両親

821: 名無しの心子知らず 2016/08/22(月)21:59:58 ID:V9G
豚切りすまん、吐きだし。

小2の時に母(以下糞)がパート先のアルバイトの男と駆け落ちした。
父の出張中、俺の登校中に荷物まとめて出て行ったんだが、そうと知らずに
糞が帰って来ないのを心配して、スーパーまでの暗い道のりを3往復して探したが見つからず
泣きながら夜道を歩いていて警察に保護された。

そして中3の時に学校帰りに待ち伏せされて、
父とよりを戻したいので一緒に頭を下げてほしいと
真昼間から寝言を言ってきた。
その時は糞に「寝言は寝て言え」とだけ返事して走って逃げた。
誰彼構わず他の生徒に「俺くんってどの子?」と聞いて回るぐらい
最初俺のことが分からなかったくせに。
おかげで学校で尾ひれのついた噂話が広まり、受験に集中できず第一志望を変えざるをえなかった。

239: 名無しの心子知らず 2016/07/14(木)11:54:39 ID:lnL
母が離婚を決意する瞬間を真横で目撃した事。

母は娘の私から見てもエネMEな人だった。
職業は看護師。父は会社員。
今思えば母の方が年収は上だったけど、父が家庭内のお殿様だった。
父は私達子供のことは可愛がっていたけど、自分>子供な人だった。
母は父方親族にいいように使われていた。
まず祖母の介護のため夜勤なしの病院に転職し(給料がすごく下がったらしい)
昼は働き、夜は介護。
祖母のタヒ後、ほっとのしたのもつかのま、離婚した叔父(父の弟)が癌に。
女手のある家で看病してもらいたいと我が家に転がり込んできて
これも介護。
その後、父の伯母にまで介護要請され、なんと通いで介護に。
週2で電車で通ってた。

私達は「父の伯母まで看ることないよ、断りなよ」と進言したし
叔父が転がり込んできた時も止めた。
及ばずながら叔父の介護も手伝った。
叔父は恩を仇で返すように、回復後うちからお金を借りて行って踏み倒した。

380: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)08:16:43 ID:61I
幼稚園から帰ってきたら両親が仲良く首吊ってた時がスレタイだな。
ドラマとかで首吊ってる遺体とかよくあるけど本物ってあんな綺麗じゃないんだよ。
顔は腫れてる(浮腫んでる??)しうんこやしっこで床はグチャグチャ。
もう20何年も前の出来事だけど今でも匂いまで覚えてる。
タヒんでるとかはイマイチわかってなかったように思うけど、なんか怖いしうんことかが凄いから隣の友達ん家に行って友達のお母さんに「お父さん達がうんこして飛んでる。」って言いに行ったら家に来てくれて警察呼んでくれた。
その後は警察や救急車が来てバタバタ。
その時点では俺自身にダメージはなかったんだけど、両親にもう会えないと理解してからは夜泣きや謎行動をし出した為に3年くらいカウンセリングに通ったりした。
(深夜に外に出ようとしたり親を探して何故か冷蔵庫に入ろうとしたり)

俺をどっちが引き取るか(父も母も一人っ子で俺も一人っ子だったから唯一の孫)で父方母方の祖父母で激しい奪い合いを見せ付けられたのも地味に修羅場だった。

630: 名無しの心子知らず 2017/11/16(木)12:54:24 ID:aKY
実家に帰省した時にリビングへ行ったら還暦目前の父のスマホがテーブルに放置されてた
LINEのトークルームが開きっぱなしでちらっと覗いたら若い女性らしきアカウントとラブラブ会話が表示されていた
しかも内容が内容で「まぁちゃん(仮名・相手の愛称)にはやく会いたいよう?」「週末のホテルがまぁも楽しみ?金曜が早く終わりますよーに><」みたいな頭ゆるゆるいちゃいちゃ
銀行員でお堅いおじさんの見本みたいな父とは思えない有様で父が不倫!?若い女にうつつを抜かした!?ってパニックになった
とにかく母に見られないようスマホを隠して別室にいた父本人に問い質しにいった

574: 1/2 2017/10/16(月)10:39:07 ID:TZz
うちの母親と祖母の神経がわからん。
うちは、3人姉弟。私真ん中。母親いわくずっと男の子がほしくて頑張ってたらしく、5個下に待望の男の子。
待望の男の子だけあって、両親も祖母も小さい頃からまあ、弟を可愛がる可愛がる。
軽く例をあげると
・幼少期私や姉が勝手に家にあるお菓子を食べたら「泥棒」ってビンタして怒ってたのに弟にたいしては「お腹減ってたんだもんねぇ~自分で取れて偉いねぇ~(猫なで声)」
・私や姉は、中学校に入ってからのお弁当前日のごはんの残り物なんかを自分で詰めて行って、帰ってきたら自分で洗ってた。
弟は全部朝早くから母親が手作りして詰めて鞄にいれてあげて、帰ってきたら鞄から祖母が鞄からお弁当箱出して洗ってあげてた。
・学校の時間割も親か祖母が全部準備してあげていた。時間割をメモしていないときには、親が同級生の家に電話をして必要なものを聞いて準備してあげていた。
etc.etc.他にもやるべきことは全部親が代わりにやってあげて、嫌なことはしなくていい。
悪いことしてもたーちゃん(弟の両親と祖母からの呼び名)は悪くない!でめちゃくちゃモンペになってた(特にモンペ度合いが酷かったのが父)
勉強しないでテストで赤点とっても、「頑張ったたーちゃんにこんな点数つけるなんて!」って学校にクレームの電話とか入れる恥ずかしいバカ親になってた。
続きます

4: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)20:38:22 ID:GC8
父親に育て方間違えた!これだから子供を産まない女はダメだと罵られた。
母が病院になってから、15年おさんどんしてやったのに。
その間に母の自宅療養もしてたのに。
家に毎月10万以上入れてたのに。
父親が病気になってからは病院に運び入院の手続き他も私だったのに。


弟も家を建てる時に500万も貸してたのにくだらないいちゃもん付けられるし

そんな状態で祖母には 家族支え合って、長男盛り立てていきましょう、かわいい弟じゃないとか言われるし。

実家、弟もまとめて年収400も行かないけど
私は1000オーバー
だから私が譲り、広い心で見守るそうだ。

今はマンション買って全部捨ててきた。
快適。犬が家族で幸せです。

456: 名無しの心子知らず 2015/06/21(日)22:07:54 ID:0IE
離婚した両親が水面下で継続してて、
離婚の原因である父のDVは、両者納得積みのプレイだったって知った瞬間
二人は私の独立後に再婚した

生まれてからずっと父が手をあげる姿をみていたけど
母が私のことがあるからと言って離婚したがらなかったから、幼少時は何もできなかった
家は代々開業医で裕福
またなぜか父の暴力の対象は母に限定され私は普通に可愛がられていた
母が虐げられる中での父の厚遇は剃刀の刃を飲むように痛いものだったけど
幸福だと思わなきゃ単なる母の枷のようでそれこそどうしようもない
でもそれも16の時、酒の瓶を持った父から母を庇って流血沙汰になり
母は渋ったが私の度重なる説得と、
父の子供にまで傷を負わせてしまった負い目でようやく離婚になった

もう私はバイトもできる年だから、なんとでもしてやる
母を幸せにしよう、離婚してよかったと思ってもらおうと躍起になった

だけど就職して一年後、予定外にアパートに戻るといないはずの父がいた
とっさに警察に通報しようとした私を止めたのは、
床に転がっていた被害者だと信じていた母の、
これまでどれだけ殴られても出さなかった金切り声だった

加害者をかばうこと自体信じられないのに、さらに母は信じられないようなことを口走り始めた

「私はお父さんを愛してるし、お父さんも私を愛してくれている。
まだ恋人もいないあなたにはわからないんでしょうけど、いろんな夫婦の愛の形があるのよ」

732: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)19:45:10 ID:n8CW6b9tQ
恩師の葬儀に出席するため帰郷したら、両親が離婚危機になっていた。

なんとかなだめて話を聞いてみると、父は母に対し
「俺の母さんを引きとり同居したいのにこいつが反対する。妻として嫁としてなってない。」と激怒
母は父に対し「この歳になって介護同居なんていやだ。第一お義母さんはうちと同居なんて望んでない。」と抗戦
という具合だった。

なんで伯父さんと同居してるお祖母ちゃんをうちで引きとる必要が?と聞くと、
なんと伯父(父の兄・長男)が20年ぶりだか30年ぶりだかに再婚するのだという。
伯父さんは若い頃に奥さんを事故で亡くして、その後ずっと独身を守り祖母と暮らしてきた。たぶん今60歳くらい。
その伯父がやっと連れてきた新しい奥さんを、祖母がいじめるのだという。
いわゆる嫁いびりってやつ。
60歳の伯父のところに来てくれるんだからもちろん若くないし初婚でもない(伯父と同じく死別)
でも伯父さんより8歳も下だし、子持ちだけど子どももう大きいし手がかかるわけでもない。
なのに祖母は大反対。
「20代か30代の、跡取りを産める女がよかった。初婚じゃないなんて世間体が悪い。」とグチグチ。
60歳のじーさんに20代の嫁なんか来るかい。
しかし祖母は嫁候補いびりをやめず、伯父も「いいかげんにしろ。」と怒り、
祖母はお嫁さんと一緒に住ませないと言っているそうだ。

789: 名無しの心子知らず 2014/12/11(木)10:07:05 ID:hAh
俺が高校三年生のとき、10歳上の姉が結婚したいという男性を連れてきた。
その男性Aは人柄がよく俺も結構遊びに連れて行ってもらったり将棋を教えてくれたりしてくれてた。
とにかく優しくて姉ちゃんいい男捕まえたな、幸せになれよと思ってたんだけど、両親が猛反対した。
姉ちゃんもAも困り果て、特にAは両親に認めてもらえるよう必タヒに誠意を見せたが駄目だった。
俺からも許してやってよと頼み込んだが意味がなかった。
両親は三年も前から姉ちゃんとAが付き合っていることは知っている。そこでは全く干渉しなかったのに結婚したいと言ったとたんAを貶しまくってた。
とうとう姉ちゃんは両親と縁を切ると言い始めた。縁を切って両親が知らない土地で家庭を築いていくんだと。
すると両親は「あんたが結婚すると言うのなら俺の大学費用は一切出さない」と脅してきた。
姉ちゃんもAも吃驚してさすがに酷すぎると猛抗議。俺は大学なんて行かない。姉ちゃんを犠牲にしてまで大学には行きたくないと怒鳴ってしまった。
すると両親は弟(当時中2)の高校の費用を一切出さないと言ってきた。

537: 名無しの心子知らず 2015/07/24(金)14:02:25 ID:HHf
遠方の大学に進学、実家を離れた。
夏休みに帰省すると、なんと母が体調を崩して寝込んでいる。
父も母も少し妙な雰囲気で
「これはまさか、なにか重大な病気で、心配させないようにと隠しているのでは」
と不安になった。
「お母さん、何か大変な病気なの?」(私おそるおそる聞く)
「いや違う、大丈夫だから!」「何でもないから!」(超焦ってる父と母)
「信じられないよ、ほんとのこと言っでよぉぉぉうぇぇぇぇん」(私不安のあまり号泣)
で、覚悟を決めた両親が明かした真相が

このページのトップヘ