ロミオメール

62: 名無しさん@おーぷん 2015/07/28(火)17:27:28 ID:EGv
夫が絶縁した私の親に私の情報を売ってた
道理で引っ越してもアドレス変えても手紙やメールが届くはずだよ
売ったというか情報リークしてただけだけど
そのせいで不眠や吐き気が止まらなかった
夫はずっとそばについてて慰めてくれたけど
同じく絶縁してたはずの姉がポロっとメールで漏らして分かった
謝ってくれたけど夫が毒親と同じ人種じゃないかと思えて仕方がない
いま別居(夫が前の家に戻ってる)してるけど細切れでこんなメール↓が来る

470: ◆lA5F90UUu. 2017/05/26(金) 11:16:23.53 0
3ヶ月前に離婚した元旦那から来たメールが馬鹿すぎてイライラを通り越して笑いが出ました。
普段ロムなので読みづらかったら申し訳ないです。

離婚理由は元旦那家族のイビリ(同居)と元旦那が近所の人妻を妊娠させたから。(元旦那は専業主夫、人妻プリン女も専業主婦だったので真昼間に堂々と近所の公園のトイレで××してました)
私が産休明けて復帰したら今まで養ってやったんだからバトンターチ!と言って勝手に仕事を辞めました。
最初は家事はきちんとしてましたが不倫し始めて何もしなくなりました。

メールが長いので分けます。

231: ◆6U/lGE.uMA 2017/03/07(火) 04:26:06.61 0
イライラして眠れないので元旦那から来たLINE晒します。
離婚原因は不倫(自分の子供を馬鹿にするやり取りをしてたのが一番許せませんでした)
子供は二人で上の子が障害持ちです。

LINE変えたので今後の連絡はこちらにお願いします。
前から定期的にLINEしてたのですが全く既読ついていませんが、もしかしてブロックしてますか?
もうすぐあの日が来ますが何を考えて過ごしていますか?
そこまでする必要があったのかと今でも疑問です。
皆に非難される僕を見て貴方は満足しましたか?
僕は君と結婚してから離婚に至るまでに色々な物を失いました。
家族とお金と会社です。
この前久しぶりに実家に帰ると前みたくまた祖父に竹刀で叩かれました。
骨を折り日雇い務めのため仕事が出来ません。
家賃も払えず困っています。
そろそろお互い許し合いませんか?
僕は今働けませんがその代わりに毎日貴方が好きなだけ僕の〇〇を君に注ぎ込んであげることができます。
貴方が僕を養ってくれるなら僕は毎日だって〇〇します。
お互い助け合いの精神でもう1度やり直しましょう。

280: 白身 ◆XnxKenGR8k 2017/03/18(土) 00:33:06.06 0
付き合った途端、あぐらかかないで・スカート履いて・髪伸ばしてポニテ・おしとやかな口調で、と色々好みに合わせられ
なんでも言うことを聞かないとすぐすねていた元彼
そして私からの要望を俺が聞き叶えてやってやってる、という前提を崩したくない、
私の嫌いな画像を何度も見せ続け泣きそうになるのを楽しそうに見ていた

彼「さみしい」
私「私もそうだよ」
彼「さみしいんだけど!」
私「え、そうだね」
彼「会いたくならないわけ?」
私「会いたいかな」
彼「じゃあ会いに行って あ げ る」

終始こんな感じだった
しかも自分が会いたくなるまで絶対に会いに来てくれない。のくせに自分が会いたくなってこちらが会えないとなると途端に拗ねる
俺よりそっちの予定が大事なの?と

会いに来たら来たで、1時間かけて来て あ げ た、お金もかけて来てあげてるんだからそれ以上の要望は望むな(交通費負担すると言っても頑なに受けたらないし会いに行くのも拒まれる)、
だけど俺が来てあげたんだからちゃんともてなせとうるさかった

192: ◆EdLdkl2usY 2017/02/27(月) 11:45:48.43 0
私の妊娠中に不倫して出ていった元旦那から来たLINE

久しぶり
この前○○に居なかった?
やっぱり○年経っててもすぐ分かったよ
昔から美しいところが変わってないね
連れてた子供って僕との子供だよね?
僕にすごく似てるよね
目元なんてそっくり!
色々あって大変だったけど元気そうでよかったよ
やっぱり母親は強しってことかな?
昔のことは謝るし人間って誤ちを犯す生き物だからやり直さない?
僕も君がしたこと今なら許せそうだからさ(すぐに離婚する代わりに慰謝料の額をかなり上乗せした
だからお互い昔のことはリセットして新たなる1歩を踏み出そう
ちょっと聞いときたいんだけど、今やり直したらあげた慰謝料ってどれくらい返してくれる?
正直額が額だったからさ、今でも親戚に借金返済しててきついんだよね
それに結局不倫子とあれからすぐ別れちゃったし無効にしてくれないかなー
不倫子も返済手伝うって言ってくれたのに手伝ってくれなかったし。
今私ちゃんとやり直したらきっとうまく行くと思うな
僕はいつでも大丈夫だから連絡待ってるね




699: 保護 ◆opfbZkG4ZE 2017/12/01(金) 13:01:07.81 0
まず、ロミオにいたる経緯を。

友達が食べづわりで大変苦しんでいたところに、友達元夫は食べづわりを知らず
食べ物を取り上げるなどの虐待をしでかした
私に泣きながらSOSが来たので、食べづわりをググってプリントアウトしたものを友達元夫にたたき付け
簡単に荷造りをする友達を手伝い、私の家に保護。
友達相手には強く出られる元夫、内弁慶のため私にはなにも出来ず。

私は姑のいびりの一貫で、ダンボールいっぱいの豆腐を送られていたので
それと、友達が通帳を元夫から取り戻してきたので(友達は獣医)
食費を出してもらってとにかく低カロリーな食事を作りつづけて家で休ませた。

そして揉めたけど友達と元夫は離婚、そこから半年たった今
元夫から来たロミオがこれ。(晒しの許可は得ました)

件名 なし

僕の愛しのグレーテル
食べ物につられて魔女にさらわれてしまったね
黄身はいまどこ?
僕にはお菓子の家が見えないよ

魔女から逃げておいで
毒りんごは危険だよグレーテル

それは赤の女王かもしれない、継母かもしれない
危険な女なんだ!

黄身と僕はかたほつうの翼。
ひとりづてでは飛べないよ、落ちちゃうよ

まびょに羽を毟られる前に僕の腕に帰っておいで

57: 名無し 2014/04/01(火)19:43:18 ID:fIuJRKTyN
車命の元彼が自己都合退職した時の話投下します

彼(三十路過ぎ)が払えなくなった家賃を私(20、学生)が立て替え。
無事再就職したので毎月少しずつ請求してた。でもそれも徐々に払わなくなった。(飲み会とかは普通に行ってた)
ボーナス出たら、車改造+浮気に全額突っ込んだ。
「車の方が大事みたいだから」と別れ話したら来たメール
※誤字脱字原文ママ、()は絵文字

「何でお前と車を比べないといけないの
それ、私と仕事どっちがいいっていう女と一緒だよ
苦しい(泣顔)
選べない質問をされている(泣顔)
俺を悩ませて独占したいの(汗)

返済返済(泣顔)毎月言われるのがツライ(泣顔連打)から気分転換しただだけなのに(×○×)
ボーナスクライ好きしちゃダメなの
いつからそんな束縛女になちゃった?
愛人が多い男は仕事もできる(笑顔)
俺が出世しなくなっていいの
親父が稼げなくなったら子供はどうする!(怒顔、怒マーク連打)
でも俺は結婚してファミリーカーに格下げするようなカッコ悪いコトシタクナイ。
だから稼いで(高級車名)に子供乗せたい(笑顔、はぁと)
子供の参観日に(高級車名)に(高級ブランドスーツ名)で駆けつける(笑顔)
カッコイイパパで旦那になるよ(キラキラ)
だから、車に乗ってる俺が好きなんら困らせないでほしい(泣顔)」

とりあえずどこから突っ込んだらよかったのかさっぱり

422: ◆rJRxk2l0hs 2017/05/12(金) 17:01:32.76 0
元旦那がロミオってきたので、吐き出させてください。
付き合ってた頃は優しかったのですが、結婚して豹変。

・仕事を辞め主夫になる発言
・私が残業から帰ると「早く飯作れよ、女の仕事だろうがクソ女が」「トイレットペーパーもう切れるぞ。気を利かせて帰り買ってこいよ」
・株を勝手にやり出し、10万円プラスになった時にレストランをご馳走になる。そこからの口癖「誰のおかげで美味い飯食えたんだ?」
・私の貯金120万円を株で消失させる
・元義妹に赤ちゃんが生まれ、週末は義実家で家事をさせられる

133: 名無しさん@おーぷん 2015/10/03(土)22:47:17 ID:JJu
あらかじめお断りしますが、詳細な事情説明はできませんのでお許し下さい。
共に30代前半。
結婚生活2年半。
子供無し。
去年の夏に夫の浮気相手が我が家に押しかけてきた。発端で夫の不倫が発覚。
まったく気づかなかった自分が情けないけど、結局、夫の不倫相手は未婚2人と既婚1人だったことが発覚。
私が実家に帰った直後に来た夫からのメールです。
本日ようやく離婚協議がまとまったので、厄払いに晒して鬱憤晴らしさせてもらいます。
では晒します。

55: 名無しさん@おーぷん 2015/07/10(金)20:35:30 ID:JKQ
学生の時に病気で子宮全摘出。
その後、大学で出会った男性がそれを受け入れてくれて20代で結婚。
約一年後「やっぱり血のつながった子供が欲しい」と言われ離婚。
元夫はすぐに再婚し、すぐに子持ちになったようだった。
もしかしたら離婚前から交際していた相手かもしれないけど、どうでもよかった。

で、昨年、私も別の男性と再婚した。

元夫からパソコン打ちのロミオ手紙が職場に届いた。
(原文では「君」に私の名前が入っています)

このページのトップヘ