冷めた

268: 名無しさん@おーぷん 2016/07/01(金)23:22:17 ID:Z3d
料理系での冷めた話
彼氏が試験に合格してお祝いにお赤飯が食べたいと言われた
彼が試験勉強を頑張っていたのも知っていたからお赤飯の他にも彼の好きなものを数品とちょっとしたプレゼントを用意した
でもいざお赤飯を出したら彼の顔がすごい顔を歪めてテーブルの上にあったおかずもろとも腕で薙ぎ払って暴言を吐いて部屋を出て行った
そして2、3日後半笑いで家に来た。私の地域のお赤飯が食紅+甘納豆で作るものなんだけどそういうお赤飯があるって知らなかったそうだ。それでメシマズは最初が肝心ってことであんな事したらしい。あと今まで出してた料理は本当は手作りじゃなかったのか!てところも腹が立ったんだって
メシマズかとビビったよーwwって笑ってたけどこっちはせっかく作った料理全部ダメにされたしテーブルから落とされたときにかけたお皿もあったしカーペットもぐちゃぐちゃになった
メシマズだったら話もせずにあんな行動とるのかそもそも今までの料理だって目の前で作ってたのに…と急速に冷めた

160: 名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木)04:48:58 ID:SFH
彼女が猫飼ってて真っ白な長毛の猫だからてっきりペットショップとかで買った猫だと思ってた
俺も最近猫欲しいなと思ってて、彼女にいくらした? てきいてみた
そしたら「友達が拾ったのを恵んでもらえたからタダw」
て答え
そのわりには高いらしいメシと刺身しか食べさせないし
家出して怪我して帰って来た時はタクシー乗って病院に駆け込んで結構かかったって聞いてた
だから「タダのくせに金かかってんじゃん!」て冗談半分でつっこんだら
「うちの子にしたんだから当たり前でしょ」
て真顔で言ってきた
そこはノリツッコミして来いよ、とちょっとイラっとしたのもあって
野良猫に何万も金かける意味がわからん、て正直なところを言ったら
「あなたは猫飼ったらお金かかる事も考えてないの?」
てきかれた

434: 名無しの心子知らず 2017/05/18(木)19:55:18 ID:O5r
彼に小説を貸したらメルカリで売られた
「この前は小説ありがとう!面白かった!それで、あの本、定価より少し高く売れたよー!これでまた新しい本が買えるよ!」と、小説じゃなくて現金を返されて「???」状態
なんで勝手に売ったのかと聞くと「だって、あの小説もう見たやつでしょ?ってことはもうしばらく読まないでしょ」と
「好きな本だし、何度か読み返してるし、また読むけど…」と言うと
「そうなんだ!俺は一度読んだら暫くは読まないかな?ずっと持ってても場所取るから、売って違う小説買うよ!また読みたくなったら中古で安く買い直せば良いし」とニコニコ

7: 名無しさん@おーぷん 2017/09/25(月)16:52:54 ID:12j
旦那の育児の関わりに疑問をもっています。

旦那 9時~18時勤務 土日休み 残業は1時間、週2。
私 9時~18時勤務 平日の何処かで1日休みと日曜休み
残業はほとんど無し 現在育休中
息子 8ヵ月

給与ですが、育休中でなければ私の方が多く貰っています。育休中の今は旦那と同額。

育休中なので現在は一日中家にいる状態です。家事育児は私が全て担当していますが、
先日体調を崩してしまい、高熱にうなされていました。
この状態ではまともに子供を見れないと思い、子供が生まれてから初めて実家の母に頼りました。
旦那には朝起きて直接、母が来ると伝えておりましたが、後になってから「他人に家にあがって欲しくなかった」と不満をこぼされ・・・
母は旦那が帰宅する前に私たち夫婦と子供の分の夕食作りをして帰宅。
旦那にはそれについてもしっかり伝えたのですが、外食を済ませてきていました。
朝きちんと伝えたはず。外食するなら連絡が欲しかったと言ったら、
「だってお前家事できないだろ?残った俺の夕飯は明日の朝のお前の朝食にすればいいよ。
俺には目玉焼きと味噌汁を作ってくれればいいよ」
と返され呆然。すかさず、
「残ったおかずは申し訳ないけど貴方が食べて。貴方のなんだから。それと今晩、息子は貴方が見てほしい。」と1から10まで手順を説明し、お願いしたのですが、
「ええ・・・残り物はなぁ。じゃあ母さん(義母)呼ぶよ」と頓珍漢な事を言われて脱力。
交際中はテキパキとなんでもこなす人でしたが、子供が出来た途端、あの手この手で面倒事を回避するようになりました。
カチンときて、義母さんを呼ばなくても貴方がやれば済むことだときつめに言い返してしまいました。
私が体調管理を怠っていたから、申し訳ない思いで旦那に息子をお願いしたのですが、腹が立ってきて気持ちがたかぶってしまいました。
翌日には、義姉に話がいっていたようで、「弟にあいつ(私)はまだ母親として未熟なようだから、姉さんが育児の先輩としてアドバイスしてやってよと言われたけど、大丈夫?」と電話が電話がかかってきた・・・・

私はこの件で完全に冷めて、旦那に一言文句言ったら、
ようやくヤバイと感じたのか、異常に世話をやいてくる。
疲れた。

993: 名無しさん@おーぷん 2015/01/30(金)09:48:08 ID:Sj2
長文すみません。

2年付き合った彼氏と結婚話が出て、
彼とうちの両親の間で結納をいつにするかって話になった時、
彼側から、親戚と相談しなきゃいけないからちょっと待ってみたいに言われて
親戚と相談ってなんぞ?と不思議に思って彼に聞いたら
「うち本家だから分家にも了解とらんといかんし」と言われ、ますます分からなかった。
彼の家には何度もお邪魔してて、彼のお母さんともお姉さんとも普通に仲良くしてたし。
そしたらしばらくして反対してる者がいると言われた。
理由は「資産らしい資産がない家の娘さんを本家の長男の嫁に迎えるのはいかがなものか」と。
私の実家は85坪の土地とその上に建つ築10年(当時)の5LDKの家。
それは資産のうちに入らないと言う。家なんてものは持ってて当り前のものらしい。
「え!?そういうものなの?」って彼に聞いたら「まぁそうだろうね」と。
「あなたのご両親はどう言ってるの?」って聞いたら
「本家とは言え、分家の意見無視するわけにもいかないし、今度また話し合うみたいだよ」って言われた。
実は私、24歳のその時まで実家が農家って人は彼氏にも友達にもいなかった。
みんな自営業とかサラリーマン。漁師ってのもあったっけ。
本家とか分家って言葉がリアルに耳に入ったのは初めてで、なんだか別世界みたいな感覚がした。
そして何故私の両親が誰の援助もなく苦労して苦労して建てたマイホームを
侮辱されなきゃいけないのかと強い憤りにかられた。
それで「結婚、お互いにもう一度冷静になって考えた方がいいのかも知れないね」って言ったら
彼氏ビックリして「いやいや、それが前提での話じゃん」って言うけど私にはそうは思えなかった。
その日はギクシャクしたまま別れて、家に帰って考えていたら
夜になって彼から電話がかかってきた。
「例の件(資産のこと)で反対してた親戚、OKが出たよ」って言われたけど「で?」って気分にしかならなかった。
嬉しいとか良かったとかそんな気持ちに全くなれなかった。
そしてその後、またビックリする話が出た。
「でも私子んちの本籍がここと違うからってんで、親戚が今度の土日に調べてくるらしいんだ。
 それで何も問題なければ結婚OKらしいよ」って嬉しそうに話した。

817: 名無しさん@おーぷん 2014/06/17(火)10:31:11 ID:TZMxIiVBi
一週間前の修羅場。
私は車を運転していて横断歩道を通過するとき、渡ろうとする人がいたら必ず止まる。
それが気に入らない元彼はいちいち文句をつけてきた。
元彼、助手席に座ってたんだけど「なんで止まるの?待ってりゃいつか渡れるようになるんだからそのまま進めよ」
「うっぜーな。今日で何回目?俺らが止まんなくても後ろの車が止まるって」と言ってきたので、
言い返したら横からハンドルを奪われた。車はフラフラと反対車線にはみ出し、あわやガードレールに突っ込んで川にダイブするところだった。
後続車がいなかったのが幸いで、人も車も傷つかずに済んだものの、私はあまりの恐ろしさに泣いてしまった。
元彼は私を引きずり降ろして自分が運転席に座って去ってしまった(彼の車でした)。私は田舎に置いてけぼり。

私は友人に泣きながら電話して迎えに来てもらった(両親は他界しているので頼れず)。
友人の車の中で泣いているときに、元彼からメールがきた。いちいち横断歩道で止まってイライラさせるお前が悪いみたいな内容だった。
私はその場で別れをメールで告げた。直後に鬼のように電話がかかってきたが無視。

ちなみに付き合って3日目の彼氏でお互い初恋人。
ぷりっぷりにロミオって来てますが復縁するつもりはありません。

横断歩道で人がいたらいちいち止まるのってそんなにうざかったのかな・・・
命の危機に晒された修羅場でした。

442: 名無しさん@おーぷん 2016/02/05(金)18:00:36 ID:8si
妊娠八ヶ月の妊婦です。初めての出産です。
私の実家へ里帰り出産をする予定だったんだけど、急きょ親が入院する事になり、実家を頼れなくなった。
義実家は、要介護の義祖母がいて頼るどころじゃない。
先週の土日二日かけて、夫とよーく話し合って「夫婦で乗り切ろう」と決定した。

なのに昨日、義兄嫁からメールが来て
「勝手に決めないで!困ります。うちに押しかけてきても入れません」という内容。
意味がわからないので「押しかけるって何ですか?」と送り返した。
最初は「とぼけちゃって」という反応だった義兄嫁だけど、メールから電話に切り替えて話したら
とんでもないことがわかった。
夫、勝手に義兄家に「私を里帰り出産させてやってくれ」と頼んでた…。
ていうか義兄家は里でもなんでもない!よそ様の家だし!
第一義兄家にはイヤイヤ期真っ最中の幼児がいて、他人の世話なんかしてられるわけない。
驚いたことに義兄は「いいよいいよ」と安請け合いしたそうで
「というわけで来月あたりから、弟嫁(私)さんが来るからお前頼むわ」
と義兄に言われた義兄嫁、「冗談じゃなーい!」と怒って私にメールしてきた、らしい…。

686: 名無しさん@おーぷん 2016/04/27(水)22:08:20 ID:5am
26歳の頃、当時付き合ってた彼氏にプロポーズされた。
某県に一戸建てを建てたい。そっちで一緒に暮らさないか?結婚しよう。専業主婦になって欲しいと言われた。
私がいかに苦労して念願の職種に就いたか知ってるはずなのに専業主婦ってなんだよ。
大学4年次に残念ながら試験に落ち、3年ぐらい小学校の支援員+かけもちでバイト→講師を経てようやく正式に就職をした。
その努力と苦労を知っているはずでしょ?専業主婦にはなれないよと言ったら、
女は喜んで専業主婦になるものだと思っていたと言われた。
確かにたくさんいるだろうさ。でも夢をもってようやく希望した職に就けた女性は違うだろう。
元彼は財力があったし、優しかったけど、女性はせいぜいパートでよくない?と思っていたらしい。プロポーズの時に初めて知った。
元彼はそんな私の考えに不満だったらしく、結婚は見送ろうと言って、そのまま着信拒否してきた。
私も縋り付こうとは思わなかったので、正式に別れようとメールを送ったら返ってきてしまって笑った。

68: 名無しさん@おーぷん 2016/06/04(土)01:31:25 ID:kxl
結婚を本気で考えてたほどの人だったけど、レストランでの食事が原因で冷めた
結構高めの店に誘われて行ったんだけど、味が正直に言って不味かった
こんな高い店で何でこんな不味いんだと思いつつ、クレームつけて店の雰囲気を悪くするわけに行かないから我慢した
我慢しても1/3も食べられなかったが
けどそれを美味しい美味しいって言う彼女を見て価値観違いすぎぃ!って感じた
この人と結婚したら毎日こんな飯食わされるのかと…
彼女はどうしたのと心配してくれたが、お前の舌こそどうなってんだと思った
それからはもう全然興味が無くなってしまって別れた
ただ、金持ちの娘なんで引く手数多だろうから罪悪感とかは無いっ!
スパッと切ることができたのが幸い

後日談
それから数年後、別の人と結婚して偶然にも同じレストランに誘われた
どうしたもんかこれ…と思いつつメニュー眺めてたら、シェフとオーナーみたいな人が謝りに来た
数年前に来た俺のことを覚えてて、あの時のことを謝ってくれることに驚き
しかも、味が悪かった理由が料理人の一人が当時俺が付き合ってた彼女のことが好きで、俺に対して嫉妬してたからというアホみたいな理由
特に怒ってなかったから別に良いよと言うと、ワインをサービスしてくれた
高い店ってのはこんなにもレベルが違うのかと思った
当然料理もすごく美味しかった

66: 名無しの心子知らず 2017/03/10(金)11:15:19 ID:RF4
2年間ずっと好きだった子に告白したら、10年好きな人がいてこの先もずっと好きだからから無理と言われた
誰か聞いたら亡くなってる相手だった。しかも10こも上。彼女今31だから当時の彼女からしてもただのオッサンだと思う。ここで1冷め。
おためしでも良いといったら「興味のない異性のためにおためしごときで自分の時間取られたくないし本当にこっちは好きでも何でもないから止めろ」的なこと言われた
ずっと1人でいるの馬鹿らしくない?と聞いたら、「好きでもない男と一緒にいるのは私にとっては苦痛でしかないし望んでも無い関係のために苦痛を我慢するのは馬鹿らしい」
普通に考えて10年も男いない訳ないし俺にもチャンスくれよといっても「10年ずっといないけど」って言うから
冗談で10年もフリーだったら性欲どうしてんの、さすがに誰かとやるでしょって聞いたら「自分がそうだからって皆そうだと想ってるあたりがキモい」と言われた
最後に俺のことどう想ってたからだけ聞いたら「しょうもないLINEの多いただの面倒な人だったけどたった今面倒で気色悪い人に変わった」とのこと
なんでこんなキツイ言い方するのか訳わからんし接客の業界なんであんなじゃ出世は無理だなと思ったら来月からチーフになるらしい。
頭硬いのもだけど想っててもどうにもならない相手のために10年も時間取ってる
彼女の方が馬鹿らしいと思うし、未練がましくて冷めた(笑)
俺は結婚願望ありなんだが2年もあったら今頃良い子捕まえられてたと思う。俺の貴重な2年を返して欲しいわ。

このページのトップヘ