修羅場

56: 名無しの心子知らず 2016/03/09(水)16:11:26 ID:kW8
今日ふと思い出してイライラしたので書き捨て。

高校時代、毎日毎日痴漢されてた。
1本電車遅らせても、車両変えても
やられたから、多分ねらいうち。
もう男自体というか性的なものが
気持ち悪くてしょうがなかった。
それで勇気出して「この人痴漢です!」って
手をつかんで上にあげてやった。
サラリーマン風のスーツのはげちらかした
おっさんだったんだけど、「触ってない
冤罪だ!」って叫ばれた。さらに横から
「このおじさん、触ってませんよ。かばん
両手で持ってるの見てました」って
若いフリーター風の人が口出してきて、
駅員のところまで行ったけど、私が悪者
みたいな空気出されて終わった。
というか、「どこをどう触られたのか
説明して」とか駅員に聞かれたけど、
高校生の自分には口に出せなくて、
もういいですって言って駅員室出ていった。
今なら毎日スカートに手ぇ突っ込んで、
今日は下着の上から指で押されたとか
言えるけど、もう嫌悪感で泣くしかなかった。

208: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)23:58:01 ID:Lqm
私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった
まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある
私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた
そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた
私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた
いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ
母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった
私は声も出ず呆然とした
感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる
偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した
たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した

899: 名無しの心子知らず 2012/08/31(金) 16:04:55.69 ID:pzbI/TMs
昔働いてた職場のパートが泥ママだった
子供は中学生だったかな
その人自身は全身フリルや花ついたブランド物で固めた
旦那が安月給で~って愚痴ってたのによくお金あるなと思ったら
発覚前から人の机勝手に開けて持ち物みてたりとかしてたんだよね
注意しても「やましいものでも隠してるの?」とニヤニヤ
そのうちエスカレートしてロッカーや鞄勝手に開けるようになった
店長や他の社員に注意してくれるよう言っても泥ママのが古株で「あの人の言う通りだし」みたいに逆らわない
寧ろあの人には愛想よくしとけ、みたいな感じ
他にもクーラーガンガンにつけて寒くて体調崩す人までいたのに「泥さんが暑いって言ってるから」とか
そのうち私の財布からお金が抜き取られた
間違いなく会社来た時にはあったから窃盗
店長に言ったら「抗議文を書いて朝礼で読めば?」とだけ
普段から机や鞄触る泥さんが怪しいと言うと「同僚を疑うなんて最低だ!」と何故か説教された

555: 名無しの心子知らず 2015/07/09(木)10:24:24 ID:k57
現時点での最大の修羅場。
詳しく書くと恐ろしい事になるので、なるべく簡単にまとめる。


小学校一年の時、虐めにあった。
小一の子どもがやるとは思えないような、まるで今の中高生の子達がやるみたいな酷い内容の虐めだった。
詳細は省くが、性的なもの以外は粗方受けていた。多分、高学年まで一緒にいたらそれもされていたと思う。
毎日が地獄だった。
しかもタイミングとは残酷なもので、私が小学生になったと同時に父方祖母が同居する事になった。
両親や年の離れた姉の帰りが遅く、鍵っ子になる私のシッター役を買ってでたそうだが、この婆さんに虐待を受けていた私にとっては恐怖しかなかった。
婆さんのせいで両親ですら信用できなかった当時、誰にも自分の現状を吐露できず、内外に敵しかいないと絶望した私が最後に選んだ道は、自タヒだった。
手首を切ったり飛び降りたりを何回か試みた。
結局最後の一歩を踏み出す勇気がなく全て諦めたのだけれど、死ぬことしか考えていなかったあの当時が一番の修羅場。
今思い返せば、小一で何度も自タヒ未遂繰り返したり、虐めを苦に自タヒした子の話をニュースを見て「なんて勇気のある子なんだろう」と羨ましく思っていたあの頃の自分は、正気じゃなかったんだろうなぁ。

ちなみに、その後虐めは3年後に転校で、祖母とは8年後に同居解消となりました。
そこまでの流れが、修羅場の大筋。

456: 名無しの心子知らず 2015/06/21(日)22:07:54 ID:0IE
離婚した両親が水面下で継続してて、
離婚の原因である父のDVは、両者納得積みのプレイだったって知った瞬間
二人は私の独立後に再婚した

生まれてからずっと父が手をあげる姿をみていたけど
母が私のことがあるからと言って離婚したがらなかったから、幼少時は何もできなかった
家は代々開業医で裕福
またなぜか父の暴力の対象は母に限定され私は普通に可愛がられていた
母が虐げられる中での父の厚遇は剃刀の刃を飲むように痛いものだったけど
幸福だと思わなきゃ単なる母の枷のようでそれこそどうしようもない
でもそれも16の時、酒の瓶を持った父から母を庇って流血沙汰になり
母は渋ったが私の度重なる説得と、
父の子供にまで傷を負わせてしまった負い目でようやく離婚になった

もう私はバイトもできる年だから、なんとでもしてやる
母を幸せにしよう、離婚してよかったと思ってもらおうと躍起になった

だけど就職して一年後、予定外にアパートに戻るといないはずの父がいた
とっさに警察に通報しようとした私を止めたのは、
床に転がっていた被害者だと信じていた母の、
これまでどれだけ殴られても出さなかった金切り声だった

加害者をかばうこと自体信じられないのに、さらに母は信じられないようなことを口走り始めた

「私はお父さんを愛してるし、お父さんも私を愛してくれている。
まだ恋人もいないあなたにはわからないんでしょうけど、いろんな夫婦の愛の形があるのよ」

890: 名無しの心子知らず 2015/08/16(日)14:45:26 ID:hEI
私の知らないところで私のために修羅場が起こっていたことを知った修羅場。

私と旦那は大学入学時に付き合い始め、卒業と同時に結婚する予定だったんだけど
ウトメが旦那sageコトメ(高校生)ageばかりのテンプレ毒親で猛反対されていた。
私は幼い頃両親を亡くし、育ての親の祖父母も鬼籍に入ったので親類は兄一人だけだった。
そんな金と縁のない女とは結婚させられない!もっと金ヅルのような家柄を嫁にしろ!というウトメ。
ウトメは旦那から絞ったお金をコトメにつぎ込み、優秀な教育・大学・就職…というレールに乗せたかったらしい。
悩む私夫婦の相談に乗ってくれた兄から「安心しろ何とかしてやる」という励ましを受けた後、
それからしばらくしてウトメからの反対や嫌がらせが無くなり、無事に結婚することが出来た。

27: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)12:37:58 ID:jLC
親戚に父母姉弟の四人家族がいた。
良くも悪くも思い込みが激しくてアクティブな一家だったけど、
弟は一人だけおとなしくて背中丸めてて、子供の頃からいつもそれを家族にやいやい言われてた。
今にして思ったらそれが相当ストレスだったんだろうね。

弟が高校生の時のある日、姉の下着が盗まれてそれが弟の仕業ってことになった。
弟が泣きながらやってないって言っても家族揃って嘘つけって責める責める、
部屋引っ繰り返して何も出てこなくても「何処に隠した」ってまた責めまくって、
この頃の弟の顔は本当にドス黒くて今にも死にそうだった。
しばらくして近所の住人が犯人として捕まって姉の下着も押収されたんだけど
バツが悪いのか誰も弟に謝らない。
それどころか「疑われるような生活態度のお前が悪い」てやっちゃったもんだから
ついに弟がブチ切れた。

500: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)20:08:22 ID:uMx
母が弟を捨てる所を目の前で見たのが修羅場
滅茶苦茶長文なので嫌いな方スルーして下さい

私には1歳下の弟がいる(仮名・ゆうすけとします)
小さい頃私達一家(父母私弟)は父方の祖父母と同居していた
よくある話だけど祖母は母と折り合いが悪く、その息子である父も自分の母親言いなりだったようだ
祖父は非常に無口な人ではっきり言って空気だった
祖母と父は、弟を異様に可愛がって…というか甘やかしていた
姉の私とははっきり差別があった
弟だけ決められた時以外でもオヤツを食べて良かったし
嫌いな食べ物を残しても、オモチャを散らかしても怒られない
5歳の弟が花瓶を投げて割った時も、一緒に遊んでいた私が叱られる有様だった

母は子供ふたりには分け隔てなくしっかり躾けようとしていた
別にヒステリックなやり方じゃなくて「ご飯前にオヤツは禁止」「遊んだオモチャはすぐ片付ける」とかごく当たり前の躾けだったと思う
けどそれを祖母や父が
「お母さん怒ってばっかりで怖いねー」「ゆうちゃん、オヤツ好きだもんねー」
とか言って甘やかし続けてたのは良く覚えてる
正直当時は好き勝手やってもかばってもらえる弟が羨ましかったりもした
母は随分努力した(と思う)けど、母親VS父親&祖母の1体2じゃ勝ち目はなかった
今思えば嫁いびりの一環でもあったんだと思う

結果、弟は小学校に上がる頃にははっきり言ってかなりの糞ガキになっていた
食卓に自分の気に入らない料理が出ると食べないだけでなく、箸やフォークでグチャグチャにする
どこかで「ババァ」と「ブス」という言葉を覚えて母と私を呼ぶのに使う
母を「ババァ」と呼んで怒られると「鬼ババァが怒った♪鬼ババァが怒った~♪ばぁちゃ~ん」と祖母の所へ駆け込んでいく
自分が散らかした子供部屋(私と弟の共有)を「ブス!片付けとけよ!」と私に命じて遊びに出かける
私の当時の宝物(お菓子のおまけのシール)を盗んで親には「お姉ちゃんがくれた」と嘘をつく
母は「お姉ちゃんに返しなさい」と怒ったけど、祖母や父は「お姉ちゃんがあげたんだろ?取り返すなんて意地悪」と私を叱った
結局宝物は返って来なかった

101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)14:15:29 ID:Oqy
中学の頃、部活動で下校が遅くなり友人2人(AとBとする)と民家もまばらな田舎道を歩いていた。
そこに現れたのが、お約束の格好をした露出系変質者。街灯の陰から現れて私達に向き直ると、
コートをガバッと開いた。男と私たちの距離は5mもなかったと思う。
声もあげれずgkbrだった私の横で友人Aが持っていた傘を剣道の様に構えた。(朝、雨が降っていた)
さらにその横で友人Bも同様に傘を構えたため、私も変質者を睨みつけて傘を構えた。


603: 名無しの心子知らず 2012/08/23(木) 17:39:13.54 ID:g+JXa1w4
いつの間にか託児&泥に巻き込まれ話。

今日、午前中に、近所のドラックストアに赤のおむつ買いに行った
他にも水とか色々買いたかったので、赤抱っこ、カート押しながら店内
物色していたら、なにやら後ろ下くらいからスカートを引っ張られた
脹ら脛くらいの丈のスカートだったから、なにか棚に引っかけたかと振り返ったら、
なんと子供。3,4才くらい?の女の子

初めは迷子で、母親と私を間違えたのだと思って、「ママは?」と聞いても
答えない。スカートも放してくれない。
不思議に思いながら、取り敢えず女の子引き連れたまま店内ぐるっと回って
母親を捜したが見あたらない
ドラックストアはそこそこ広い店舗だが、そこまでタヒ角がある訳じゃないし、
そもそもお客は自分含めて10人居ないくらい
なのに見つからないので、困ってしまって、もう一度女の子に、
「お店にはママと来たの?」と聞けば「パパとママときた」と答える
でも夫婦の姿なんてどこにもない…

仕方ないので、その店でその時間働いている顔見知りのパートさん(私同級生の母)に
理由を話して、放送して貰っても、当たり前のように現れない。
客トイレを探しても居ない。駐車場にも居ない。
これはもう仕方がないと考えて、近くの交番に連れて行く事にした。

パートさんは店で見ると言っていたが、そうは言っても仕事中で相手出来ないだろうし、
交番までは徒歩数分だったので。

このページのトップヘ