スカッ

660: 名無しさん@おーぷん 2017/11/01(水)13:52:38 ID:Mab
ちょっと前のこと

地下鉄車内でクソガキが暴れまわってた。
結構空いてて全員座ってる状態なんだけど「このやろー」とか言いながらその座ってる人の脚を蹴って回ってる。
女子高生とか大人しそうな女性やお年寄りだけ狙ってるのがまたたち悪い。
ムカついたから隣の人蹴りに来た時に「女しか狙わないとかダッサwいかつい男には出来ないんだろ弱虫w」と
ボソッと言ってやったらガキなりにプライド刺激されたのかスーツ着たいかつめの男性に「このやろー」をやった。

942: 名無しの心子知らず 2012/01/22(日) 18:03:23.16 ID:wXXqcJiI
近所に住んでたAは窃盗前科ありで、被害者に民事で訴えられてた。
弁護士の入れ知恵らしいが被害者宅前でスーツ姿で土下座をし、
その土下座姿を写真撮影⇒裁判所(?)に提出。

480: 名無しさん@おーぷん 2014/07/01(火)19:49:32 ID:bhwmROcBq
冤罪を吹っ掛けられたけど手元に反論材料があったので即撃退できた修羅場。

仕事の都合で数ヵ月だけ京都に住んでた時、飲みに行ったバーでとある美人と知り合った。
すごく可愛い。もう一目惚れ。性格や会話の口調も快活で趣味も合った。
頻繁にバーで一緒に飲んだし、デートと言えるかわからんがちょっと二人で出かけたりもした。
だが俺が地元の北海道に戻る時が近づき、ちょうど彼女も近い時期に四国の実家に戻るらしい。
離れる前にダメ元で告白した…がやんわりとお断りされた。
俺も相応に凹んだが、仕方がないと思い地元に帰った。
彼女のメアド携帯番号などはそのままだが離れる際にフラれたという気まずさからそれ以降連絡はしてなかった。
そのまま半年近く普通に仕事をしていると、珍しく彼女の番号から電話があった。

904: 名無しの心子知らず 2016/11/22(火)13:36:05 ID:aRa
さっきあったスカッと話
大衆食堂で昼飯食べてたんだけど、そこはお茶を席に設置してあるポットからセルフで汲むタイプ

対面席に座った2人は片方が男で片方は若い女
女は自分の分だけさっさとお茶をつぐと食事を始めた
男も自分でついで食事を始めた
見た感じ立場は男が上で女が下で、男が一方的に話しかけて女は愛想よく返してた
食事を終えて最後のお茶を女がついだとき、男は「君ねぇ、気がきかないな。女なんだからお茶くらいくんでよ」と女の方に自分の湯のみを差し出した

7: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)11:57:30 ID:4XwFiNiDr
今日修羅場った!
でもおかげでスッキリ~!
現在私が独身時代に買ったマンションで私と旦那、トメと住んでる。
トメは旦那実家が2年前に火事で全焼してしまったため、家が見つかるまでという約束で期間限定同居のはずだったんだけど骨折したり(自称)鬱になったりでズルズル延びてた。

106: 名無しの心子知らず 2015/05/21(木)21:07:28 ID:IgO
妊娠中どれだけ悪阻が辛くても腹が張って辛くても旦那は何もしてくれなかった。
実家は当時里帰りできない事情があり初めての妊娠で不安だった。
食べた直後に洗面所に駆け込みリバースしてても(食事中なのに…)と言いたげな不機嫌顔。

844: 名無しの心子知らず 2011/12/15(木) 20:38:58.02 ID:7SY7O8IZ
キチの方がいいかもな物件
私は小梨の派遣事務員で、職場の同じ派遣事務員(派遣会社は違う)のAはシングルマザー
私の方が年上だけど派遣先では向こうが先輩だし、何かと子供のいるアテクシエライで見下されてる
でも、Aはぜんぜん仕事しないししょっちゅう子供の体調が~とかで繁忙期にも休むので職場の人には
全く頼りにされていない

231: 名無しさん@おーぷん 2016/12/12(月)11:00:53 ID:g5E
俺が3年前まで副業で働いてた職場の話。
物づくり系の仕事だったんだけど、材料費が安いもんだからわざわざ営業しなくてもそれなりに儲かってたんだよな当時は。
店長は経理面でもどんぶり勘定でテキトーな感じだった。
そんな俺カッコイイと言って憚らなかったし。
振込手数料惜しさに給料は手渡し。
雇用保険なんかあるわけない。
だから人を雇っても当然続かない。
そんな時に求人を見て応募してきたのが子供二人抱えて離婚したばかりのA子さん。

416: 名無しの心子知らず 2010/05/18(火) 17:53:34 ID:jFXDjoAj
月極駐車場を経営しているのだが、数年前、3ヶ月間の契約で貸していた家族の事。

3ヶ月目の振込みがなかったので、電話したら妻が出て「出張や旅行あわせると約30日になる、
その間は駐車場使ってないのに、なぜその分まで支払わないといけないの?」と

665: 名無しの心子知らず 2016/04/03(日)13:15:03 ID:8j5
今から十年ぐらい前、私が未就学だった時に起きた母には絶対に逆らうまいと誓った母の武勇伝
動物の死にネタが入ってくるので苦手な方は回避で

私は子供の頃頭に超が付くくらいのド田舎に暮らしてた
そこは母方の祖父の家で、広い庭でっかい狼みたいな紀州犬を飼ってた
田舎だったから保育園なんてなくて、庭でその犬と遊ぶのが私の日課だった
この子は雌の犬でめちゃくちゃ頭が良くて、大人しくて可愛い犬だった
勿論、大きな犬だから頑丈な鎖で繋がれて、他に迷惑をかけることもなかった

このページのトップヘ