冷めた

175: おさかなくわえた名無しさん 2015/04/14(火) 00:13:59.49 ID:+diOoqel
友人の紹介で知り合った男性
付き合ってはいなかったけど、何度かデートして、ちょっといいなと思ってた人だった
そんな彼に言われた一言
「本当に2○歳?見た目どう見ても20代後半~30代前半だよね?免許証とか見せて」

650: 名無しの心子知らず 2017/06/10(土)16:03:39 ID:uK8
宝くじの当選番号を照会していたら旦那に「おまえの今の夢って何?宝くじ当たったらどうしたい?」って聞かれた。
「3ヶ月ぐらいどこかの貸別荘に籠って、読書三昧な生活がしたい」と言った。

844: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/30(水) 01:48:04.50 ID:Dwkaw7AH
仕事先で、以前顔見知りだった彼と偶然に遭遇
そこから話が弾み、「結婚してる?」と聞かれ「してない、相手もいないよ」と言ってからデートに誘われて何度か出かける仲に。
いいな、と思っていたけどその時30過ぎていて本気で結婚を考えられる相手としか付き合わないと思ってたので慎重にはなっていた。
以前からカッコいい人だとは思っていたけど話も面白く、この人と結婚したら楽しいだろうなと考えるようになっていた

しかし、何というかちょっとしたところで引っかかる事が出てくるようになった。

817: 名無しさん@おーぷん 2014/06/17(火)10:31:11 ID:TZMxIiVBi
一週間前の修羅場。
私は車を運転していて横断歩道を通過するとき、渡ろうとする人がいたら必ず止まる。
それが気に入らない元彼はいちいち文句をつけてきた。

765: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/01(水) 01:35:39.72 ID:X2+R0/ZY
彼の購入した家電製品が初期不良だった
買ってすぐに気づいた為、購入した家電量販店に電話
そしたら、向こうは買って1週間経ってないから、状態見させてもらって
症状が確認できたら、新しい物と交換をしますという回答だった

531: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/31(土) 16:16:39.42 ID:n6riFfS9
好きな人のために、自分ができることはなんでもしてあげたいと思うそうで、
デートのときはいろいろなことを俺に任せてほしいと言われた。

たとえば、スタバやドトールでは注文は各自でするんじゃなくて、
私がほしいものを彼に伝えて、彼がまとめて注文、会計。
アイスドリンクを頼んだときは、
彼が私の飲み物にストローを挿して、私の目の前に置くところまでやってくれる。

123: 名無しさん@おーぷん 2015/10/20(火)17:12:13 ID:9hw
修羅場ってのは大袈裟かも知れんけど、
昔付き合ってた彼女との結婚を彼女の父親に大反対されてたんだが
その父親が上司にリストラを告げられてるところを目撃しちまった時が修羅場だった。
さんざ俺の母親のこと馬鹿にして、俺の勤務先のことも馬鹿にして
それでも彼女が好きだったから誤解されてる部分はちゃんと分かってもらおうとしてた所だったのに
なんだこいつとか思ってさ。

2: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/26(月) 08:58:09.85 ID:Yjsc4an/
もう随分前に別れた元彼の話。いわゆる食い尽くし系+クチャラーだった。
例えば居酒屋で一緒に食事をすると、大皿料理をすごい勢いでバクバクバグっと口の中いっぱいにしてクチャクチャ食べる。

お祭りで人形焼みたいなものを割り勘で買ったら、バクバクバクっと急いで口の中いっぱいに入れる。(私に盗られると思ってるみたいなんだけど、そもそも割り勘…)
行儀悪いからやめなーと軽く注意したら、「これはハムスター食いといって口の中いっぱいにするのが幸せなんだよ。(私)もやってみなよ」とか言われて引いた。

309: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/24(木) 17:23:58.38 ID:Lln12N6N
週末に別れた元彼
彼の運転で出掛けた帰り道の信号待ち中、話が盛り上がってしまい信号が換わったのに気づかず
後ろの車にクラクションを鳴らされてしまった。すると彼がこれに逆ギレ。
車を降り、相手の車に向かっていく。私も慌てて後を追い彼の元へ
「何クラクション鳴らしてんだ!降りてこいよ!」と運転手に怒鳴っている彼を止めようとしているとその運転手も降りてきた。
その男の人、身長がかなり高く180後半とかあったのではと思う。しかもガッシリとした体型。私達はというと至って普通の男女。

206: 名無しさん@おーぷん 2016/06/24(金)10:58:07 ID:aRC
元彼がもっと色っぽい服装して、それに似合う派手な靴履いてって言うんだけど、
足が悪くて不安定な靴が履けない事は説明していた。
なのに誕生日のプレゼントが爪先の尖ったエナメルの真っ赤なピンヒールだった。

このページのトップヘ