105: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/28(火) 16:56:30.55 ID:+AHq/z5+
勝手ながら流れ豚切りで私も一つ失礼します。

中学3年生のときに家出して、宿泊先の家に警察が10人くらい押しかけてきたのが個人的に修羅場だった。
私の父は酒癖がわるく、酒を飲むと母や私をよく殴ったり、スマホやPCを壊したりしていた。
本人に悪気はないようで、翌日にはけろっとして出社していく、というようなことがよくあった。
父の理不尽な暴力に耐えられなくなった私は、ネットをあさっていくうちに「家出少女」というものを知り、私も家出することに決めた。