勘違い

226: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/17(金) 16:46:36.06 ID:c/EdMIgp
叩かれ覚悟で昔の苦い思い出話を吐き出すw
バイト先の年上の女性(以下A子)が俺の事好きという噂が流れ
えーwやめろよーw
A子さん結構美人だけど年上とか興味ないしーw
俺綺麗系より、○○ちゃんとか××さんみたいなかわいい系が好きなんよねーwww
ていうか年上のおばさんと噂されて迷惑なんですけどーwww
とか周りには言ってたけど、正直俺は美人のA子さんに好かれてると聞き有頂天だった

129: 名無しの心子知らず 2013/05/24(金) 00:12:26.91 ID:fMrMYCrB
お前の犯しているはんざいを知っている。
このまま警察に通報したらお前の人生終わりだよ。
この犯罪者め!m9(^Д^)
正義の使者より

というメールが、知らないフリーメールから来た。

心当たりは無い事もない。
スピード違反?違法駐車?拾った100円を届けなかったこと?
大学生の時に、友達をストーカーした奴を、バットでぶん殴ったこと?
元旦那と野外で△△△したこと?
そういえば結構昔に昔彼と違法バーに行ったことが・・・・

変に返信してヤブヘビになってもいやなので、無視した。

491: 1/2 2015/04/10(金)10:00:09 ID:vyE
昔、スーパーで働いていた時の修羅場。文才なくてすまん。当時21歳。正社員でレジをやってた。

シフト制だったから、働く時間も決まってなかったし休みも不規則。だけどいつも絶対俺のレジに並んでくるおばちゃんがいた。
初めは別に何とも思わなかったけど、俺がたまたまトイレに行って帰ってきたときにサービスカウンターでそのおばちゃんがキーキーわめいてた。

「俺君は!?今日いるはずでしょ!私、俺君のレジじゃないと嫌なのよ!どこ!?連れてきて!」を繰り返すおばちゃん。
レジのチーフと目が合って、今は来るな的な合図されたんでバックヤードに引っ込んでた。
しばらくするとチーフが来て「あの人ずっと俺君を出せって騒いでサービスカウンターの硝子にカートで突っ込んだ。
警察が来て大変だったけど出禁になったよ。」と教えてもらい、割れた硝子をひたすら掃除した。
それからしばらくは平和だったんだけど、ちょうどクリスマスの日。俺のレジに出禁になったはずのおばちゃんが。
何も商品を持ってなくて、水色の封筒だけ渡された。その時ちょうど副店長に見つかっておばちゃん逃走。封筒の中には写真と手紙。

まだ続くから切るわ

606: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/02(月) 09:13:13.26 ID:6gyxs3Rr
引っ越した先に同じ会社の人が住んでてその人の言動がスレタイ。
私は独り暮らしするのに実家を出て、マンション住まいなんだけど
マンションが二棟に分かれてて隣接している(A棟B棟みたいな感じ)。
私はA棟、同じ会社の人がB棟にいて引っ越して3ヶ月後くらいに偶然会って気が付いた。
驚いたけど部署もフロアも違うしあまり面識がないけど挨拶して偶然ですね、と話した。
先週休憩室にいたら、その人がヒソっと
「あの事誰にも言ってないよな?一緒のマンションに住んでるなんて知られたら困るんだよ」
と嫌そうに言ってきた。

134: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)13:42:59 ID:zyh
旦那は元同僚。他部署の社員だった。
旦那の中では、私が旦那に一目ぼれ、お節介な上司が仲を取り持ち、
交際から結婚にという話になってる。
大筋では間違ってないのだが、本当は私が一目ぼれした相手は旦那ではなかった。

ある社内会合で司会をしてた人に一目ぼれして、上司にその人の名前を尋ねて、
お節介してくれて忘年会のパーテイーで紹介されたが、会ったら違う人だった。
恋に落ちてて全く気づかなかったのだが、檀上に司会者は二人いたらしい。

「私が一目ぼれした」という情報ももう相手に伝わってるらしく、なんだかモジモジとされ、
正直「うあああああああ」という感じだったのだが、「人違いです」とも言えず、
とりあえずちょっと付き合ったらイメージ違いましたのていでお断りしようと思って、一度
デートしたら大変気が合って、そのまま付き合い、結婚した。

人違いだったと何度か話そうと思ったのだが、旦那は私と付き合うまで喪で、一目ぼれされて
結婚したというのをどうも心の大事な柱にしているらしく、
「君と結婚出来て良かった、神は僕のことを忘れてなかったんだ」と度々感謝されていて、なんとなく言い出せずにいる。

元の一目ぼれの相手はもうどうしてるのかわからない。気になるといえばなるけど、まあその程度。

旦那が今日ちゃんと傘持って行ったかの方が気になる。

376: 名無しさん@おーぷん 2015/10/31(土)10:38:03 ID:auI
数年前、会社での異動で単身向けマンションに越してきて1週間くらいしたとき
休日だったので引っ越しの荷物も片付けなきゃなーと思いつつ
まだ眠くて家でゴロゴロしていた10時頃子供を連れた女性が鍵を開けて入ってきた
合鍵渡した人もいないのになんで?!と我に返る間もなく女性が掴みかかってきて
悲鳴を上げてコロされないよう抵抗するのが精いっぱいだったんだけど
近くの人が通報してくれたらしくてKが来て止めてくれた
後で話を聞いたら前に住んでいた人が単身赴任中に愛人と消えたらしかった
来た人は前の住人の妻子で私が愛人だと思ったそうだ
彼らがどうなったかは知らないけれど騒ぎで壊れた家財代くらいはもらって
鍵は変えてもらった
あの鬼のような形相の女性と、一部始終が分かってからの途方に暮れた子供達の顔は忘れられない
騒ぎが終わった後、捨てるに忍びないし返さなくていいと置いて行ったひじきの煮物はうまかった
タッパーは今でも活躍している

630: 名無しの心子知らず 2017/11/16(木)12:54:24 ID:aKY
実家に帰省した時にリビングへ行ったら還暦目前の父のスマホがテーブルに放置されてた
LINEのトークルームが開きっぱなしでちらっと覗いたら若い女性らしきアカウントとラブラブ会話が表示されていた
しかも内容が内容で「まぁちゃん(仮名・相手の愛称)にはやく会いたいよう?」「週末のホテルがまぁも楽しみ?金曜が早く終わりますよーに><」みたいな頭ゆるゆるいちゃいちゃ
銀行員でお堅いおじさんの見本みたいな父とは思えない有様で父が不倫!?若い女にうつつを抜かした!?ってパニックになった
とにかく母に見られないようスマホを隠して別室にいた父本人に問い質しにいった

124: 名無しさん@おーぷん 2016/10/17(月)20:32:46 ID:6t1
従姉妹の結婚式の二次会で高校時代の友人が爆弾発言かました
「〇〇ちゃんのことずっと好きでアピールしまくってたのに、ド天然で鈍感だから全然気付いてくれなかったんだよなぁ」
コイツ(以降ロリ男)がAを好きなのはみんな知ってたが、流されて相手にされてないのもみんな知ってた
これを聞いた従姉妹から表情が消えてゴミを見るような目になり
「気がついていたけど相手にしなかっただけ、欠片も興味がないとアピールしても気がつかないお前が鈍感」と返した
だが、これに納得いかないロリ男、必死で反論
「またまたそんなこと言って、全然気がついてなかったじゃん」
そこで、助け船を出すことにした
「当時、ずっと相談を受けてたよ、『あの勘違いカス野郎をどうにかしろって』」
ロリ男、ポカーンとした顔で俺の事見てくるから説明してやった

671: ◆ZLcZNG2VQQ 2017/11/12(日) 13:00:30.93 0
とりつけれてるかな?
去年離婚した元旦那かできたので晒してみる

お久しぶりです。
〇〇(子供)と〇〇(子供)は元気か。
お前は元気でやってそうだな。
でも無理してるんじゃないかと心配だ。
借金はしてないか。飯はちゃんと食ってるか。
そろそろ男手もいるだろう。〇〇(子供)の父親を奪ったこと、そろそろ後悔してる頃だと思う。
そう思って連絡してみた。
もう1度チャンスをやる。だから戻ってこい。
住所は前と変わってない。
お前も最近変わったみたいだしな。
前みたいな芋くさいブスとは間違えた。
俺は誰よりもお前を愛してる。
だからこそ目を覚まさせるために離婚したんだ。
辛い思いをさせたな。
もう大丈夫だぞ。


557: 名無しの心子知らず 2016/05/21(土) 21:49:02.18 ID:M6/9ygny
昨日、夫クレのママに遭遇しました。

昨日休みだった旦那と2歳の子供を連れて公園に散歩してたら
旦那がお腹の調子が悪いとの事だったので公園のトイレへ。
そしたら近所で見たことある程度の付き合いのAママが声をかけてきました。
A「やっぱり運命ね~」
私「何がですか??」
A「あなたの旦那よ!私のためにきてくれたんでしょ!」
意味が分からなく「はい?」と返事したところ、目が吊り上がり
A「だから!あなたの旦那さん、私に会いに来てくれたんでしょ!だって平日なのに公園にいるもの!わざわざ休んで来てくれたんでしょ!!」
と凄い勢いで捲し立てられ
(ヤバイ人だ、逃げなきゃ、怖い怖い)
と思いながらも怖くて硬直してしまいました。
A「話合わないといけないからあなたも付いてきたんでしょ!さすが旦那様!筋を通すって大事だもの!」
と、口の端に白い泡をためながらどんどんヒートアップ。
子供は何か察したのか震えて私の後ろに回りしがみついていました。
その時、いつの間にかトイレから戻ってきた旦那がAママの肩をトントンして
旦那「どうかしました?だいぶ興奮しているようですけど?」
そうしたらAママの顔がパーと明るくなり
A「会いに来てくれてありがとう!待っていたわ!」
旦那「・・・僕をですか?」
A「そう!やっぱり私を選んでくれたのね!」
旦那「いえ、選んでいません。そもそもあなた誰ですか?」
そうやって淡々と相手する旦那。


いったん切ります

このページのトップヘ