ワロタ

810: 名無しの心子知らず 2013/10/31(木) 15:40:37.39 ID:rlyOwnN3
落ち着いたから厄落としカキコ。
フェイク有りだから辻褄合わなかったらごめんなさい。

先日結婚したばかりの友人と会うことになった。
式は挙げないと言うので、お祝いはちょっといい物で残るものをと思い、マイセンのカップとソーサーのセットを用意した。

友人が前の用事が長引いて結構遅れるというので、駅ナカの喫茶店で待つことにした。
お祝いは私の感覚から言うと安いものではなかったので、すぐ横に置いておいた。
そしたらひとつ開けた席に座ってた3~4歳くらいの女の子がじーっとこちらを見てるんだ。
喫煙席だったから、小さい子いたの気づかなかった!吸って大丈夫だったかな?とか思ったら、お母さん目の前で普通に重い煙草吸いながらスマホ弄ってたorz

子どもいるのに喫煙席かあとか思ってたら、子どもが「お姉ちゃん、それ何?」と袋を指差しながら聞いてきた。
「お友達へのプレゼントだよ」「誕生日?」「ううん、お友達が結婚したんだよ」なんて会話を暫くしていた。
「これ(ロゴ)何て書いてあるの?」と聞かれたので
「マイセンって書いてあるんだよ」って教えたら、今まで黙ってた母親が「ねえちょっと」と声掛けてきた。

662: 名無しの心子知らず 2014/12/04(木)15:04:05 ID:Hje
ちょっとカチムカな話
下品な表現が一部あるので、ご了承願います

登場人物

私子=28歳主婦OL 新婚で子なし 
A子とB子=職場の同僚で同い年 現在彼氏なし

私の双子の弟が仕事で私の職場の近くに来るので、
2人でごはんに行こうという話になっていた

長くなるので経緯は省くけど、弟の友達とその友達とその同僚と
・・・と人数が増えて、男女10人くらいに増えてしまった
既婚者も彼氏持ち女子もいるのでがっついてる合コンではないけど
独身フリーの人に出会いがあったらお好きにってスタンスの男女混合飲み会になった
私の同僚A子とB子に声をかけたら来たいと言うので、最終的に13人になった
ここまでが前提

101: 名無しさん@おーぷん 2016/01/21(木)14:15:29 ID:Oqy
中学の頃、部活動で下校が遅くなり友人2人(AとBとする)と民家もまばらな田舎道を歩いていた。
そこに現れたのが、お約束の格好をした露出系変質者。街灯の陰から現れて私達に向き直ると、
コートをガバッと開いた。男と私たちの距離は5mもなかったと思う。
声もあげれずgkbrだった私の横で友人Aが持っていた傘を剣道の様に構えた。(朝、雨が降っていた)
さらにその横で友人Bも同様に傘を構えたため、私も変質者を睨みつけて傘を構えた。


398: 名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水)02:54:13 ID:KvZ
同居のコトメの弁当を作らされてるんだけど
別に自分と旦那の分のついでだし気にしてなかったんだけど
なんか気になってる上司と一緒に食べることになったから2人分作れって言われた
まあ、毎回ならアレだけど1回だけなら良いかと思ってたら
「気合い入れて作れよ」とか言われてちょっとムッとした

嫌がらせにひどい弁当を作ってやろうかとも思ったけど
そんなことでもめるのも苦情を言われるのも嫌だったので逆に超気合いの入った弁当を作ることにした
これぞ科学と料理の融合だ! と無駄に気合いを入れて斬新で豪華で煌びやかで
こんなの見たことないだろうと言うものを作った

534: 名無しの心子知らず 2013/10/11(金) 17:21:51.27 ID:JFVevZzU
先週あったケチ話

先週末仲のいいママ友と子供抜きの女子会を私の家でした。

料理持ち寄り、飲み物類は会場提供する私以外で割り勘する事に。セコケチAが少しゴネたけど、他のママ達が諭して渋々出したらしい。

料理も他のママ友BCは生春巻やローストビーフなど持ってきてくれた、Aはもろきゅうのみ。
もろきゅうも美味しかったけど飲み会中盤に事が起こった。

860: 名無しの心子知らず 2013/12/27(金) 18:41:18.15 ID:3Rp+T68G
今日、映画館で。金銭的なセコママじゃなくて、時間セコママだった。

発券機が2つ並んでいたので、私と見知らぬお姉さんが利用。
私は発券番号を暗記していたんだけど、お姉さんは自分の分だけじゃなかったみたいで
スマホ見ながら操作。
その間に、後ろに子連れママが来て、「とにかく!チケット買ってからじゃないと買い物できないのよ!」と
子供達を叱りつけていた。
しかしここは発券機であってチケット販売は別の場所。vitで買ってるのかなあと疑問だったが作業を進めてると、
電話番号入力の時、凄い視線感じて振り返った。ママが覗き込んでた。
さすがに番号や名前見られたくない…と作業を止めたら、お姉さんの方に移動。
お姉さんはクレカ認証するところだった。なのでお姉さんも手を止めた。
「ちょっと!どうして二人揃って手を止めるのよ!」と噛みつかれた。お姉さんが「個人情報なんで見られたくない」と言い、
私も「そうですね」と同意。

391: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/20(月) 15:41:21.41 ID:8HUv/YpE
先月あった修羅場
カラオケ店に行って、ヒトカラで歌ってたら警察呼ばれた
聖飢魔Ⅱでシャウトしまくったり、ジャパリパーク熱唱したり、YATTA!を動きつけて歌ってたら、
律儀にノックしながら、すいませーん警察ですが~って部屋に入ってこられた

848: 名無しの心子知らず 2012/02/24(金) 21:13:03.63 ID:gUeJbLqn
長くなってしまったけど、初の直接セコ体験をちょびちょびとまとめたので…。

先日、普段は行かない閉店間際のスーパーに一人で行く機会があって、
つい値引きに釣られて色々カートに放り込んでいたところに
知り合いママさんにバッタリ会ってしまった。
会ってしまったというのは、この人、去年引っ越してきて、
子供が同じ園に入って以来のお付き合いなんだけど、
数々、非常識というかセコいことをしているので、距離をなるべく取ってる人なので。
例えば仲の良いお母さん同士で物のやりとりをしてると、
なぜか割って入って「私も欲し~い」ってやったり、
何かの労力でも「私にもやって」とか。
理由は「だって新入りだから、早く仲良くなりたいし」だそうですが、
それが自分の得をする方向にばかり向いている感じがしてならないw
実際引かれてるし。
引かれてるもう一つ原因は今住んでる土地の悪口。
田舎には合わないに始まって、田舎なのに野菜が高い、周りが冷たいとか
そりゃ自分のせいもあるんじゃないかと苦笑するようなことで、
何かにつけて文句たらたらなんで、ますます浮いてるけど、
本人はそれを周りのせいにしてるような発言多数。
直接の被害はないものの、要注意の人。

続きます。

143: 名無しの心子知らず 2012/01/25(水) 10:16:48.81 ID:KzLsEAk8
豚切り&未遂で失礼


一昨日から姪(4歳)を預かって子守りしている
姪も私に懐いてくれているし、私も姪ラブだから楽しいw
そして姪の持ちネタで「がおー!」って言いながら両手を掲げるものがある(しかも指先は曲げて「食べちゃうぞ」的な感じのw)
私にもそれをやってと言うので二人でがおー合戦ブーム

ここまで前提

昨日の午前中、姪を連れて公園で遊んでた(他に人はおらず)
私がしゃがんで目を瞑って姪がタッチしてきたら「がおー!」の繰り返し
どうやら鉄板になってきたらしくコロコロ笑って私も嬉しく思ってた
そして何回か繰り返しているうちにタッチの間隔が空きだした
目を瞑ってそわそわしてたら後からじりじりと足音が
次にショルダーバッグを引っ張られる感じがしたので「ちょっと作戦を変えてきたんだなw」と一人でニヤニヤしてたw
そしたらバッグをごそごそされる音が聞こえたので「よし今だ!」と言わんばかりに振り返って渾身の「がおー!!」

しかしそこに居たのは姪ではなかった


続く

86: 名無しの心子知らず 2012/02/09(木) 01:21:41.72 ID:o9LiYK93
1年ぐらい前の話
免許があったため一人で遊びに行った大学生(♂)の俺だが、帰り道に運悪く渋滞に巻き込まれた

迷わないようにと大通りを選んでいたのも原因だろう、ずーっと車の列が続いてる
迂回したかったけど知らない道で変に回り込むのも怖く、仕方なく亀の歩みを続けていた
夏場だったために外は暑く、バッテリー上がりを気にしてエアコンも最低限のため、凄い暑かった

汗が出れば喉が湧く訳で、購入していたお茶のペットボトルは見る見るうちに無くなり……
飲む物を飲んだら、今度はトイレがしたくなった訳で……恥ずかしながらペットボトルに出しちゃった
車内とはいえ大通りのど真ん中でチンコを出すのは勇気が必要だったよ、まじ恥ずかしかった

んで、なんとか近所まで戻って来て、また喉が渇いたからジュースが欲しくなってきてさ
冷房の利いた場所で涼むのもいいな、思った俺は、家族へ電話しながらスーパーへ入店した
尿ペットは車内に放置するのが何となく嫌で、スーパーのトイレに流して処分してしまおうと思い、コンビニの袋に入れて持ち歩いていたんだが……

駐車場でぼんやり歩いてたら、中学生ぐらいの餓鬼にその袋を奪われた
袋をかっさらわれた時はもう焦っちゃって「え? 俺の尿飲みたいの!?」とか考えてたの覚えてる
餓鬼は勝利宣言のごとく此方を見てニヤニヤし、母親らしき女性が運転する車に乗り込んで、すぐに出発しちゃったけど

……なあ、俺の尿、美味かったか?

このページのトップヘ