修羅場

176: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/28(水) 17:42:16.59 ID:7OAaUUcM
ウチの母親の神経わからん話

小1の時に母親がムクドリかなにかの雛を拾ってきた
数日間は母親が甲斐甲斐しく世話してたんだが、ある時からその全ての世話を私1人に押し付けてきた
日中は常に仕事で雛を構えない母親より、その当時利き腕を骨折中で体育や外遊び厳禁だったから、学校にいる間はずっと教室に居て雛の世話出来るかもしれない私が適任って考えたんだろう。
なんせ家には既に先住猫が居て食べられる危険性もあったし、家で飼うより学校で世話した方が、という考えだったのかもしれない
たった数回のレクチャーの後は虫かごに入れられた雛と共に学校に行かされた
学校に行けば雛は担任やクラスメイトから「ピーちゃん」と名付けられ大変な人気者になった
世話は担任はノータッチで全て私1人でやった
利き腕を使えない中、なんとか頑張ってやってたと思う

196: 名無しさん@おーぷん 2017/02/20(月)14:42:47 ID:xNJ
自由になった記念に投下

長年付き合ってた彼女とそろそろ結婚を、と考えていた頃に私に厄介な病気が発覚。
死んだり感染したりする病気ではないが完治はしない類のやつ。
仕事も続けられない状態だったので、経営していた会社を畳み彼女ともお別れするつもりだった。

77: おさかなくわえた名無しさん 2011/08/05(金) 15:52:13.33 ID:MlRqJhU9
夏が来るたび思い出す泥ママ。
当時私は実家住まい。田舎で近所付き合いも盛んな所だった。
夏には家族旅行に行くのが恒例行事なんだけど、その際にはお隣さんに『留守にするので宜しく』と挨拶するくらいだった。
(後でお土産を渡す。旅行中に荷物とか届いたら受け取ってもらったり、犬に餌やってもらったりしていた。)

その年もいつもの通りお隣さんに一言言ってから旅行へ出かけたんだけど、途中で忘れ物に気が付いて家に戻った。

334: 名無しさん@おーぷん 2015/04/03(金)19:04:16 ID:qA1
まだまだネットが一般的ではなかった頃、
自分の周りに同じ趣味を持つ人がなかなかいなかったため、
ある雑誌の友達募集的なコーナーに実名と住所を載せた。

それをきっかけに出会った人たちとは楽しく過ごしたが、
私は三年ほどでその趣味に飽き、
関わりを持った人たちともいつしか疎遠になり、
私の中で、趣味に関してはそこで終わっていた。

それから約20年が経って、手紙が届いた。
差出人は知らない人で手紙の一行目に大きく「謝罪文」のタイトル。

354: 名無しさん@おーぷん 2015/01/05(月)09:51:38 ID:OuI
元夫が土下座をしながら仕事を辞めて義母の介護をしてくれと頼んできたから、後ろ髪を引かれる思い出仕事を辞めた。
良義母さんだったから仕事に未練があった時期はほんの僅かでした。介護は大変だったけど、義母さんとのコミュニケーションは楽しかった。
そんな義母さんも残念ながら80歳目前でタヒ去。
そんなときに放った元夫の言葉がこちら。

161: 名無しの心子知らず 2012/12/23(日) 08:24:59.91 ID:XMZOAEfZ
買い物したものをカートに乗せて自分のバッグは肩からかけて買い物したものはかごに入れてカートの下。
親から財布買ってくるように言われてたのでカートの上部分はカゴだけ状態で、電話で話しながら希望の色とか聞いて決まった財布をカゴに入れたあと他にもいろいろ見てみようとその付近をウロウロしてたら
突然後ろから体当たりされて倒れたところに子供をスリングで抱いた人がカートのカゴに入ってる財布を持って走り去った。

183: 名無しさん@おーぷん 2015/02/10(火)09:07:07 ID:2bv
離婚する前の話し。すべて元が付きます。
次男妊娠を機会に、大トメとまだ50代前半のトメと同居が始まりました。(ウトは離婚)
大トメは良くしてくれたけど、お察しの通りこのトメが曲者。金銭面大トメにおんぶに抱っこ、掃除もしてない汚部屋、料理は肉料理ばかり、近所の方の評判も最悪、だけどプライドは人並み以上にあり、嫁の私のする事は何でも気に入らない。まぁ、よくいるクソトメでした。

485: 名無しの心子知らず 2016/07/11(月)18:43:25 ID:igd
元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。
まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。
そして甥が15歳になった時、
「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかにないんだ(キリッ」
と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

384: 名無しの心子知らず 2011/09/19(月) 02:13:53.81 ID:e/1zV86A
旦那が急な呼び出しで、朝飯持たせて送り出したら目がさえてしまったので、投下。
先月の帰省で親に聞いた話です。又聞きの話なので、ちょっとわかりにくいかも。

まずは私が体験したエピソード。
私がまだ実家にいたころ、近所のスーパーにセルフレジが設置された。
「小さいお子様には操作させないで」みたいなことが書いてあった。

91: 名無しの心子知らず 2010/10/31(日) 13:30:48 ID:DFZMFk50
娘視点ですが、私の父がタヒんだ際、祖母が財産を根こそぎ持って行った話をちょいと。
板が違わないかは心もち心配。

父は祖母から精神的な虐待を受けており、壮年になり鬱に。
職場が祖母と同じであった為、逃げ場ナシ。母が必タヒに転職やら独立やらを進めていたけど、
鬱の父にはもう判断力が無い。そして今思うと、自分の母親から逃げるって選択肢が彼にはなかった。
結論から言うと、自宅で自決しました。

このページのトップヘ