壮絶

22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)15:55:02 ID:OAbMNITBX
みなさんの体験を読んでいると、かすむような話ですが私の体験を書かせてください。
何分初めて、フェイク有りなので、つたない所はご容赦を。
私・・・・・当時30歳ぐらい、現在は40代後半
旦那・・・・・私より7つ上
姑・・・・・還暦前後
舅・・・・・姑より7つ上
大姑・・・・・80歳ぐらい
義父妹・・・・・姑と同い年
義父妹旦那・・・・・Aさん
私は25歳の時に結婚したのですが、結婚する前は当然別居という話だったのですが、大姑が車椅子になったこともあり、当時おとなしかったこともあり、必タヒになって拒否はしましたが私の両親に介護が必要になったら、必ず助けるから今回は我慢してくれと言われ、3代同居。
バカでした。
それまでは別居ということがあり、あまり付き合いがなかったせいもあり関係も悪くはありませんでした。
しかし、一緒に住んでみると皆が皆めちゃくちゃ性格が悪かった。
旦那もこれほどわがままになるのかというほどに変わってしまい、
ひどかった。
私が掃除すると、あらを探しここもしろ、あそこもしろ、ここはやり直しといった風で、ろくに休憩する暇もありません。食事を作れば、甘い、辛い、まずいの連発。
ご飯を食べようとすると大姑の部屋からブザーが鳴り、やれトイレだ、なんだととにかく大忙し。
夜も大姑の部屋からのブザーがうるさくて眠れないと旦那とは別室です。
一緒に寝ないから子供なんてできるはずがないのに、「孫、孫、孫」。
頭が狂いそうでした。6カ月たたずに体重が10キロ以上減りました。もともとは、162センチ56キロ
だったんですが、あと少しで40キロになりそうでした。
そんな生活をしていると、何がおかしいのかが分からなくなるんですね。

380: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)08:16:43 ID:61I
幼稚園から帰ってきたら両親が仲良く首吊ってた時がスレタイだな。
ドラマとかで首吊ってる遺体とかよくあるけど本物ってあんな綺麗じゃないんだよ。
顔は腫れてる(浮腫んでる??)しうんこやしっこで床はグチャグチャ。
もう20何年も前の出来事だけど今でも匂いまで覚えてる。
タヒんでるとかはイマイチわかってなかったように思うけど、なんか怖いしうんことかが凄いから隣の友達ん家に行って友達のお母さんに「お父さん達がうんこして飛んでる。」って言いに行ったら家に来てくれて警察呼んでくれた。
その後は警察や救急車が来てバタバタ。
その時点では俺自身にダメージはなかったんだけど、両親にもう会えないと理解してからは夜泣きや謎行動をし出した為に3年くらいカウンセリングに通ったりした。
(深夜に外に出ようとしたり親を探して何故か冷蔵庫に入ろうとしたり)

俺をどっちが引き取るか(父も母も一人っ子で俺も一人っ子だったから唯一の孫)で父方母方の祖父母で激しい奪い合いを見せ付けられたのも地味に修羅場だった。

91: 名無しの心子知らず 2014/11/01(土)15:51:17 ID:P8Ap3vX0s
報道されたのでフェイクが盛り沢山ですがお許しください
私が二十代の頃に実の妹に旦那を寝取られたことがある
もちろん慰謝料を双方からぶんどって離婚
昔から妹を可愛がって私をsageまくった両親は妹の味方だったよ
私は両親妹と縁を切って遠方へ逃亡
その地で別の男性と再婚して子供が産まれた
子供が中学生になったぐらいに、再婚相手が救急車に運ばれたと連絡があった
再婚相手は何者かに刺され重傷とのこと
私は発狂しながら病院にかけつけ、再婚相手の無事を祈った

再婚相手は一命を取り留め、私とファザコン気味の子供は安心して泣きまくり
再婚相手の回復後はもちろん警察が入り事情聴取だ
再婚相手は「小柄な女に刺された」と証言
これだけではなんとも・・・な感じな刑事さんたちだったが、必ず捕まえると約束してくださいました

781: 名無しさん@おーぷん 2014/10/25(土)20:24:30 ID:EhG8vul9q
母親に放置され衰弱していく弟を病院に連れていったときが修羅場だった

当時私は5歳、弟は2歳だった。
私の父の顔は知らないが、弟の父の顔は覚えてる。弟が生まれてすぐいなくなった。この時点で母は×2
母は3日に一度帰ってくるだけ。帰ってきた日に大量に米炊いて皿に盛ってまた出かけていく。
私は5歳だったけど幼稚園や保育園に行ってなかった。
入園式には出た記憶はあるような無いような。すごくあやふやになってしまっている。
私は大量に炊かれた米を食べ飢えをしのぎ、弟にもそれを与えてた。わたしがスプーンですくって口の中に入れる感じ。
弟は上手に咀嚼できなくてむせたりしてた。

226: ◆8B8X/67LrWes 2014/06/20(金)22:15:08 ID:3rxPDZKWG
自分の人生が結構な修羅場。
長いです。

幼児期の私は所謂放置子だった。
三歳で近所の公園に一人で遊びに行ってた記憶がある。
小学生になり、一時友達は出来たが段々と虐められるようになる。
小さい頃には虐められる原因が解らなかった。
大人になって幼少期の自分を振り返ると、距離感が掴めてないKY児童だったと判明した。
虐めに暴力は無かったが地味に精神を削られ続け、立派なコミュ障に成り下がる。
そんなもんで仕事もルーティンワークな仕事にしか着けず、中卒で就職し底辺な暮らしをしていた。
成人した翌月、母親から保険証持って着いてこいと凄まれる。
借金の申し込みと解った私は「毎月給料の半額家に入れてるのに何でそんなお金ないん?いくら親子でもお金の事に関しては譲れない。」と頑なに断る。
結果「親が困ってる時に助けない子供は要らん」と家から追い出される。
半月は仕事を通じて巡り会った数少ない友達のお宅にお世話になりながら住み込みの仕事を探す。
地域を選ばず何処でも飛べる派遣社員になった。
居住が西日本から東日本に移った。
居候させてくれた友達には暫く働いてお金を貯めたのちに改めてお礼と言う名目で回ってないお寿司屋さんでご馳走をした。

派遣になってからは無我夢中に働いた。
コミュ障があるので自分を表現するのは下手だったが、幸いな事に仕事仲間には恵まれていた。
そこで知り合った同僚から、趣味のゲームに誘われた。
所謂オンラインゲームと言う奴。
あまりゲームに触れた事がなかった私でも、同僚のリードがあり溶け込んでいけた。
自分を反映させたそのキャラクターには支援系の職業をやらせてスキル回しやらを必タヒに覚えた。
ゲームの世界で、誰かから必要とされる気持ちを貰ってPC前で一人で泣く事もあった。
そんな世界で知り合った人達と飲み会をする機会があった。
自分が参加して良いのか解らなかったから黙っていたけど「貴女も参加するよね?ってかおいでよ!」と言われて嬉しくて参加表明した。
そこで色んな年代の人達とワイワイ楽しく飲みながら、少しずつ自分らしさを見つけて行った。

ある日、その世界の一人の男性から告白をされた。
飲み会であった時から気になっていたと言われた。
告白されるのも始めてで返事に困っていると「急がなくていいよ。」と言われ、暫く返事を保留にしていた。

少しずつ距離を狭めていって、正式にお付き合い開始。

208: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)23:58:01 ID:Lqm
私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
私は声も出ず呆然とした
感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した

555: 名無しの心子知らず 2015/07/09(木)10:24:24 ID:k57
現時点での最大の修羅場。
詳しく書くと恐ろしい事になるので、なるべく簡単にまとめる。


小学校一年の時、虐めにあった。
小一の子どもがやるとは思えないような、まるで今の中高生の子達がやるみたいな酷い内容の虐めだった。
詳細は省くが、性的なもの以外は粗方受けていた。多分、高学年まで一緒にいたらそれもされていたと思う。
毎日が地獄だった。
しかもタイミングとは残酷なもので、私が小学生になったと同時に父方祖母が同居する事になった。
両親や年の離れた姉の帰りが遅く、鍵っ子になる私のシッター役を買ってでたそうだが、この婆さんに虐待を受けていた私にとっては恐怖しかなかった。
婆さんのせいで両親ですら信用できなかった当時、誰にも自分の現状を吐露できず、内外に敵しかいないと絶望した私が最後に選んだ道は、自タヒだった。
手首を切ったり飛び降りたりを何回か試みた。
結局最後の一歩を踏み出す勇気がなく全て諦めたのだけれど、死ぬことしか考えていなかったあの当時が一番の修羅場。
今思い返せば、小一で何度も自タヒ未遂繰り返したり、虐めを苦に自タヒした子の話をニュースを見て「なんて勇気のある子なんだろう」と羨ましく思っていたあの頃の自分は、正気じゃなかったんだろうなぁ。

ちなみに、その後虐めは3年後に転校で、祖母とは8年後に同居解消となりました。
そこまでの流れが、修羅場の大筋。

697: 名無しさん@おーぷん 2014/10/20(月)02:26:06 ID:jEtjPZM0v
例のニュースを見て思う所があったので。
だらだら書きます、毒親案件です。母親の首を力いっぱい絞めた話です。

両親は物心ついた頃から不仲で、父が「デブ、ブタ」と罵って母を泣かせてたのをよく覚えてます。
どうも妊娠を機に劇太りした母に愛想が尽きたらしく。
母も女ですから、見栄えを罵られるのは辛かったのでしょう。よく泣いてました。

当時は気付いてなかったのですが、そのストレスのはけ口は私と私の兄に向けられていました。
遊ぼうと外に出ると血相を変えて母が現れ、人目がある場所で尻を丸出しで叩かれたり。
他の子が食べるお菓子や、玩具付きのラムネ菓子が欲しくてじっと見てると頬をぶたれたり。
しかし最後は決まって泣きながら私を抱きしめ、「あんたのことを思ってやっている」と言われました。
それをそのままに信じました。

兄は母に進められ、剣道を嗜んでいました。
腕もよかったので他のママ友から褒められたり、同い年の子らの中でも中心的な存在でした。
そのせいか、マイペースで活動的な「トラブルメーカー」の私を遠ざけようとしてました。
父は仕事とパチンコで滅多に家におらず、母は父に罵られ私を叩いて家出して家におらず。
兄もまた両親と私から逃げたかったのか友人と外でよく遊び(兄は窘められませんでした)家におらず。

部屋から出ると母にぶたれると学んでいたので、保育園がない時はひとり薄暗い部屋でずっとテレビを見るのが日常でした。
これが小学校転入前位。

691: 名無しさん@おーぷん 2014/10/19(日)11:58:39 ID:3DmFJK9mJ
姉の元旦那がクズの頂点に立つ男だと思っている。
私と姉の両親は共に他界している。私は結婚していて旦那実家で同居。
姉が結婚して姉は旦那と2人で2人の夢だった沖縄に移り住んだ。
姉の元旦那はとても好印象な人でした。姉に尽くし、優しく、姉が幸せになれてよかったと心から思った。
姉だって尽くされてたけど完全に寄りかかってたわけでは無いし、元旦那の為ならと家事仕事を頑張ってた。

ある日から突然姉と連絡が取れなくなった。姉の家には家電が無いため連絡ツールは携帯だけ。
どうしても姉に伝えたい事があったので、元旦那の携帯にかけてみるが出ない。
仕方なしに姉宅へ行ったら引越し済みだった。
私になんの連絡もなしに引っ越したの!?と私は混乱。元旦那実家にも電話がつながらない。
私の旦那と姑は、それは怪しい。私たちも協力するからなんとか姉を探し出すと言ってくれた。

そしてある日の仕事中に姑から電話が入った。折り返し電話してみると、なんと姉が泣きながら尋ねてきたらしい。
「元旦那と離婚したい。でも出来ない。」と泣き喚いているそうで、姑も困っていた。
私は仕事が終わってすぐに帰宅し、姉に事情を聞いた。

携帯も通帳も取られ、毎日馬車馬のように働かされる。
元旦那が勝手に仕事を辞めてきたので姉の稼ぎだけで生活することになった。
家賃が勿体無いから義実家で強制同居。そこで凄まじい嫁いびり、ウトのセクハラ。
ウトのセクハラというのが聞いてるだけで吐きそうになった。元旦那と姉姑はそのセクハラも姉から誘惑したものと見なし罵詈雑言。
さらにそれを「不倫」と決め付けて慰謝料代わりだと母の形見の指輪を強奪。
元旦那は働きもせず、一日家にいるくせして家事すらしない。

264: 名無しの心子知らず 2014/11/11(火)19:55:56 ID:WVRA3rbom
20年経っても引きずってる、子供の頃の修羅場。

893からも爪弾きにされるようなクズの継父に
無理やり水商売をさせられてた母親が、私の目の前で刺された。
理由は『男とイチャイチャしてたから』
水商売だから当たり前じゃん・・・と、子供でもわかる因果なのに
覚せい剤とアル中で脳みそが海綿体になってた継父には青天の霹靂だったらしい。

昔取った杵柄というか、人を刺し慣れているらしい継父は
肋骨の下から突き上げるように母を刺し、包丁を抜くと床に投げ捨てて
呻く母を罵りながら、殴る蹴るの暴行を加えた。
私は身を挺して母を守り、継父を威嚇して追い出す事に成功。
「警察も救急車も呼ぶな」という母に肩を貸して、徒歩で近くの病院に連れて行った。

なんとか一命は取り留めた母だったが、片肺が二分の一になってしまった。
入院費も無いので無理やり退院させられ、逃げる気力も無くした母はその後も水商売を続けた。
継父は日を追う毎に脳がグズグズになって、現実と妄想の区別がつかなくなったようで
一年も経たず、また包丁を持ち出して母を刺そうとした。
幸い、刺される前に事に気づけた私は、母を守りたい一身で立ち塞がった。
さすがに子供は刺せなかったのか、火のついた煙草やライターを投げつけた後にどこかへ逃げた。

呆然としながら母と抱き合い、そのまま、店にあるお金と衣類を持って母と二人で夜逃げした。
とはいえ何も無いので、私は伯父の家(三重)に預けられ、母は祖母の家(宮崎)に身を寄せた。
夜逃げして二週間、継父は生活苦であっさり自タヒ。無縁仏として処理して貰った。
もう、逃げなくていいんだという開放感で、特に問題無く過ごしたと思う。

その後、母は迎えに来てくれたが、三日ほど一緒にいただけで
新しい恋人の仕事に付き添うと言う理由で、母は一人で東京へ行ってしまった。
知らない土地で、私は一人ぼっちになった。
ある日、風邪を引いて4日熱が下がらず、助けを求める為に母に電話しようとしたら、電話が止まっていた。
這うように電話ボックスへ行き、母の携帯に電話をしても「ごめんね。帰れない」ばかり。
あまりにも酷い仕打ちに泣きながら暴言を吐いたら、母は悲しげな声で
「子供とは一生一緒にいる訳じゃない。私には私の人生がある」と言われ、一方的に電話を切られた。

それから先は覚えてない。ノイローゼになったのは確かだけど。
結局、私は誰の為に母を守ったんだろうか。あの人は、あの時、タヒんどくべきだったのか。
未だに色々考えては、答えも出せずに、発狂するのを堪えてる。

このページのトップヘ