ムカつく

356: 1/4 2011/09/19(月) 00:58:02.61 ID:BMlCyJmG
プチだけど、1時間ちょっと前、都内の地下鉄で起こった出来事。
混んではいないけど座席は全部埋まっている状況で、私は優先席に座ってた。
いつも老人や妊婦さんが乗ってきたら優先席に関わりなく立っていたけど、
そういう人たちはまずいない時間帯&路線。

そこへ、祭り帰りらしきダボシャツを着た女の人(30代半ばぐらい)と、
その子供らしき女の子(7歳ぐらい)、息子らしき男の子(4歳ぐらい)が乗ってきて、目の前に立った。
一瞬男の子に席を譲ろうかとも思ったけど、男の子はふざけてよろけたりしていて、
ときどき母親は「オイ!」「ふざけんな!」などとDQN丸出しな注意をしていたのでスルーした。

504: 名無しさん@おーぷん 2015/11/09(月)04:00:45 ID:Vze
妊娠中の嫁が倒れた時が修羅場だった
嫁は病気の影響で成長できず、149センチの低身長
子供体型のまま大人になり、小顔で童顔だったことから20代前半の時は頻繁に中学生に間違えられていた
どうにか格好や化粧でカバーしても、せいぜい高校生と言われる程度
その嫁が25で妊娠、悪阻が酷くて身なりに気を使えなくなった
少しでも楽なようにと締め付けないシャツにマタニティでも楽に着られるワンピースで生活してた
ある時大きな病院で検査をして欲しいと言われて電車を乗り継いで隣県の県立病院まで行く事になった
悪阻が酷かったので俺も仕事を休んでついて行った
バスに乗って駅に行ったが、道中の事故によるバスの遅延により電車がくるまで30分もあり、嫁が辛そうだったのでがら空きになっているベンチの一つで横にさせた
俺は腹が痛かったので10分位トイレに篭ってしまった
戻ってきたら嫁が女性から囲まれていた
すぐに女性たちの間に割って入って嫁が悪阻で体調が悪い、今から病院に行くところなのでそっとしておいてほしいと伝えた
女性たちは俺をジロジロ見て「こんな子供妊娠させるような男」と性犯罪者のようなことを言われた
駅員がホームに常駐しているようなところでは無かったので言いたい放題だった
なんとか嫁を無理に立たせるようなことは避けられたが、正義感ぶって今から子供をおろしにいくんだわ可哀想にとか、こんな年で人ゴロしだとか散々言われていた
そもそも絡まれたのも、嫁がベンチで横になっているのを「スカートなのにはしたない、子供のうちからそんなことを覚えてはだめだ」と老婆心から注意することから始まったそうだ
嫁は情緒不安定になっていたのでその後泣き続けてしまい、病院でフォローを受けるまで大変だった
検査の結果、体が妊娠に耐えられず、このままでは母体が危険だと判断されたため入院になったが
嫁はずっと流産・タヒ産に怯えていたので「人ゴロしになったらどうしよう」と常に不安を顕にしていた
俺は何もできない無気力感、嫁と子供に何かあったらどうしようという不安感で、俺まで共倒れになりそうだった
出産後本格的に嫁の病気の治療ができたので今ではとても強い母になったが、治療が軌道に乗るまでは本当に辛かった

864: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/24(土) 21:27:24.55 ID:duIsc1yw
会社の先輩Aが社内の何人かに俺にお金を貸していると言ってたらしくその金額も20万とか30万とか。
他の先輩Bから「あいつから借りるのはやめとけ。いくらか立て替えておこうか?」と心配されるも俺は全く身に覚えがないし、ましてやそんな金額。

251: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/16(金) 14:13:06.24 ID:AKxwWFGq
ちょうど去年の2月に入居した社宅
入居の時点でドアポストに半年くらい前の日付で前住民の宅配不在票とかが入っていた
で、自分達が入居してからも頻繁に前住民宛ての荷物が届く
1階のポストにもドア前にも夫婦フルネームの表札を出しているのに、それでも届く
宅配のお兄さんにはその都度「この人はずっと前に引っ越してます」と伝えて受取拒否してるのに…
で、とうとう近所のナントカ宅配センターとやらから女性がやってきて「前住民宛ての荷物を受け取っていないか?荷物が届かないと前住民から苦情が来ている」と言われた
その女性がまた清潔感も無い言葉遣いも悪いババァで、体調不良で寝ていたのを起こされたのもあって言い返してしまった

143: ローマの休日 ◆jz1amSfyfg 2012/11/12(月) 18:44:54.94 ID:rCkcRkqV
若干内容が偏り気味ですが、失礼します。
フェイクありです。

我が子を幼稚園に迎えに行った時の事です。
その日描いた絵が教室に貼ってあるからと手を引かれて見に行く途中に泥子にコートを軽く引っ張られました。
どうしたのかと思ったら、我が子と話し始め、泥が泥子を呼ぶ声がしたので「さよならを言いたかったのかな?」と解釈してそのまま絵を見に行きました。

55: 名無しの心子知らず 2013/03/31(日) 17:43:12.24 ID:ZtaDH0YR
甥っ子の卒園式からセコキチママ?にやらかされました。

私は普段から写真が趣味で、せっかくなので甥っ子と姉の記念写真を撮ろうと
思い、卒園式終了後姉と甥っ子を園の入り口の看板前で撮ることになりました。

姉から今から行くねとのメールを受けて入り口で待機していたのですが
見知らぬ女の子連れのママさんに急に体当たりされました

484: 483 ◆dxrUUsYV76 2012/11/22(木) 21:57:54.95 ID:AyO0IzNT
何処に書こうか迷ったけど、発端が泥ママだったのでこっちに。
2年ほど前の話。

家の近所にある本屋は住宅街の中(すぐ近くに大きな道路はあったけどなぜか面していなかった)にあって、店の規模も大きかったので定期的に利用してた。

ある日、その本屋で本を購入して店から出ようとすると俺の少し前を歩いていた5歳ぐらいの女の子が急に足を止めてしゃがんだ。
母親らしき人もとなりにいたし、なんか話しかけているようにも見えたのでどうしたのかな?と軽く思いながらも、あまり深く考えずにその横を通り過ぎて店を出ようとした。
そしたらその子が俺のさっき買ったばかりの本の入ったビニール袋をがっしりと掴んだ。
俺はびっくりしたけど、相手が子供だったのと親も隣にいたのでしゃがんで「それ、僕の本だから返してくれるかな?」ってやさしめに言った。
でも女の子は「私の本返して」と言ってきて、母親らしき人も「私達の本返してください!!」と大きい声で俺に言ってきた。

563: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/05(月) 05:54:17.68 ID:8yrNTjGW
来週半ばに予定帝王切開で出産するのだけど旦那の無神経さに頭が割れそう

私は里帰り出産で東京の実家にお世話になってて旦那には出産前日に実家に泊まってもらい
翌日子どもが生まれて顔見たり抱いたりしたら帰ってもらうように伝えていた
旦那母が孫の顔を見に来る時にまた来て欲しいとも伝えた
私の母にも了承してもらってた

実家は高齢の祖父母の介護と家事を母が一人でしていて、帝王切開の日は午後から祖母のリハビリについていかないといけない
だから泊まれないと説明もした
その時は分かったと言ってたのに、昨晩母にやっぱり当日も泊まれないかと旦那がラインしてきた
しかも私には言わないでほしいともあった

旦那は関西出身で結婚してからもずっと関西。
結婚してから3年、旦那が実家に来たのは1回
母や祖父母とその時昼食を食べながら会話した程度の付き合いしかない
帝王切開前日に私は入院するから私は実家にはいない
嫁が実家にいないのに旦那だけ泊まらせてもらうのにも気をつかうはずなのに
2泊したいなんて理解できない
関西に帰るのが嫌ならそう言えばいいのに内密に話をつけようとするのも理解不能

109: 名無しの心子知らず 2013/11/08(金) 12:07:22.45 ID:86oWi+07
投下します。
お断りできたから被害は無いんだけど。

借りたものを雑に扱う人っているよね。
子供用のDVDを貸したんだけど、ケースはヒビ、本体にも大きなキズつけられて返された。
「下の子がやっちゃって~。テヘ。」って言われた。「子供のしたことだし~」とも言われた。
見られなくなってたわけじゃないし、その下の子ってのが
知的障害と正常のギリギリ(IQがあと2~3足りないとか)のところにいる子だったから
まあしょうがないと思った。

しばらく経って、子供会の通学時の付き添い用のタスキを貸したら破られた。1回で。
「なんか知らない間にどっかに引っ掛けちゃったみたい」って言われた。
そう言い訳している間中、ずっとその貸したタスキで手悪さしてるんだよね。
ああ、こうやって付き添いで歩いている間中、弄ってて破ったんだなと思った。
もういいから、これ以上破く前に返してくれって思って何も言わないで受け取った。

でも、もうこの人には何も貸さないでおこうと決めた。



続きます。

150: 名無しの心子知らず 2016/03/16(水)11:49:27 ID:8hD
何度かデートし、そろそろ正式に付き合うかな?という雰囲気だった男友達A。
友達に会わせたいと言うので、居酒屋に呼び出されて行った。
そこにいたのはAの友人BとC。どちらも男性。
Bは一人称が「ワイ」で語尾が「~ンゴ」とか「~してクレメンス」
ああなんJ民かーと思ったが、それ言っちゃうと自分もねらーなのがバレるのでそこはスルーで挨拶した。
Cはもっとクセのある人で、挨拶する前に「やっぱ将来の夢は寄生虫ですか?」と
私に訊いてきた。

このページのトップヘ