄に可愛がられた。兄弟との思い出は次兄しか出てこないと言っていた。

615: 名無しさん@おーぷん 2016/01/02(土)18:19:02 ID:ThJ
もう六年ぐらい前の話。姉に携帯を逆パカされたこと。
最初は目の前で何が起こっているのか分からなかった。
どうやって仕事関連の連絡取ろうか。ネットができない(当時パソコン壊れていて携帯でネットしていた)。彼氏にメール返せない。
色んな不安が沸いてきて「ぎゃーー!!!!」ってリアルで叫んで姉の胸を殴って壁に叩きつけてしまった。

うちは典型的な長女に厳しくて次女に甘い家だった。
「学生の本分は勉強」「家と私を放っておかないで」と言われて、姉は週7日塾に行かされて勉強に邪魔なものは買ってもらえていなかった。
そのうえ家事も姉の担当だった。自律神経なんちゃらと言って母はよく家事をサボっていた。
手伝おうとはしたけど断られた。
門限は高校生になっても六時。友達と遊ぶ時は母に会わせないといけなかったようだけど、私の記憶が正しければ母は姉の友達に家族構成や住所まで聞いていた。
姉は大学受験の何ヵ月か前に吐き気を訴えるようになって一日の大半を眠って過ごすようになった。
そのまま家にいる。

202: 名無しさん@おーぷん 2015/10/02(金)21:34:32 ID:eeG
普通だった兄がある日突然クソ人間になったのが修羅場

私と兄は三つ違い
兄が大学を出て就職した年、両親が私達兄妹をリビングに集合させた
妙にあらたまった感じで父が話したのは、兄の出自について
なんと兄は両親の実子ではなく結婚してしばらく子供が授からなかったので、施設から迎えた子だった
(特別養子なんちゃら、みたいなの)
ところが何かの加減か、兄が三歳になった頃に実子の私が誕生したと
ずっと秘密にしてきたけど、兄が就職、私は成人になったタイミングで話すと決めていたらしい
流石にちょっとショックだった
両親の育て方はまったく平等で、兄も私も実の兄妹だと疑いもしてなかったから
けどその後兄ともふたりで話して
「今まで通りだよな」「そうだね」とサラッと終わった

……はずだったんだけど、
その日を境に兄がおかしくなっていった
兄は就職してからも実家住みで、その代わり家にお金を入れていたんだけどそれを『搾取』だと言い出した

348: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)17:26:08 ID:VFI
娘が去年お嫁に行った。
娘は元夫の先妻さんが産んだ子で、私とは血がつながっていない。
元夫とは見合いで結婚した。当時娘2歳。
6年後離婚。元夫がいらないと言うので私が引き取って養子にした。

本当は二十歳の誕生日、「実の娘じゃないのよ」と打ち明ける予定だった。
でも忘れてた。
忘れるか?!と思うだろうけど、誕生祝いとか成人式の振袖の手配等で浮かれまくって忘却の彼方だった。
成人式当日は写真館に行ったり、会館に送っていったりでやっぱり浮かれていて忘れた。

一週間後くらいに思い出した。
「お嫁に行く時こそ忘れずに言おう」と決心した。
でもやっぱり忘れた。
式の手配とか色々バタバタしてて、明日嫁ぎます、という実家最後の日は
「お疲れー!」「マジお疲れー!」というテンションになってしまい
まったく思い出さなかった。

337: 名無しさん@おーぷん 2016/04/04(月)17:22:52 ID:wWL
子供が原因で離婚の危機になったときかな
今はもう平穏だけど、当時5歳の息子がなかなか嫁に懐かなかった
というか嫁があれはダメこれはダメとなんでも禁止していたのがいけなかった
バタバタと音を立てて走るな
大きな声で喋るななどなど
当然5歳にそんな言い方をしても言うことは聞かないし面白がってわざとやるように
結果嫁が育児ノイローゼみたいな感じに
対して俺は「NARUTOは静かに走るだろう、忍者みたいにカッコよく静かに歩けたらかっこいいぞ」
「サスケって静かに話すけど怒るときは怒るかあかっこいいよな」と誘導していた
これに息子は引っかかって忍者ごっこをいつもするようになった

これが原因で嫁は「息子は私の言うことを聞かないのにあなたばっかり」と限界になったらしい

382: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)19:42:51 ID:zR4
男が仕事、女が育児って考えはそんなにおかしいのだろうか。すべて3年前の話。

俺 当時38歳 年収900万
嫁 当時31歳 年収170万
娘 当時4歳 幼稚園年少

娘がよく幼稚園での話をよくしてきた。俺は帰ってくる時間は19時と早いものの、朝が早くて帰宅後はかなり疲れてる。
そんな中、幼稚園でどうだの何組の何君がどうだの煩くて堪らなかった。
嫁は嫁で風呂に入れて欲しいとか寝る前の本読みをして欲しいとか言ってくる。
今までそれを拒否していなかった。しぶしぶだが言われた通りにやってた。
しかし塵も積もればってやつで、ある時急に爆発した。
俺は仕事!お前(嫁)は育児!娘がどうたらこうたらなんてのは進路や結婚の時でいいと言ってしまった。
嫁はカーッと顔を赤くして怒鳴り始めて、喧嘩。
で、明日離婚が成立する。娘には金輪際会わせないそうだ。
なぜ男は仕事と育児を両立せにゃならんの?
なんで女パートで許されるんだ?仕事量も賃金も少ないんだから、パート+育児でようやく男の正社員に足が届くだろ。

608: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)09:54:54 ID:i8x
リアルでこんな愚痴誰にも言えないからここで吐かせてもらう。

うちの嫁さんはすごく頭のいい人間。
ただ勉強が出来るってだけじゃなく、なんというか別次元な頭の良さ。
たぶんああいうのが天才ってやつなんだろうなって感じ。
それでもって頭の良さをひけらかしたりもしないし、本当に自慢の嫁さん。
そしてうちの子供達。
双子で顔は俺そっくりなんだけど頭の出来は嫁さんをそっくりコピーしたぐらいによく出来る。
先日、俺の休みの日に子供達がこれで遊ぼう!って嫁お手製のゲームを持ってきたんだ。
ルーレットを回して出てきた番号の元素を答えて、さらにその元素を使って他に何が出来るかを当てるってルールらしい。
子供達バンバン当てる。(子供達小学校2年)

110: 名無しの心子知らず 2016/03/14(月)18:31:57 ID:bGD
うちの両親は私が小学生の時離婚した。
離婚したがったのは父で、理由は浮気相手と再婚したかったから。
でも結局浮気相手に寸前で逃げられたとかで、その人とは再婚しなかった。
私には当時高校生の兄がいて、兄は父のもとに残った。
「父が独りになるとかわいそうだから」と言って残った、お兄ちゃんは優しい子だから、と母は言っていた。
歳が離れていたので、私は離婚前から兄とは親しくなく、
親が離婚して離れてからは憧れのようなものをずっと兄に持っていた。

20数年が経ち、母が病タヒした。
母は再婚しなかったが、父は別の女性と再婚したと祖母から聞いていた。
でも一応知らせるだけ知らせておこうと、祖母経由で父と兄に伝えてもらった。
同じく祖母経由でお悔やみの言葉が来ただけで、父も兄も葬儀には来なかった。
もう他人だから仕方ないか、と特に悪感情は持たなかった。

葬儀から三ヶ月くらいして、突然兄から連絡があった。
ファミレスで待ち合わせした兄は、当然ながら40代になっていて面影はあまりなかった。
兄は葬儀に来なかった理由として、以下の話をした。

172: 名無しの心子知らず 2016/03/20(日)20:48:22 ID:ZXy
次女が中学2年のときに旦那(父親)に恋して大修羅場だった。しかも旦那はそれを受け入れるという・・・
急いで離婚して次女と旦那を引き離した私は悪魔だの糞だの言われたよ。
やけに父子間のコミュニケーションが多いなと思ってた。さすがに一緒に風呂に入ったり一緒に寝たりとかはなかったけど、ある日突然次女からお父さんに恋してる発言をされた。

431: 名無しの心子知らず 2016/07/01(金)21:31:23 ID:zp1
吐き出し&浄化の意味で投下します。ものすごい長文失礼。
実母が毒親だと理解した瞬間が修羅場だった。

私の母は昔から何かにつけて私と姉弟を比べては「私子が悪い」と言ってくる人だった。
姉弟とケンカした時に悪者になるのはいつも私だった。
姉とケンカした時は「妹なのに我侭すぎる私子が悪い」、弟とケンカした時は「姉ちゃんなのに我慢できない私子が悪い」っていつも言われてた。
明らかに非が向こうにある時にだっていつも「悪いのは私子」と言われ続けてきた。
姉や弟が悪いって言ったこともあったかもしれないけれど覚えてない。
一番はっきりと覚えてるのが、小4の頃、弟が私のお年玉を盗んだ時。
どう考えても盗んだ弟が悪いのに「盗られるような所に置いてた弟が悪い」ときつく責め立てられ、弟は「こらっ、めっ!」程度の生ぬるい説教しかされず。
納得のいかなかった私は次の日、弟の財布からお金を盗んだ。
喚く弟に、さっき盗んだばかりの500円を見せて「私が盗ったんだよ。返してほしければ私のお年玉盗ったこと謝って」と言った。そしたら案の定母にチクる。
弟も私のように「盗られる所に置いてた~」と言われればいい、なんて思ってたけど(実際財布があったのは玄関先の椅子の上)、
母は私をぶん殴り「弟のお金を盗むなんて最低! 私子は犯罪者だ!」と激しく罵られ号泣。それでも母の罵詈雑言は止まなかった。
父や祖母が駆けつけてきたけど、母から私が弟のお金を盗んだことを聞いて母と一緒に私を責め立ててきた。
更には、その場にいなかった姉にも晩ご飯の時に同じように吹き込んで、私はその日から3日くらい家族に泥棒呼ばわりされることとなった。同時にそれくらいの頃から、母はあまり私の事を気にかけなくなった。

母に褒めてもらいたくて一生懸命頑張ったつもりだけど、母は末っ子である弟を可愛がるばかりで私の事なんてほぼ無視。
相談にすらもまともに乗ってくれなかった。大体馬鹿にされるだけ。思う存分甘やかされる弟、褒めてもらえる姉が羨ましかった。
そのせいで私は未だに相談事を口に出すことが出来ず、一人でなんでも決めた挙句事後報告、という悪い癖がついてしまって、高卒で就職し上京した時にやらかして先輩や店長から激しく罵られることに。
その時、上記のお年玉事件の事を思い出して鬱寸前になり、辞めて実家に戻ってきた。
数か月で辞めたということでどこを受けても採用してもらえず一年間のニート生活。最高に惨めだった。
そんな時、母が声をかけてきた。母が立ち上げた職場に空きが出たから働かないか? って。
はじめて母に必要とされた気がして嬉しくて、そこにパートとして就職したんだけど……ぶっちゃけ上京した頃よりも酷かった。
母と一緒に事業を立ち上げた共同管理者はまさに男になった母。癇癪持ちで八つ当たり癖があり、自分の意に反することがあれば言葉で人に当たり、物や壁を殴って蹴って破損。
少しでも失敗すると客商売なのに、客の前で平然と怒鳴り散らす有様。
管理者が癇癪を起こすと、他の従業員さんたちには母がフォローを入れに行くんだけど、私にはゴミを見るような目で見下した挙句「貴方みたいな人間はいりません。」「今すぐお辞めになられたほうがよろしいんじゃないんですか?」と言ってくる始末。
その言葉に私が腹を立てて反論しようものならば「私はここの事業主ですよ! 公私混同しないでください!」と返してくるんだけど、その割には何かしてほしい時には仕事中であっても猫撫で声で「私子ちゃぁ~ん、○○してぇ~」と言ってくる。
納得がいかないながらも母の役に立てているという事実が嬉しくて続けてきた。

このページのトップヘ