同級生

409: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)22:17:42 ID:apq
ずっとずっと昔の話
妊娠が発覚してからすぐ夫が事故に合って亡くなった
実感がわかないままバタバタと過ごし葬儀やらなんやらが終わってからはお腹の痛みもあって引きこもりながら過ごしてた
そんなある日中学の頃の同級生から遊びの誘いの電話が
元々仲が良かったわけでもないし、妊娠していて調子が悪いからと断った数日後チャイムが鳴った。
モニターフォンなんかついていなかったのでドアを開けると子供が飛び込んできた
私が尻餅をついていることなんかお構いなしに家へ入っていく元同級生とその子供達
帰れと言っても聞かずヒーローごっこをおねだりする子供と台所を漁る元同級生
どうしたら帰ってもらえるか悩んでいたら、遊ぼう遊ぼううるさかった子供たちに足を引っ張られ尻餅をついたところお腹へ飛び乗られた

421: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)12:51:00 ID:Wg98NGbw4
久々に帰省したら自分が悲劇のヒロインになってた事。

高校時代の友人の結婚式のため、先日夫婦で出席するついでに足を伸ばして帰省した。
その時私の波乱万丈な架空のドラマが元中学時代の同級生の間で広まってる事を知った。
以下その虚構ドラマあらすじ。

A男と私は恋仲だったが私親の反対でひき裂かれ、A男も「親に祝福してもらえない仲では…」と
しだいに私から心が離れ、納得できない私はリスカ、首吊り等のタヒぬタヒぬ詐欺を何度かやらかす。
A男は私の執着に身も心もやつれ果て、疲れきってついに私と駆け落ちを選ぶも
その時すでに私は行方知れずに…とかいうストーリーでした。
ほんとはもっといろいろ枝葉末節あったがダルいので省略。


これを、実家でまったりしてたら訪ねてきた中学時代の同級生BC(親しくなかった)に
聞かされた。

692: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)21:08:10 ID:AxnZfmlB3
一応終った修羅場です。
初カキコ&フェイクありなので、辻褄合わなくてもご勘弁。
長いので、分けますね。

とりあえず、スペック
私:20代後半 地味顔+童顔 持病有 自宅で仕事してる
旦那:ぎりぎり30代 そこそこイケメン 写真家

3年前に知り合い、意気投合しなんだかんだで付き合うことに。
自分の持病の関係で子供が産めないこともきちんと説明し、それでもいいというので2年前に結婚した。
体調が悪いときは積極的に家事とかしてくれるいい旦那さん
旦那も写真だけじゃ食べていけないので、違う仕事もしている。
互いに仕事の関係で大々的な式はせず、身内だけでひっそりした。

ここまでが前提。

スーパーで買いものをしていたら、高校の時さほど仲良くなかったAさん(私は地味グループで、Aさんは派手グループ)と再会した。
Aさんは仕事の転勤でたまたま近所に引っ越してきて、まだ友人がいなかったようでまくし立てられるように話して来た。
その後も何回かスーパーとかで会うたびに、給料が低いとか上司がうざいとか愚痴を聞かされていた。

A「私さんって結婚は?あ、地味子ちゃんにはまだ遠い話だよね(笑)」
私「2年前に結婚しましたよ。」
A「えー!なんで教えてくれないのー!!結婚式行ってあげたのに!」
私「身内だけのこじんまりとした式だったんです」
A「子供は?」
私「いないです」
A「えー、そうなんだ。旦那さんってぶさいくだから結婚式あげなかったの?」
私「いえ、お互いに仕事の関係でなかなか難しいからですよ」
A「またまたー。私が吟味してあげるから写メないの?」

Aさんの発言が大分香ばしかったので、写真嫌いだからないことを話すとやっぱりぶさいくなんだと遠まわしにpgrされ、勝ち誇ったような顔をされた。
こういう事は割りと慣れているので、適当にスルーしていた。
それかは暫くAさんと逢わなかったので、仕事が忙しいのかくらいにしか思っていなかった。

531: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)21:45:48 ID:tUy
おそらく現在進行形の修羅場。おそらく日本語変なところとかあるかもしれん。おまけに長いのですまん。
俺の地元はものすごく田舎で、小学校と中学校も1校しかなく、クラスも1クラスのみ。
そのまま持ち上がりで進級や進学していていた。高校は隣町に何校かあったからそっちに進学してたけれど。
そして、俺のクラスは頭のおかしな奴しかいない、DQNなクラスだった。
そのなかでも、Aという奴が特に頭がおかしかった。
Aはとにかく自分勝手で、被害妄想が強い奴だった。
自分からわざわざ喧嘩をふっかけて、自分のやったことは棚に上げ、大げさにして先生や親に言いつけるということを繰り返していた。
例えば、間違ってAにぶつかると、「俺にわざとぶつかってきただろ!」と因縁をつけられ、その場で謝罪し、わざとではない旨を伝えても「絶対わざとだ!」と騒ぎ、親や先生に「○○にわざとぶつかられた。しかも、『殺すぞ』と言われた!」と言いつけるということをやっていた。
しかも質の悪いことに、親(特に母親)がモンペで、すぐ学校にクレーム入れたり、相手の親に抗議しに行ったりしている。
先生にも、A母が根回ししてAを優遇させるように頼むなどしてるため、先生はAを庇っていた。
俺も小学5年のときにAの被害にあっていた。
ある日の昼休みに筆箱が落ちていた。

270: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)13:11:24 ID:OlM
フィクションなんだけどさ。

中学のときいじめられてた。
ある日、晩ご飯の後自室にいたらいじめの首謀者♀から携帯に着信があった。
出たけどはあはあいう息遣いと小さい悲鳴みたいなのが聞こえるだけで
こちらの問いかけにも何も答えないので「なんだよこいつ、ラリって盛ってんのか」って呆れてた。

しばらくして男の声で「○○(首謀者の名前)の友達?」って聞かれた。
思わず「違うよ」って答えたら、ちょっと笑ってから「○○にひどいことしてもいい?」って聞かれたので
「別にいいよ」って思い切って返した。
そしたらそこでちょっと声が遠くなって、がたがたいう音が聞こえてから通話が切れた。

翌日から首謀者♀が学校に来なくなってちょっとした騒ぎになった。
しばらくして遺体が発見されたとかで、携帯の通話履歴云々で警察が話を聞きに来た。
最後に電話した相手が私だったみたいなんだけど、「何か変わったことなかった?」って聞かれたから
「○○さん何もしゃべってませんでした」って返した。
男のことは黙ってただけで、嘘はついてない。
犯人が捕まったかどうかは知らない。
でも時効が成立して何年もたってるので、今更ね・・・って思う。

270: 名無しさん@おーぷん 2015/10/18(日)09:45:27 ID:VYH
何年か前のこと
廊下の壁際で担任と話をしていたら、
突然知らない男子から「どけー!」と叫ばれたので一歩下がったら、
男子は私のいた空間に駆け込んできて、そのまま顔から壁に突っ込み、
鼻血吹いてひっくり返った
鼻が潰れて血まみれの男子は保健室に運ばれ、しばらくしてから意識を取り戻し
「(私)が廊下のド真ン中で通せんぼしていて、
通してくださいと頼んだら壁に叩きつけられた」とほざいたが、
担任を含む多数の目撃者の証言で、それは嘘だとあっさり発覚
廊下にキモオタ(私)がいたのでからかってやろうとしたら自爆したとの真相は
後日になってそっちのクラスの担任から口頭でだけ説明された
「関係ないから忘れなさい」と言われたので、そのまま忘れていたのだが、
昨日、大学のレポートに実家においていた本が必要だったので
実家まで回収に行った帰り道、
駅の階段を降りていたらくしゃみが出たので、
ティッシュを出そうと壁際に寄ったら、
直前まで私のいた空間を、両手を前に突き出した誰かが飛び降り、
そのまま階段を転げ落ちていった

105: 名無しの心子知らず 2015/12/09(水)17:11:45 ID:e45
従弟の結婚式が4年前にあったんだけど、
式場で式の直前に新郎新婦双方の親族紹介があり
その時に初めて従弟の奥さんになる人を見た。
その女性(仮にA子)と言うのが、私の高校時代の同級生。
割とよくある名前だったし、特別仲が良かったわけでもないので
その時まで全く気付かなかった。
A子の方も私が紹介されて初めて気が付いたみたいだったが
かなり驚いたようでその後私と全く目を合わせず
心なしか表情が強張って見えた。そりゃそうだろう。

当時の同級生の殆どの人が知ってる。A子が中絶したこと。
だってクラス中に中絶費用のカンパをお願いして回ってたから。
それも巻き上げるように。
私も売店でパンを買おうと思って鞄から財布を出したところで
財布ごと取りあげられて500円玉盗られた。
「カンパしてね~」って言ってたけど、ありゃ強盗だ。
とにかくシモ関係の噂が絶えない子だった。
停学食らったこともあったはず。

657: 名無しさん@おーぷん 2015/03/07(土)03:22:03 ID:hwK
高校生の頃の話。長い。
高校生の時、私は謎の頭痛を発症。通学中の電車内で痛みのあまり昏倒して以来、定期的に我慢できない頭痛と吐き気に襲われるようになった。
何か脳に不具合でもと心配になり、両親に脳神経外科に連れていってもらった。
結果、生まれつき首と脳を繋ぐ太い血管2本のうちの片方がもう一方より細いため、頭に血が昇ったときなんかに血流が悪くなり頭痛を引き起こしていたことが分かった。
先生からは頭痛を防ぐ薬と、副作用の強い頭痛を抑える即効性の薬を出してもらった。

これらのことは学校と相談し、全教員と私の学年の生徒に、私が酷い頭痛持ちであること・薬を飲まないと昏倒する場合があり、授業中でも退席し薬を飲みに出ることがあることを通達してもらった。
一部の教師は頭痛ごときで薬なんてとなめてかかり、そのせいでクラスメート全員の前でぶっ倒れたりしたが、その出来事も手伝って、ほとんどの教師・生徒の理解を得て、平和に過ごした。

だが、別のクラスの男子生徒Aが最低だった。
私の頭痛と薬の話が通達されしばらくたった後、急にわざわざ私のクラスに来て「厨二病こじらせてんじゃね?」とか「からだ弱いあたし可愛いでしょアピール?いたいわ~」などの暴言をぶつけてきた。
私は勿論、私以上に怒ってくれたクラスメート達も反論したが「精神系の病気?頭大丈夫でちゅか~?」と返され、好きで薬を飲んでるんじゃないのにと悔しくて、思わず泣いてしまった。
そこでようやく担任がやって来て、Aは指導室行き。その日の内にAの母親がAを引きずり血相を変えて謝罪に来た(Aの家から私の家はかなり遠い)ため、Aの処分は厳重注意と反省文で済んだ。
続く

795: 名無しさん@おーぷん 2015/04/24(金)11:26:32 ID:5SJ
結婚して、嫁が妊娠したのを機に地元に戻った
子供が幼稚園になり、園の行事とかいろいろ親もやらなきゃいけないようになった
うちは共働きで俺の方が平日休みやすいため園の用事によく参加する
そしたらわが子と同じクラスに、元同級生A子の息子がいた
A子はガキの頃からムチャクソ性格の悪い女で、エゲツないいじめをしていた
たとえばいじめられっ子がトイレに行けないよう仲間全員で妨害して
耐え切れずいじめられっ子がもらしたら取り囲んで「くっせー」と囃し立て登校拒否にさせてしまったり
盗んだ親の薬(詳しくわからないが眠くなるやつ)を給食に混ぜて食わせたりとんでもないやつだった
家に帰ってすぐ嫁に「うちの子をA息子には近づかせるな。絶対A子とママ友になるな」と頼んだ
案の定A子とその子供はいろいろ問題を起こし退園になった

946: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)14:33:47 ID:HA5
罪悪感で潰されるかと思った話
高校の頃クラスでSNSが流行り、当たり前みたいにクラスでSNSをやってる人はほぼ全員SNSで繋がってた
高校卒業後暫くして、1人の大人しい女子が「病院で検査受けろって言われたー」みたいな発言を残した
最初は皆「大丈夫?」「心配だよー」「何もないといいね!」とかコメントつけてた
暫くして「病気みたい?でも大したことないみたい!」と発言、それから暫くはいつも通りの日常の発言が続いてた
しかし女子はぽつりぽつりと「薬なんかいっぱい飲まされてる(;_; 早く元気にならなきゃ」「注射嫌だよ~(TOT)でもこれ乗り越えたらパフェ食べに行くんだヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。」みたいな絵や顔文字付きの発言が所々に挟まれるようになった
周りはだんだん「そういうの迷惑」「構ってちゃんウザい」「大学で友だち居ないんじゃねーの」とキツイ言葉を投げる人もでてきた
実際薬・点滴・検査・苦しい・辛い、なんて単語が頻繁に見られるようになっていた
でも明確な病名はどこにも書かれていなくて、どこの病院か、どんな治療かさえ書かれていなかったから、かまって欲しいがための仮病を疑う人も多かった
そして友達もどんどんと減っていった
女子は発言自体は減ったものの、その少ない発言が「タヒにたい、苦しい、辛い、生きたい」とかそんなものばかりになった
この段階ではもう誰も相手にしていなかった
構うと地雷みたいな空気まで出来上がっていた

ある日、成人式の前後に高校の同窓会の話が持ち上がった
女子には誰も声をかけていなかったようだが、気になっていたのでメッセージを送った
「私はもう歩けないよ」と帰ってきた
確かに前に何度か、天気がいいけど外に出られない、家に帰りたいといった発言は見ていたけど、それも嘘かホントか半信半疑だった
どこの病院にいるのかを聞いたけど、「いきなりだね、君も仮病を疑うんだ」とかえってきて教えてもらえなかった
俺はその女子と仲の良かった友達の存在を思い出し、ダメ元でメールを送った
教えてもらってから数年たつし、アドレスを変えていたらアウトだった
でも「誰?ごめん、携帯壊れてアドレスデータ飛んだから解らないの」としっかり返事がもらえた
事情を伝え病院を教えてもらい、二人でお見舞いに行った

病院にいた女子は過去の面影はどこにもなく、別人のようになってベッドで眠っていて、もう俺にもはっきりと解るくらい顔にタヒ相がでていた
あんなに目が落ち窪んだ人を見たのは初めてで、とても怖かった
友達は今は目を覚ます時間が殆どないと言っていた
「皆に入院したって伝えたって言ってたのに誰もお見舞いに来なかったよ」
「時々辛いのを愚痴っただけで皆離れたんでしょ」
「自分たちはSNSで人の悪口や妬みも平気で書くくせに、少し辛さを漏らしただけで酷い言葉を投げつけたんでしょ」
「タヒぬ時は1人って、こういうことじゃないでしょ」
友達はボロボロと涙を流して泣いていた
俺はかける言葉がなかった
それからまもなく女子は亡くなった
SNSで繋がっていた人たちにも伝えたが
「ほんとに病気だったんだ」
「自タヒ?」
「くたばるの遅すぎ」
こんな言葉を口にする人も居た
最後顔だけ見に来た人たちは、綺麗にしてもらっても隠しきれないかわりように罪悪感が顔から滲み出ていた

このページのトップヘ